Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 133 )   > この月の画像一覧

<ママ>が普通の“マッチャンドラマ”のように感じられない理由

[TVデイリー ユン・ジヘ コラムニスト 2014.09.29(月)18:48]

e0114466_203748.jpg

夫の昔の女が友達で訪ねてきた。 低級に感じられるほど、普通のマッチャンドラマでしばしば使われるこの構造を、MBC週末ドラマ<ママ>(演出キム・サンヨプ、脚本ユ・ユンギョン)が新しい姿で登場させた。

<ママ>の二人の女主人公、ハン・スンヒ(ソン・ユナ)とソ・ジウン(ムン・ジョンヒ)は“妙な”関係だ。 二人の女の間に置かれたムン・テジュ(チョン・ジュノ)という一人の男を指してする話ではない。 <ママ>が出したこの関係が、妙になる地点は別にある。

まさに、スンヒとジウンが心からお互いを“友達”と感じているという点。 たとえスンヒがそれまで隠してきた真実が現れて、現在二人の間はすれ違っているが、相変らず異性間の仲よりもっと濃い切なさを交わしている。

この世で友達になることは出来ない間がある。 痴情関係に絡んだ人々、友達なら心を遠慮なく取り除いて人生の喜びと悲しみ、苦痛を分けるべきなのに、お互いが苦痛の根源地だなんて。 聖人君子でなければ、あるいは俗世を離れることを決意した人でなければ、どうして心の胸襟を合わせておくことができようか。

その上、スンヒは意図的にジウンに接近した。 自分と息子グル(ユン・チャニョン)の存在が、ジウンにどんな悲劇を抱かせるのか知りながらも無慈悲に近付いただけでなく、ジウンの純真な心までしっかり勝ち取った。 このように複雑に絡まった人間関係くらい、人々の興味を刺激させるものが、またあるだろうか。 私たちは、このような素材を持って展開するドラマを、普通“マッチャンドラマ”と言う。

考えてみよう、朝ドラマや連続ドラマでたくさん見た場面ではないか。 だが、面白い事実は、元々視聴者たちに<ママ>は“マッチャンドラマ”と見なされないという点だ。 ドラマに対する関心度を高めるには一助となったかも知れない。 だが、ドラマ全体を貫くイメージで残ってはいないということだ。

<ママ>は、どうして“マッチャンドラマ”という汚名を避けることが出来たのか。 絶妙にも、その解答はスンヒとジウンが結んだ“妙な”関係の中にあった。 すなわち、スンヒとジウンは、本当に友達になることが出来るか、この問いに対する答と連結されていると見られる。

死を控えなかったなら、スンヒは多分一生ジウンのそばに少しも近寄らなかっただろう。 自分を捨てた男の妻ではないか。 不意に訪ねてきた死の便りは、彼女を煩わしくきつくさせた。 自分のように独りで生き延びなければならない息子グルが、近づく肉体の苦痛よりもっと苦しく鳩尾に詰まっていたせいだ。

初めは、このように始まった。 スンヒがジウンに渡した話のように、絶対友達になれない間柄だった。 だが、何も知らないまま、ひたすら渡されるジウンの温みは、愛を受けるかも与えるかも知れなかったスンヒのヒリヒリする心を溶かし出しただけでなく、ママをとても愛したあまり歪んでいたグルの心も本来の姿に変えた。

ジウンも同じだった。 条件だけを問う友達関係の中で、いざ大変な時に頼りに出来る丘【(頼れる)場所や人】はなかった。 だが、スンヒは違った。 単純に巨大な丘になってくれたからだけではない。どんな範囲内のジウンでない、“ソ・ジウン”自体としての価値を、瞬間ごとに高める友達だった。 これだから、白馬に乗った王子様に会ったように、スンヒにすっかりはまるしかない。

作家は、このように危険な土台の上にスンヒとジウンの友情を最大限に積み上げた。 それも真実の形で。どんな物質的な助けの受け渡しがない、心をやりとりする過程を具体的に描くことによって、後で二人の女が迎える危機が安っぽい痴話げんかで綴られないように、それでもロマンチックだけでもないように作り出した。 非常に機敏な作業に違いない。 このために単なるマッチャン要素が、作品の主題の実現のために必要な、ある程度の高級な装置に昇華されることが出来たから。

