Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

チェ・ソンヒョン “ママ”キャスティング、ソン・ユナと演技呼吸

[NEWSEN 2014-06-30 13:02:43]

e0114466_19172642.jpgチェ・ソンヒョンが“ママ”にキャスティングされた。

チェ・ソンヒョン所属会社トビスメディアは、6月30日「チェ・ソンヒョンがMBC新しい週末ドラマ“ママ 世の中恐ろしいものがない”(仮題)にキャスティングされた」と明らかにした。

チェ・ソンヒョンは、“ママ”で、ラグジュアリーエステティックを運営する冷徹な女性事業家ナ・セナ役に扮して演技をする予定だ。

チェ・ソンヒョンが出演する“ママ”は、死を控えて一人きりの子供に家族を作ろうとする1人の女性の孤軍奮闘記を描いた作品で、MBC“ホテルキング”後続で来る8月初め放送される予定だ。(写真=トビスメディア)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-30 19:18 | Comments(0)

ソン・ユナの涙さえも嬉しい

[10アジア 2014-06-30 07:15]

俳優ソン・ユナが帰ってくる

e0114466_13411347.jpgソン・ユナは、全身が着色されるほど精神的苦労をした『そのこと』に対して初めて口を開いた。去る29日午前 SBS“よく食べて豊かに暮らす方法、食事されましたか?”に出演した彼女は、心の病気が体に現れる状況になった過ぎた日の傷、もしかしたらまだ傷として残っている『そのこと』に対して話して、とうとう涙を遮蔽するために両手で顔を包まなければならなかった。ところが、見守る立場でその涙さえも嬉しかった。ついに、帰ってきた彼女が嬉しかったためだ。

ソン・ユナという俳優の帰還が何より嬉しいことだ。 ドラマ“ミスターQ”のトレンディーな悪女の姿からドラマ“カード”で見せてくれた屈曲のダンサー、そして今考えてみれば、人間ソン・ユナの姿そのままをそっくり含んでいたドラマ“ホテリアー”、映画“光復節特赦”や“愛をのがす”、 何より ドラマ“オンエア”のとんでもない魅力のソ・ヨンウン作家など、彼女の過去のフィルモグラフィーを持ち出すほど、この俳優のカムバックは手をたたく程うれしいことだ。

しかし、今語りたいのは俳優ソン・ユナでなく、人間ソン・ユナに関することだ。 俳優ソン・ユナくらい綺麗な、人間ソン・ユナの帰還がどうして嬉しくないだろうか。 ソン・ユナに初めて会ったのは2009年、私はその年ちょうど記者生活を始めたヒヨッコだった。 その頃なりの一大事件を体験した。 幼いころから好きだったある有名女優が、インタビューの前後 無礼な言動をするのを目撃して、以後全ての有名女優に対する心の壁、一種の先入観ができるほど大きい失望感を感じた事件だった。 ところがソン・ユナとの初めてのインタビューに、何と30分近く遅刻するとんでもない失敗を犯してしまった。 明白な私の失敗であり、“女優恐怖症”までできた時期だったから、『ソン・ユナという女優に合うことになる爆撃(?)』に対する心の準備をかなり堅くして、インタビューに入った覚えがある。

ところがソン・ユナは「記者様が遅刻されたおかげで、私は食事をすることができましたね。一緒に召し上がってください」として、ニコニコ笑った。重ねて謝る記者が たとえ恥ずかしがろうが、相手に気を配る心が伝えられた。インタビューは、そのおかげでそのどの時より明るい雰囲気の中で進行されることができた。第一印象がこのように完璧だったこの女優を、人間として好きでないわけにはいかなかった。 事実、ソン・ユナは 盛んに旺盛に活動する時期、いつも現場で俳優や監督はもちろん、スタッフなど周辺の人を愛情深く面倒見る人で有名だった。 彼女との初めてのインタビューで、そのような美談が偽りではないことが分かった。

