Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

[豊かな村 清潭洞名士<64>] ―俳優ソン・ユナ

俳優夫婦の選択・・・息子の教育のために30億清潭ビラ所有
夫ソル・ギョング、息子スンユンと居住実績・・・教育、交通良くて“子供のためにインテリア”

[スカイデイリー 2015-12-08 14:29:18]

e0114466_094235.jpg

国内トップ俳優のうちの1人であるソン・ユナ(42)は、清潭洞(チョンダムドン)に本人名義で高級マンション一室を所有している。 このマンションには、ソン・ユナと夫であり俳優であるソル・ギョング(47)、そして息子が一緒に暮らしているという。

ソン・ユナが所有する清潭洞Pマンションは、2010年 東洋建設産業で最高級マンションを指向して竣工された。 Pマンションの外観は、ヨーロッパの城を連想させるような雄壮さを見せてくれる。 最高級マンションであるだけに、内部は天然大理石と最高級壁材で構成されている。

登記簿謄本によれば、ソンさんは2010年Pマンション一室を買いとった。 買い入れ金額は29億ウォンだ。 ソンさん所有マンションは、供給面積254.27㎡(約77坪)、専用面積241.88㎡(約73坪)であり、複層で成る。 現在、このマンションは合計3棟、35世帯だ。

Pマンションは、地下駐車場は互いに連結されている。 地下にはフィットネスセンター、住民会議室、独立型倉庫などがある。

清潭洞に精通したある不動産関係者は「ソン・ユナ、ソル・ギョング夫婦の間に産まれた息子のために、小さな庭が付いた低層部室に引っ越してきたと聞いている」として、「現在このマンションは売り物がないが、売買が行われる場合、約28億ウォンが予想される」と言った。

ソン・ユナ、ソル・ギョング夫婦が住むとされるPマンションは、近隣に小径公園、漢江(ハンガン)市民公園などが位置した自然親和的な環境を誇る。 また、島山大路(ドサンデロ)・永東大路(ヨンドンデロ)・オリンピック大路が近隣にあって、江南(カンナム)・江北(カンブク)への移動が容易だ。


バツイチトップ俳優受け入れた純白のスター女優

1973年生まれである俳優ソン・ユナは、教育者の家に生まれた。 学生時代に、彼女はクラスで1、2番を争うほど成績が優れた。 優れた成績を基に、名門 梨花(イファ)女子大学校法学科を志願したが、いつも苦杯をなめた。 その代案で、ソン・ユナは漢陽(ハニャン)大学校文化人類学科に入学をした。

漢陽大学校在学時代、ソン・ユナの可能性を垣間見た大学校の先輩である 現ファン・ギョンス スノーボールエンターテインメント代表の勧誘で、演技授業をしばらく受けたりもした。 当時、人気雑誌であった“ハイティーン”、“ジュニア”などで、ソンさんは雑誌モデルとして活躍して、徐々に芸能人として基盤を固め始めた。

親しい先輩であり、現所属会社であるファン代表は、ソン・ユナに内緒で1995年に開かれたKBSスーパータレント選抜大会に参加願書を出した。 うっかりと大会に参加したソン・ユナは、金賞、フォトジェニック 賞など3冠王を獲得し、KBS公開採用タレントに選抜される気炎を吐いた。

同じ年、ソン・ユナはKBS2TVドラマ“個性時代”に出演して、本格的に演技生活を始めた。 派手なスポットライトを受けてすい星のように登場したソン・ユナだったが、彼女も無名俳優生活を経ずにはいられなかった。

1997年放映された“伝説の故郷―九尾狐”にキャスティングされて、演技者として頭角を徐々に現わし始めた。 ソン・ユナの真の姿は、1998年SBSドラマ“ミスターQ”に出演して発揮され始めた。 劇中で、ソン・ユナは都市的で洗練された“ファン・ジュリ”役を受け持って、新しいスターの序幕を知らせた。

“ミスターQ”以後、ソン・ユナは たおやかで知的なイメージでスクリーンとテレビ劇場を縦横無尽行き来した。 1999年MBC“ワンチョ”、2000年“ホテリアー”、映画“不朽の名作”、“光復節特赦”などに出演して、当時トップ俳優たちと呼吸を合わせた。

e0114466_0101960.jpg

彼女は演技だけでなく、進行でも頭角を現わした。 最高の権威を誇るMBC“大韓民国映画大賞授賞式”のメイン進行を、2003年から2010年まで引き受けた。 2010年出産以後にはtvN “コリアゴットタレント シーズン1”審査委員として参加して、芸能にもたまに顔を出した。

一人の子供のママとして家庭に忠実だったソン・ユナは、4年間の空白を破って昨年8月MBCドラマ“ママ”の主人公を引き受けて、視聴者のそばに戻った。 劇中で彼女は時限付き宣告を受けたシングルマザー役をして、視聴者たちの涙腺を刺激した。

ソン・ユナは、去る9月幕を下ろしたKBS2TV“アセンブリー”で、トルシンニョ【バツイチ女】“チェ・インギョン”役を受け持って猛活躍した。 劇中で、彼女は向こう見ずな性格によどみない演技で視聴者たちのドラマ没入に最も重要な役割をした。 劇中でトルシンニョとして出てきた彼女だったが、実際の人生で彼女はトルシンナム【バツイチ男】である俳優ソル・ギョングと結婚した。

大韓民国最高嫁の候補者だったソン・ユナは、2009年5月 俳優ソル・ギョングと突然に結婚発表をした。 未婚女性だったソン・ユナに、トルシンナムというレッテルが張られたソル・ギョングとの結婚の便りは世間の耳目を集中させた。

2002年 映画“光復節特赦”で、ソン・ユナは夫ソル・ギョングに初めて会った。 当時、ソル・ギョングは 1996年俳優アン・ネサンの妹と結婚生活をしていた状態だった。 ソル・ギョングは結婚10年後の2006年に元妻と合意離婚した。 同じ年 ソン・ユナとソル・ギョングは、メロー映画“愛をのがす”に主演男女俳優で出演して愛の芽を開かせたという。

約4年間の交際を終えたソン・ユナは、2009年ソル・ギョングとソウルのある聖堂で結婚式を挙げた。 彼ら夫婦は、結婚以後 論硯洞(ノンヒョンドン)の高級マンションに新婚生活を立てた。 ソン・ユナは、結婚1年後の2010年8月息子スンユンを出産し芸能界をしばらく離れた。

匿名を要求した芸能界のある関係者は「息子をもうけた以後、胎教に専念したソン・ユナ夫婦は、子供の教育と長期的な側面から清潭洞に移ったと聞いている」として、「清潭洞の高級マンションを契約して、子供のためにインテリアに非常に精魂を込めたことで伝え聞いた」と言った。

去る9月頃 俳優ソン・ユナは自身のSNSに息子と撮った写真一つを掲載した。 写真の中には、6歳になった息子と家の近所の散歩道を幸せに歩く姿が撮られている。 その他にも、ソン・ユナのSNSでは天真爛漫な息子が絵を描く姿などの写真をうかがうことができる。

また、夫婦は息子の運動会に参加して目を引いた。息子が通う子供遊び学校【幼稚園のようなところ】で開かれた運動会に登場して、駆け足、綱引き(チュルダリギ)、リレーなど、全ての種目に参加したりした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2015-12-11 00:12 | Comments(0)