パンドラの箱が開かれてスンヒが最も苦しんだ理由は、他でもない“友達”ジウンが受けた傷のせいだった。 グルを任せる所を失ったせいではなかった。 ジウンもまた、スンヒが夫の女だったということより、“友達”スンヒが自分を“騙した”という事実に、そのように怒って苦しがった。 二人は、すでに本当に友達になっていた。

ある一つのドラマがマッチャンドラマになる場合は、刺激的な状況設定、あるいは複雑に絡まった人間関係、すなわちマッチャン要素、それ自体が素材であり主題である時だ。 興味をかきたてることはあるが、劇中の人物に心を与えて共感してついて行くのは大変だ。 作品全体が追求しようとする特別な主題があるのではないので、(たとえ抱き合わせて売る、格別効能のない薬のように勧善懲悪という主題が付いて回るが)、可能性が不足する時が頻繁にあるせいだ。

ややもすると、華やかに飾られた“マッチャンドラマ”で残ることもあった。 だが、この“妙な”ドラマ<ママ>は、二人の女のこじれた関係より、その中に置かれた二人の女の心に集中する真正性ある態度で、“マッチャン要素”の昇華を成し遂げられた。 もちろん、抜群の演技力でスンヒとジウンを作り出した、ソン・ユナとムン・ジョンヒの役割も省けないだろう。“マッチャン要素”という概念を新たに考えてみるようにさせたドラマ<ママ>が、多数のドラマ製作者に良い手本になるように願う。

e0114466_2035614.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-30 20:04 | Comments(0)

“再起成功”ソン・ユナ、一層成熟した“優雅な”美貌

[TVデイリー 2014.09.30(火)08:51]

e0114466_941171.jpg

ドラマ<ママ>を通じて再起に成功したソン・ユナのグラビアが公開された。

ソン・ユナは最近、ファッションマガジン“ELLE”F/Wのグラビアを通じて、ラグジュアリーなフレンチシック感性のスタイリングを披露した。

普段優雅で女らしいスタイルを披露した彼女が、今回のグラビアでは“ニュージェントルウーマンスタイル”というコンセプトで、理知的であり蠱惑的な魅力を発散した

e0114466_9411528.jpg

今回のグラビアでソン・ユナは、ヘリンボーン、トスカーナ、レザー、ファーなど、多様な素材のアウターと共に、優雅、セクシー、ジェントルな魅力を行き来して、完璧なスタイリングを披露した。 ナチュラルなヘアスタイル、蠱惑的で夢幻的な表情と相反する、無駄なくシックなフィットと、高級な素材のデザインアウターは、蠱惑的ながらも節制された“ジェントルウーマン”のフレンチ シック感性を豊富に表現している。

e0114466_9412886.jpg
e0114466_9413985.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-30 09:42 | Comments(2)

分別がついた息子ユン・チャニョン、<ママ>は出産奨励ドラマでしょうか? (名セリフ名場面)

[ニュースカルチャー イ・ヨンジュ記者 2014/09/29 10:26]

e0114466_9145938.jpg
ユン・チャニョン、「この程度で感激したらどうするの?僕が後ですごくもっとよくしてあげるのに?」

ハン・グル(ユン・チャニョン扮す)が、ママ ハン・スンヒ(ソン・ユナ扮す)のために朝食を調えた。偶然に発見した写真で、ムン・テジュ(チョン・ジュノ扮す)が自分の実のパパという事実を知ることになったハン・グルは、ハン・スンヒに「僕たちそのままカナダに戻ろう。ここの人々も皆嫌いだ。ただママだけいれば良い」と言って泣きべそをかいた。 ハン・グルをなだめたハン・スンヒに再び病気による痛みがやってきて、深刻な痛みを見つけられないために「お休み」と言って上がるハン・スンヒに、ハン・グルは「ママ体悪くなるな」と言った。翌朝 ハン・スンヒが目覚めた時、ハン・グルはトーストと卵などで心を込めて調えた朝食を準備していた。 これに対し、ハン・スンヒがハン・グルを後から抱きしめて感動すると、ハン・グルは「何をこれ程を持ってそう言うのか」として微笑を浮かべた。

