Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 39 )   > この月の画像一覧

[XP焦点] 「ミスターQ」から「THE K2」まで、ソン・ユナの悪役はいつも正しい

[エックスポーツニュース キム・ソンウ記者 2016.09.30 11:46

e0114466_19182232.jpg

「悪役が生きてこそドラマが生きる」

俳優ソン・ユナが、「THE K2」を通じて悪役に帰って来た。“ミスターQ”以降18年の歳月が経ったが、ソン・ユナの悪役は今回も正しかった。

ソン・ユナは、tvN金土ドラマ「THE K2」で、大統領選候補の妻であり野望を抱いたJBグループ一族の長女チェ・ユジン役で熱演中だ。ジャンルの特性上アクションシーンがあふれる中でも、ソン・ユナの存在感は明確だった。

声一度叫ばなくても、彼女のセリフ一言、一言は相手を緊張させた。演技力を論ずるには口痛いほどだ【同じことを何度も言う/言うまでもない、ってことですかね?】。自身の意志で海外に送って、やむをえず韓国に戻ったアンナ(ユナ)を見ては「綺麗だね、あんたのお母さんに似て」、「まだ子供がご飯を食べるつもりがないようだ、残念だね、久々に実力発揮したのに」などで現れたチェ・ユジンの実体は、穏やかだが強かった。



e0114466_19185055.jpg

また、自分の夫の浮気を目撃したキム・ジェハ(チ・チャンウク)には「私に警告はすべきじゃありませんでした。今日が最初で最後の出会いなのに、連れて行って。痛くないようにして差し上げて」として、大衆の前での優雅な奥様とは反転キャラクターで視線を集中させた。

THE K2」の中のソン・ユナを見ていると、過去に彼女をスターダムにあげたドラマ“ミスターQ”が思い出される。劇中で、ソン・ユナはデザイン室室長ファン・ジュリ役を演じた。彼女はハン・ヘウォン(キム・ヒソン)を苛める酷い悪役を演じた。当時、“ミスターQ”は視聴率45%を超えて全国民的人気を得て、“ミスターQ”は3年間の無名時代を一気に消した作品でもあった。

e0114466_19192645.jpg

だが、“ミスターQ”と「THE K2」の中のソン・ユナの演技は違う。彼女は「THE K2」製作発表会で、「久しぶりの悪役演技が難しいけれども気になった」と、出演所感を伝えた。また、「18年前の悪役とどのように違うのか悩みだ。その時は今にして思えば、幼い頃だ。今はたくさん年をとった。幼い頃表現するのと、18年が過ぎて表現するのがどう違うのかのがさないようにする」と抱負を明らかにした。

彼女の苦悩の跡は、そっくり作品に溶け込んだ。“ミスターQ”以降積み重ねたフィルモグラフィーの特徴も消さなかった。都市的で知的なイメージはそのまま持ったまま、野望を抱く裏面を自然に表現しており、だから18年ぶりの悪役であるにもかかわらず視聴者たちもまた、拒否感なく作品に没頭することができた。


特に、30日放送される「THE K2 3回からは秘密で絡み合った4人の男女の本格的な話が描かれる見込みで、より一層期待感を高める。特に、歴代級アクションシーンにソン・ユナも参加、自分の演技領域もまた、より一層広げる予定だ。演技変身を成功裏に終えたソン・ユナが、「THE K2」を通じてもう一つの人生作を残せるか注目される。

byどんぶらこ


[PR]
by yoonaroom | 2016-09-30 19:24 | Comments(0)

「THE K2」チ・チャンウク、転覆した車からソン・ユナ救出“溢れる男性美”

[スポーツ朝鮮 2016-09-29 10:23:58

e0114466_20420265.jpg


tvN
金土ドラマ「THE K2」が、チ・チャンウク(キム・ジェハ役)が転覆した車からソン・ユナ(チェ・ユジン役)を救出した場面のスチールカットを公開して耳目を集中させている。