“分別がついた息子”ハン・グルは、ママを理解しようと努力した。自分を嫌うソ・ジウン(ムン・ジョンヒ扮す)に、「おばさんを理解する。罪悪感持つな」と言うかと思えば、実のパパであるムン・テジュに「うちの父さんをとても悪い人だと思うな。パパも家族がいるから、僕も理解する」という言葉を伝えることもした。 ハン・グルは多くのことを大胆に受け入れた。 このように年齢に比べて成熟するけれど、まだ13歳のハン・グルには、ママが必要だった。 だから、ハン・グルの成熟さはハン・スンヒをより一層つらくした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-30 09:15 | Comments(0)

[コックTV] <ママ>深くなったソン・ユナ、俳優は演技で語る

[TVリポート キム・ジヒョン記者 2014-09-29 09:36]

e0114466_945729.jpg
▲【画像を、昨日UPの記事と差し替えました。】


俳優ソン・ユナの演技が深くなった。劇に深く陥ったら、いつの間にか視聴者を泣かせている。6年の空白に対する憂慮は、取り越し苦労なだけだった。ソン・ユナは、そんな偏見を打ち破って立ち上がった。俳優は演技で語るものだ。

去る28日 放送されたMBC週末ドラマ<ママ>(脚本ユ・ユンギョン、演出キム・サンヨプ) 18回では、ハン・スンヒ(ソン・ユナ)とソ・ジウン(ムン・ジョンヒ)の葛藤が極まる姿が描かれた。

この日 ジウンは、スンヒの息子ハン・グル(ユン・チャニョン)が自分の夫ムン・テジュ(チョン・ジュノ)の息子という噂が飛び交うと、怒った。 ジウンはスンヒを訪ねて暴れまわって、「私が他のことは分からないけど、それは防げと言ったよね」として怒った。 ジウンは手当たり次第に物を叩き壊したし、ついにスンヒが息子に残した唯一の遺作全部損傷させたのである。

胃癌末期宣告で時限付き人生を生きているスンヒは、それまで苦痛をこらえてグルに遺作を残すために努力したこと。後日 自身が去って、いない時に息子が絵を見て自分の跡を感じるように願ったためだ。だが、絵は醜く剥がれてしまい、スンヒは茫然自失して嗚咽し始めた。

割れたガラスの欠片の隙間から絵を撫でるソン・ユナの演技は圧巻だった。 死んだ後に自分と息子を唯一連結する紐が消えたという虚しさを感じたためであるはず。 ソン・ユナは、のべつ幕無しに流れる涙で視聴者の涙腺を刺激した。

ソン・ユナは、ややもすると新派的に感じられるキャラクターを、節制感ある演技で密度あるように描いてきている。胸を叩いて号泣する誇張された悲しみでなく、より一層リアルに近づく。劇中で自分の息子で登場する俳優ユン・チャンヨンを見つめる目つきは、いつも悲しみに満ちている。些細なことで突然ワッと泣き出すが、全く誇張っぽくない。 視線一つだけでも、彼女がキャラクターに深く没頭しているのを感じることが出来る。

ハン・スンヒは、母性愛を理解できない女優が消化するのが難しいキャラクターだ。特に <ママ>は、死を控えた女が自分の息子を子供の実父の妻に任せるという独特の設定のために、キャラクターに対する深い理解力が必須である作品だ。

ソン・ユナは母性愛と共に心理的表現が重要なハン・スンヒというキャラクターを、予想より見事に消化している。 去る空白の時間の間、子供を世話してきたので現在の演技をすることが出来たのだろう。 俳優として無意味な時間でなかったのだ。

ソン・ユナは、今回の作品でカムバックするまで容易ではない時間を過ごした。演技より個人的な事で、もっと多く広く知られる彼女だ。だが<ママ>は言う。ソン・ユナが良い俳優ということを、結局俳優は演技で語らなければならないということを。

主人公は、後半部に入り込むほど死と近づいている. ソン・ユナの演技の能力がさらに期待される部分だ。回を繰り返すほど能力を増す彼女が、どんな演技で視聴者の心にさらに深く入れるか、成り行きが注目される。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-30 09:08 | Comments(0)

<ママ>ソン・ユナ―ムン・ジョンヒ葛藤に視聴率も上昇・・・“同時間帯2位”

[TVデイリー 2014.09.29(月)07:18]

e0114466_17112315.jpg

<ママ>の視聴率が上昇した。

29日午前 視聴率調査会社ニールセンコリアによれば、去る28日放送されたMBC週末ドラマ<ママ>(脚本ユ・ユンギョン、演出キム・サンヨプ)は、16.3%の視聴率を記録した。 これは、去る放送分が記録した14.9%に比べて1.4%P上昇した数値だ。