先週放送された2話では、チ・チャンウク、ソン・ユナ、イム・ユナ(コ・アンナ役)の運命的な3者対面が描かれて緊張感を高めさせた。 チ・チャンウクは、自分と周りの人々を害しようとするソン・ユナの首に銃口を狙うのに成功して、その瞬間現れたイム・ユナは直ちに銃を撃ってと叫んで劇を興味津々にした。

今日(29日)公開された3話の予告スチールカットには、ごうごう燃え上がる車両から劇的にソン・ユナを救い出したチ・チャンウクの姿が視線を引き付ける。本人も負傷して血を流しながらも一歩を踏み出しているチ・チャンウクと、気を失って彼の懐に抱かれて出てくるソン・ユナの姿が、何か大きな事件が起こったことを暗示していて好奇心を刺激している。果たして互いに敵だった二人がどんなことを体験することになったのか、チ・チャンウクはなぜ命をかけて彼女を救うことになったのか、好奇心を刺激している状況。 また、本格的に披露する巨大なスケールの“ボディーガード”アクションに対する期待感も大きくなっている。

製作スタッフは「自動車の追撃、爆破シーンは、俳優と製作スタッフ皆が多くの神経を傾けて撮った場面だ」として、「何と7日にかけて撮影したし、9台の車両と2台のバイクを壊して、特殊装備を大挙動員して完成することができた」と伝え、歴代級スケールのアクションシーンに対する期待感を高めている。

一方、「THE K2」は、戦争傭兵出身のボディーガード“K2”と彼を雇った大統領候補の妻、そして世の中と離れて生きる少女の話を描いたボディーガードアクションドラマだ。 先週初放送を開始、アクション映画を彷彿させる程の強烈なアクションシーンと俳優の熱演がプレゼントするみなぎる緊張感で、2話で平均視聴率4%台に進入した。毎週金、土曜日の夜8時放送。

byどんぶらこ




[PR]
by yoonaroom | 2016-09-29 22:11 | Comments(0)

「THE K2」、試写会現場で何が?・・・『俳優の品質が優れていて』

[イーニューストゥデイ 2016.09.29 16:34

e0114466_21573113.jpg

THE K2」試写会現場が公開されて話題になっている。

28日tvN金土ドラマ<THE K2>側は、公式ホームページを通じて『THE K2を初めて見た人々反応は? 熱かった試写会現場公開!』という題名の試写会現場映像を公開した。

公開された試写会現場映像には、<THE K2>初放送の日200人余りのファンたちと一緒に楽しい時間を持つチ・チャンウク、ソン・ユナ、少女時代 イム・ユナ、チョ・ソンハの姿が映っている。

この日 チョ・ソンハは「ありのまま楽しめば、とても面白い作品に会うのじゃないかと思います」としてドラマに対する自信を現した。

1回の観覧が終わった後、俳優フォトタイムでソン・ユナは「仲間たちが頼りになる」として厚い友情を公開、チョ・ソンハも「このように幸せな作品は珍しいようです」として作品を称賛した。

また、この日試写会に参加した観客は「アクション演技とても面白かった」、「映画を一つ見てきたようだ」、「見どころも多くて本当に面白かったようだ」、「ドラマも俳優もクォリティーに感心して見ました」など好評を残した。

一方<THE K2>では、チ・チャンウクとソン・ユナ、少女時代 ユナ、チョ・ソンハなど、名品俳優が出演して視聴者たちから大きな愛を受けている。

e0114466_22074809.jpg

e0114466_22083390.jpg
e0114466_22090394.jpg
byどんぶらこ


[PR]
by yoonaroom | 2016-09-29 22:10 | Comments(0)

「THE K2」FBには、インタビュー番組の場面も

e0114466_19343949.jpg
e0114466_19345032.jpg
e0114466_19351223.jpg
e0114466_19350166.jpg

byどんぶらこ




[PR]
by yoonaroom | 2016-09-28 19:38 | Comments(0)

「THE K2」 チ・チャンウク、ソン・ユナに殺気満ちた表情・・・ “少し恐ろしい”

[イーニューストゥデイ 2016.09.28 15:35

e0114466_19204568.jpg


THEK2
主演俳優チ・チャンウクとソン・ユナの殺伐としたビハインド撮影カットが公開されて話題になっている。


28日tvN金土ドラマ<THE K2>側は、公式フェイスブックを通じて『リハーサルと撮影の温度差 ♯次に災いは―どのように―待つでしょう?!┬┬』という文と一緒に、5枚のビハインド撮影カットを公開した。