この日の<ママ>では、ハン・スンヒ(ソン・ユナ)とソ・ジウン(ムン・ジョンヒ)の葛藤の谷が深くなったし、放送末尾 ソ・ジウンはムン・テジュ(チョン・ジュノ)に離婚を宣言して、今後の展開の気がかりを高めた。

一方、同時間帯放送されたSBS“限りない愛”は7.6%を、KBS“ギャグコンサート”は16.4%の視聴率を記録した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-29 17:10 | Comments(0)

<ママ>ムン・ジョンヒ、チョン・ジュノに離婚要求「私たち別れよう」

[NEWSPIM 2014-09-29 00:28]

e0114466_16154277.jpg

<ママ>ムン・ジョンヒが、チョン・ジュノに離婚を要求した。

28日放送されたMBC<ママ> 18回では、テジュ(チョン・ジュノ)が家に帰ってこなかったジウン(ムン・ジョンヒ)に、どこで何をしたかと追及した。

ジウンはスンヒに対する背信感でさまよって、一晩一人でモーテルに泊まった。【実は、部屋に入ったが雷のせいでグルが心配になり出て行った。スンヒの家から出た後は実家で泊まって、翌朝スンヒとグルを陰から見送った後、テジュと会っているところ。】 テジュは「今後そうするな。 私が上手くやるよ」として、申し訳ない感情を表わした。

だが、ジウンは「いや、私たち別れよう。 私たち離婚して」と硬い表情で言って、今後両者がどうなるのか気がかりを刺激した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-29 16:16 | Comments(0)

<ママ>ソン・ユナ、ユン・チャニョンために駆け付けたムン・ジョンヒに感動“涙”

[TVリポート 2014-09-28 23:57]

e0114466_1613927.jpg

<ママ>ソン・ユナが、ユン・チャニョンのために駆け付けたムン・ジョンヒに感動した。

28日放送されたMBC<ママ> 18回では、グル(ユン・チャニョン扮す)が雷や稲光が吹き付けると恐怖に震える場面が描かれた。

病院にいたスンヒ(ソン・ユナ扮す)は、荒々しく雨が叩き付けると、痛い体を引いて家へ向かって、グルを抱いた。

その時、ジウン(ムン・ジョンヒ扮す)が現れた。 ジウンもグルが心配になったのだ。 スンヒは、ジウンがグルのために雨の中をくぐって来ると、感激したように目頭を赤くした。

e0114466_16132617.jpg

スンヒは飛び出したジウンに付いて行って、<ジウンは「あんたが憎いが、あんたを恨めば恨むほど私がとても痛い。 私の目の前から消えて。消えてしまえ」と涙を流した。 スンヒは「これまで迷惑をかけてごめんね」と涙で別れを告げた。 すでに、スンヒはグルとカナダに戻る計画をたてていた状況。 スンヒとグルは、次の日カナダに戻ろうとしたし、この姿をジウンが見守った。/OSEN 2014-09-28 23:37>

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-29 16:13 | Comments(0)

<ママ>ホン・ジョンヒョン、ソン・ユナに「私と結婚して」突発プロポーズ

[NEWSEN 2014-09-28 23:30:07]

<ママ>ホン・ジョンヒョンが、ソン・ユナにプロポーズをした。

9月28日放送されたMBC週末ドラマ<ママ>18回で、ハン・スンヒ(ソン・ユナ扮す)が「私またカナダ行く」と告白した

e0114466_16115228.jpg

先立って、ソ・ジウン(ムン・ジョンヒ扮す)は、ハン・スンヒの作業室を訪ねて狼藉をした。 その光景をク・ジソブ(ホン・ジョンヒョン扮す)が見たし、ハン・スンヒはソ・ジウンが台無しにしてしまったグルのプレゼント 蓮花図見つめて嗚咽して倒れた。【ジソプが病院へ運んで、そのまま入院となった】

これに対し、ハン・スンヒは韓国にこれ以上いる必要がないと考え、ハン・グルの思い通りカナダに戻ろうと決心した。 ク・ジソブはカナダに行くと言うハン・スンヒに「グル私といたら良い。私と結婚して」とびっくり告白した。