公開された写真には、<THE K2> 1・2話のリハーサルと本撮影当時の姿で、チ・チャンウクが台本を読んでソン・ユナを見つめる姿、銃を向ける場面が含まれている。


特に、チ・チャンウクがソン・ユナの右あごに銃を向けるシーンは、殺気を表わす恐ろしい表情を公開するなど、完璧な俳優の姿を現した。

一方、<THE K2>にはチ・チャンウクとソン・ユナをはじめとして、少女時代、ユナ、チョ・ソンハ、キム・ガプスなど、名品俳優が出演して視聴者たちから大きな愛を受けている。




e0114466_19223443.jpg
e0114466_19231386.jpg
e0114466_19233625.jpg

byどんぶらこ


[PR]
by yoonaroom | 2016-09-28 19:26 | Comments(0)

THE K2チ・チャンウク、ジェイソン・ボーン連想・・・ソン・ユナとロマンスに興行走るか

[国際新聞 2016-09-27 00:52:06]

e0114466_13582241.jpg

tvN金土ドラマTHE K2は、俳優チ・チャンウク(29)、ソン・ユナ(43)、アイドルスター ユナ(イム・ユナ・26)など、華麗な出演陣の話題性が寄与をしている。

だが、それよりは、面白くて没入感を感じさせるドラマ自らの力が大きい。 映画に劣らないスケールと洗練されたカメラワーク、速度感ある話の展開、休みなく続くアクション場面が一団となって、視聴者たちの視線を奪っている。 ここに俳優の吸入力ある演技がドラマに説得力を増している。
 
特に、18年ぶりに悪役に挑戦するソン・ユナの、溢れるようで溢れない節制された演技が目立つ。 ソン・ユナが演じるチェ・ユジンは、有力大統領選候補の妻であり財閥グループの長女で、上品な容姿の後ろに残忍さを隠したキャラクターだが、戦争傭兵出身の警護員キム・ジェハとのロマンスが予告されている。 「THE K2」の成否は、ソン・ユナとキム・ジェハ役を担ったチ・チャンウクのロマンスが、どれくらい説得力を発揮するかに掛かっているようだ。 ボディーガードであるチ・チャンウクと、彼の保護を受けるユナのロマンスはちょっとあからさまに見える。 不道徳ながらも視聴者たちをときめくようにさせなければならないソン・ユナの線に乗る演技が期待される。

1、2編は半分以上がチ・チャンウクのアクションシーンで満たされた。

どれくらい大変だったか、チ・チャンウクが去る20日の製作発表会で「あまりに大変で、アクションはこれ以上したくない」と言ったのが、どういう意味なのか理解が出来るほどだ。

アクションシーンには、KBSドラマ“チュノ”(2010)で名前を知らせたクァク・ジョンファンPDのスタイルと意地が感じられる。 ある種の事件で逃亡しているキム・ジェハは、ハリウッド映画“ボーン”シリーズの元米中央情報局(CIA)要員ジェイソン・ボーンを連想させる。

製作発表会の時「THE K2」が人生作になることを願うと言ったユナの集中度の高い演技も称賛に値する。

たとえ1、2編では素足に寝巻のままでスペイン・バルセロナの街を走り回る姿が大部分だったが。 ユナは母親の死を目撃して、スペインの修道院に幽閉されて脱出を企てた後、復讐を夢見る大統領選候補の娘コ・アンナを演じる。 隠された娘のために妻の操縦を受けるほかはない無所属大統領選候補チャン・セジュン役を担ったチョ・ソンハ(50)の濁って陰気な演技は、三人の主人公が演じることができる堅固な舞台となっている。

▽1話
e0114466_13591487.jpg


▽2話
e0114466_135940100.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2016-09-27 14:00 | Comments(0)

[ファッション シーンスティーラー] 「THE K2」ソン・ユナ ブラックワンピース、残酷な悪魔

[シックニュース 2016.09.26(月)15:03]

e0114466_1040416.jpg

tvN新金土ドラマ「THE K2」が、チ・チャンウクとユナ、二人の青春スターを前面に出したスタイリッシュな消音アクション映像と同じくらい強烈な一発を撃ち放つ、ソン・ユナの身の毛がよだつ悪役演技を加えてドラマに対する期待値を高めた。

線がきれいな端正な役割を引き受けてきたソン・ユナは、トレードマークである柔らかい音声を維持しながらトーンを低くして、鋭いカリスマを表わした。 また、特有の微笑みを完全に除去した無表情な顔とクローズアップショットで歳月の流れを思わせるシワが、目的のためになら手段と方法を選ばない財界の大物JBグループの長女であり、政財界をまるごと自分の旗下に従えようとする野望を持ったチェ・ユジンの悪魔的本性を表わした。

e0114466_10423551.jpg

特に、キム・ジェハ(チ・チャンウク)が、チャン・セジュン(チョ・ソンハ)の浮気場面を目撃したという理由で自分を殺そうとするソン・ユナの家に侵入して対面した場面で、彼女の悪魔的カリスマが引き立って見えた。

ソン・ユナは、白い袖口を重ねたベルスリーブのHラインブラックワンピースで、自分の醜悪な野望を柔らかさで包装した二重的性格を浮び上がった。 ここに、端正にねじってあげた頭と自然に流れるように演出した太いカールを与えた前髪まで、何一つ非の打ち所がない貴婦人ファッションで、まるで永遠にその状態で留まっているような魔女のようなカリスマを噴出した。

e0114466_1043062.jpg

チョ・ソンハと政略結婚をした後、彼の娘アンナ(ユナ)をエサに、自分の野望を満たす道具として徹底して夫を利用するソン・ユナは、自分を訪ねてきたチ・チャンウクに「チュ室長の話のままだね。 その何と言ったっけ、原点打撃? あなた方は攻撃を受けたら攻撃命令の根源を打撃しろと学ぶんですって。 それを知ってしまったら、あなたを捕えることも本当に簡単ですね。 ごめんなさい。 あなたは間違った時間に間違った場所で見てはいけないことを見ました。 それで仕方ありませんね」として、始終一貫余裕の笑みで彼を応対した。

また、自分を復讐に満ちた目つきで睨み付け“悪魔”と呼ぶユナには、「誰? 私? なぜ? これまで正常でないあなたを育てた人にそんなこと言えないよね」として、何もないように応酬した。 引き続き、ユナが「あなたが何も分からない9歳の子にしたことを考えてみて」として鋭く言い放つと、「さびしかったの? そうだったね。 それでもどうするの。 あんたが理解しなくちゃ。 全部あんたとあんたのパパのため、そんなことなのに」として、目的のためにならどんな犠牲も妥当だという自分の論理を展開した。

ソン・ユナがチ・チャンウクによって人質として引きずられて行って、その渦中にかえってチ・チャンウクが彼女を救う状況に反転するなど、予告篇を通じて公開された一瞬の映像が餌として、しっかりと3回に対する気がかりを引き上げた。

e0114466_10412816.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2016-09-27 10:44 | Comments(0)

ソン・ユナVSユナ、殺伐としたウォメンスの進化

[スポーツ東亜 2016-09-26 06:57:00]

e0114466_10305137.jpg

■ tvNドラマ「THE K2」 貫禄VS覇気

ソン・ユナ、18年ぶりにドラマで悪役
ユナ、演技者として一段階成熟覚悟
“グッド・ワイフ”チョン・ドヨン、ナナウォメンス似ていて


“ツーユナ”ソン・ユナとユナ。 それぞれ貫禄と覇気を前に出す二人の出会いで、放送前から話題を集めたケーブルチャネルtvN金土ドラマ「THE K2」が、23日と24日平均3.3%(ニールセンコリア)の視聴率で無難に出発した。 劇中のチ・チャンウクの躍動的なアクション場面も一品だったが、これまでドラマで扱われた“ウォメンス”(Woman+Romace)を、緊張感あるように描いて視聴者の視線を引き付けた。