ハン・スンヒは、当然鼻でせせら笑った。 だが、ク・ジソブは本気だった。 ク・ジソブは「カナダ行けない。 絶対駄目だ」とハン・スンヒを繰り返し止めて、ハン・スンヒは「誰にも話さなかったが、あんただから言ったんだ」として、「行く前までグルと作業室で過ごすnだ」と努めて微笑んだ。

ク・ジソブが「仕事をするなという話聞かなかったか」と繰り返し止めて大声を張り上げると、ハン・スンヒは「蓮花図また描かなければならない。 グルに渡さなければならない。 とても幼い時約束した」と吐露した。

一方、ク・ジソブは直ちに自分の父 ク会長(イ・フィド扮す)に走って行って、「父さん私結婚する。ハン作家様だ。ハン・スンヒと結婚するんだ」と言って、ク会長を狼狽させた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-29 16:13 | Comments(0)

<ママ>ムン・ジョンヒ、度越えた怒り・・ソン・ユナの絵までぶち壊した

[NEWSEN 2014-09-28 23:33:51]

e0114466_1582223.jpg

<ママ>ムン・ジョンヒの怒りが度を越した。

ソ・ジウン(ムン・ジョンヒ扮す)は、9月28日放送されたMBC週末ドラマ<ママ>18回で、ハン・グル(ユン・チャニョン扮す)がムン・テジュ(チョン・ジュノ扮す)の実の息子という事実が町内に広がるようになると、自分が残した言葉が原因という考えはすることも出来ないまま、ひたすらハン・スンヒ(ソン・ユナ扮す)に対する怒りだけ積んだ。

ハン・スンヒの作業室まで訪ねて行ったソ・ジウンは、突然ハン・スンヒの絵を皆投げ捨てると、「私がただ一つだけお願いしなかったか。 噂を真実に作らないでくれと言わなかったか」と叫んだ。

ハン・スンヒは「心配するな。私が全部処理する」とソ・ジウンをなだめたが、ソ・ジウンは「あんたがわざわざ全部こんなにしておいて、何を処理するのか。 初めからあんたはこうするんだった。 世界中に全部知らせて、全部奪うつもりだった」として、再び物を投げ捨てた。

この過程で、ソ・ジウンはハン・スンヒがハン・グルのために描いた蓮花図まで傷付ける事故を起こした。蓮花図は、幼い時に絵プレゼントしてくれと言ったハン・グルとの約束を守るために、痛い体まで引いて描いた絵だった。

これに対し、ハン・スンヒは壊れた蓮花図を見て暴風嗚咽して悲しみを呼んだ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-29 15:09 | Comments(0)

<ママ>ソン・ユナ、ユン・チャニョン―チョン・ジュノ秘密ない チョン・スギョンの口 直接防いで

[TVデイリー 2014.09.28(日)23:20]

e0114466_154130.jpg

ソン・ユナが、チョン・スギョンに「その口を閉じて生きろ」と逆襲を加えた。

28日夜放送されたMBC週末ドラマ<ママ> 18回で、キム理事(チェ・ジョンファン)とクォン・トヒ(チョン・スギョン)は、ムン・テジュ(チョン・ジュノ)とハン・スンヒ(ソン・ユナ)の関係を明かして、ハン・グル(ユン・チャニョン)のパパがムン・テジュという事実を知ることになった。

ムン・テジュをいつも目の上の瘤のように感じたキム理事は、ムン・テジュに「ステラをどのように飛ばしてしまう方法ないか」として、「私は代表理事席はしてみなければならない」と脅しをかけた。

クォン・トヒも、他の父兄に「ボナパパがグルパパだ」と噂を立てて、ソ・ジウン(ムン・ジョンヒ)を衝撃に陥れた。

しかし、ハン・スンヒがこれらを防ぐ方策を立てておいた。 ハン・スンヒは、事態が手のほどこしようもなく大きくなる兆しを見せると、クォン・トヒを直接訪ねて行って、クォン・トヒとキム理事夫婦が双方暴行後に離婚した事実を隠して仮面夫婦で暮らしてきたという事実を明らかにして、「私もあんたのように出来るが、しないこと」としながら、「その口を閉じて生きろ」と言った。

クォン・トヒは急いでキム理事に電話したし、彼ら夫婦の謀略は水泡と消えることになった。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-09-29 15:05 | Comments(0)