●ソン・ユナVSユナ
劇中でソン・ユナとユナは微妙な神経戦を行う。 ソン・ユナは大統領を目標にする国会議員チャン・セジュン(チョ・ソンハ)の妻。 ユナはチャン・セジュンの娘だ。 ユナは望まない隠遁生活をするほかはない境遇で、この過程で昔スターだったお母さんがアルコール中毒で死ぬ。 お父さんに対して反感を持ったユナが、ソン・ユナを眺める視線がきれいになれない。

2回で、ユナがソン・ユナに銃口をねらったチ・チャンウクに向かって「撃って」と言う場面は、今後 極端に進む二人の関係を予告した。 ベテラン ソン・ユナと、「“人生作”になるように願う心」でドラマに臨むユナの活躍を期待させる。

e0114466_10312224.jpg

● 18年ぶりVS初めて
ソン・ユナは、1998年“ミスターキュー”以後18年ぶりに悪役に挑戦した。 表面に現れる性格は誰が見ても温和で慈しみ深いが、内面を現さなくて もっと恐ろしい。 “ミスターキュー”当時25才だった彼女は、最近「視聴者が善の方に立つことができるように悪役の役割をよく消化する」と覚悟を表わした。 何より「演技者として幅を広げることができる機会」になるだろうというために、18年ぶりの挑戦に乗り出した。

ユナは、これまで“君は私の運命”(2008)、“シンデレラマン”(2009)、“総理と私”(2013)などで、明るくて元気な“キャンディ型”キャラクターを主に受け持ってきた。 「THE K2」を通じて、演技者として一段階成長するという意志が格別だ。 今4月 中国ドラマ「武神ジョジャリョン」を通じて演技者でも認められた彼女が、3年ぶりに国内テレビ劇場に挑戦状を突き付けた。 ユナは「以前と違う私の姿が なじみが薄くないように見えるように努力する」と強調した。

●チョン・ドヨン、ナナのように“意気投合”
“ツーユナ”は、8月に放映終了したtvN “グッド・ワイフ”のチョン・ドヨンとナナのシナジー効果を期待させる。 長い間の経歴の演技者と相手役がアイドル出身という共通点のためだ。 ナナは序盤の演技力論議の懸念を払拭し、チョン・ドヨンの助言に支えられて好評を受けた。

ソン・ユナとユナからも 似た雰囲気はすでに感知された。 ユナは「お姉さん(ソン・ユナ)と一緒にして幸いだ」として、「カリスマと“信じて見る俳優”というタイトルに似つかわしく上手だ”と明らかにした。 ソン・ユナも“劇中でいじめなければならない場面が多いが。心はそうではないということを分かってくれたら良いだろう」として、一緒に演技する期待感を示した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2016-09-27 10:35 | Comments(0)

23日行われた事前試写会から2題

▽ソン・ユナ「ユナ、役にぴったりと思った・・魅力的」
[NEWSEN 2016-09-23 19:19:30]

e0114466_8445167.jpg

ソン・ユナがユナに対する愛情を示した。

ソン・ユナは、9月23日、ソウル、永登浦区(ヨンドンポク)タイムスクエアCGVで行なわれたtvN新金土ドラマ「THE K2」事前試写会で、「コ・アンナは本当に最高のキャラクターという気がした」と切り出した。

続いて、ソン・ユナは「韓国ドラマでは見られなかったようなキャラクターだ。 巨大な魅力を持っている、そのようなキャラクターのため誰がやるのか気になった」とし、「ユナさんがするということに『本当にぴったり』という考えをした。 魅力を十分に発揮したようだ」と言った。

e0114466_845576.jpg



▽ソン・ユナ「チ・チャンウク、“THE K2”でもっと大きい俳優なること」自信
[OSEN 2016.09.23 19:48]

e0114466_8463554.jpg

俳優ソン・ユナが、チ・チャンウクに対して「“THE K2”でもっと大きい俳優に発展するだろう」と絶賛した。

ソン・ユナは、23日午後ソウル市、永登浦区(ヨンドンポク)英中路(ヨンジュンロ)に位置したCGV永登浦で進行されたtvN新金土ドラマ「The K2」事前試写会に参加して放送より早く1回を初めて鑑賞した。

この日公開された1回では、チ・チャンウクのアクション演技が一時間ずっと繰り広げられる。これに対しソン・ユナは「ドラマを今日初めて見たが、チャンウクさんが本当にすごい俳優だと思う」と彼のアクション演技をほめた。

また、ソン・ユナは「本当に苦労たくさんしたのにかかわらず、現場でいつも明るくて真面目で肯定的だ」として、「放送見ると、すでにチ・チャンウクさんはすごいですが、もっと大きい俳優に出て行くことができるドラマになると気がする」と言った。

e0114466_8454540.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2016-09-26 08:55 | Comments(0)

[Oh!強い焦点] 「The K2」ソン・ユナ 熱狂演技、これが俳優だ

[OSEN ピョ・ジェミン記者/2016.09.25 13:30]

演技が上手なのを知っていたが、見れば見るほど驚くことになる。俳優ソン・ユナが、tvN金土ドラマ「The K2」で鳥肌が立つ悪役に変身して、瞬間ごと、微細な表情変化に視聴者たちをびっくりびっくり仰天させている。演技が上手という言葉さえ もう二話をしたら無駄口になった、ソン・ユナの演技能力が「The K2」の熱狂する没入度を作っているのだ。

「The K2」は、大統領候補の妻であるチェ・ユジン(ソン・ユナ扮す)が、夫を大統領にして、実家である財閥グループを占有しようとあがいて、最強傭兵出身警護員キム・ジェハ(チ・チャンウク扮す)と養女コ・アンナ(ユナ扮す)と対立する話。話の中心に悪役であるユジンの殺伐な権力と財力闘争記が盛り込まれている。 初放送から不気味な二重的な姿を吐き出すユジンを演じたソン・ユナは、目と口元が揺れる微細な表情演技で登場人物を容易に紹介してしまった。 これといった言葉より、ユジンの極めて利己的で暴悪な性向が、ソン・ユナが表現する顔と姿勢に全部溶けていたため。

e0114466_18361437.jpg

1998年“ミスターキュー”以降 18年ぶりに悪役を引き受けたソン・ユナは、詳しく説明しなくても、俳優の表情一つだけでも人物が持つ性向を一気に表わせるということを示した。おかげで視聴者たちはこのドラマ序盤から、ユジンの表情に合わせて彼女が今後仕立てる悪行を推測していく楽しさがあった。 去る24日の2回が放送された中でユジンの心臓が凍りつくような殺伐な表情と言い方、そして行動は、ソン・ユナの善良で優雅な顔と会って、さらに毒々しさが含まれている。 大統領選挙勝利のために一から十まで演技する人生のユジンの邪悪な姿が、ソン・ユナという俳優を通じて完全に具現されている。

ソン・ユナは、これまで作品の中で善良で肯定的な役割をして視聴者たちの支持を受けてきた。 今回の作品で決心して非難されるという覚悟をしたこの俳優は、演技でドラマを牛耳っている。 彼女が出てくるたびに吸引力が高まって、一瞬も視線を離せないように精密に演技している。 表情変化を見守ってみる楽しさあるものにするのが俳優の力だが、ソン・ユナが平然と(もちろん能力があるから可能なことでもある)消化して演技するという感じがしないようにしている。実際にユジンという人物が存在しそうな感じ、ソン・ユナが「The K2」で存在自体だけでも発揮する力だ。

e0114466_1836437.jpg

このドラマはアクションを基盤とする英雄が登場することに弱点が存在する。 可能性が落ちる部分が多いが、この不足した説得力が むしろドラマ的な面白味をもたらす要素がある。 ただ、撮影条件の下、現実的に作品が進行されるほど展開のピンクソク【お互いに調和できなくて生じる不足や隙間】が目につくしかないが、俳優の吸引力高い演技がこの穴を満たす可能性が高い。 ひとまずソン・ユナが演技で隙間なくぎゅうぎゅう満たしている強い雰囲気は、「The K2」の大きい興味要素だ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2016-09-25 18:37 | Comments(0)