ところがその日のインタビューの後から、しばらく彼女を見る事がなかった。 時々ソン・ユナの前作たちを偶然にでも見ることになると、理由もなく残念な気持ちも持ったが、かなり長年の時間 彼女は顔を見せようとしなかった。

そうするうちに、昨年 偶然に私席で彼女に会った。会うやいなや「なぜ復帰しないか」として問い質した。特有の豪快な笑いで返事の代わりをする彼女に、「早く作品活動しなさい」として促すこともした。 ところが、ソン・ユナは「実は“女優”という言葉が、過去でも今でも とてもぎこちなく近づく」という意外な答を聞かせた。彼女が作品活動をしないからか、6年に近い長い歳月が流れたのに相変らず大衆は彼女を鮮やかに記憶しているが、彼女は自らを女優と呼ぶことが不自然だとは。 見るに見かねて、彼女が復帰しないのは職務遺棄という内容の記事まで書いた。

そして数ヶ月が過ぎて、周辺の粘り強い勧誘のせいなのか、ソン・ユナがついに復帰を決心することになったという便りが聞こえてきた。 顧みれば、彼女は誰より自身のことを愛する俳優であり、その中で幸せだった人間だったので、周辺をそのように愛情深く面倒見ることができただろう。 また、それだけ愛したので、また戻るまで多くの悩みと時間が必要だったと考える。 俳優という名前がまだ重く感じられると話すのも、やはり彼女が自身のことをどれくらい大切だと考えるかを分かる部分だ。 誰かの妻、誰かのママで生きてきた彼女は、再びそのように愛する仕事をする完全なソン・ユナに戻ることになった。

来る8月放送されるMBCドラマ“ママ―世の中恐ろしいものがない”で、ソン・ユナは不慣れな他国で独りきりで息子を育てたシングルマムを演技する予定だ。自身の意志と関係なく ある日突然に広がった状況の中でも、一歩一歩凛々しく歩いてきた彼女が、ある日時限付き宣告を受けることになって広がる話をするドラマだ。 少し残忍な言葉に聞こえることがあるだろうが、長い間の空白期の間 全身が真っ黒になるほどつらい時間を耐えた彼女は、俳優としてはさらに豊富な感情を見せることができるだろうという考えになる。ソン・ユナにご飯を炊いた料理研究者イム・ジホが、「悪天候の中で育つ木は、もっととても素敵な木で存在する」と話したようにね。 もう彼女がもっととても素敵な俳優に帰って来てくれることを期待する。

文. ペ・ソニョン

e0114466_1342029.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-30 13:43 | Comments(0)

ソン・ユナが打ち明けた6年、そして涙・・ 通じることができるだろうか

[スターニュース 2014-06-29 09:47]

e0114466_22275150.jpg

俳優ソン・ユナが涙で6年ぶりに視聴者たちに内心をさらけ出した。

ソン・ユナは 29日SBS“よく食べて豊かに暮らす方法、食事されましたか?”にゲストで出演した。 ソン・ユナはMCイ・ヨンジャ、イム・ジホと一緒に元気食膳をプレゼントするための旅に出た。

この日放送では、乳癌で苦労する娘がお母さんのために食膳を整えてほしいと事情を申し込んだ。 事情申請者に会うこと先立って、ソン・ユナは活動を復帰する所感を伝えた。

ソン・ユナは「ある日からサウナに行くのが恥ずかしかった。 肌が着色してきた」として、「一緒に行く姉さんたちもとても驚いた」と打ち明けた。 引き続き「漢方医院に行って、治療も受けている。 今はたくさん回復している」と、これまで体験した精神的苦労を告白した。

これまでのデマに対して「私が想像もできない悪い女になったのではないか」としながら、「とても悪いことで、悪い人なのではないか。 ところが、ある瞬間そうなってしまったよ。 私が収めて生きなければならないと決心した」と話して涙を流した。

ソン・ユナは、放送中ずっと心から事情申請者たちと交感して呼吸する姿も見えた。

この日の事情申請者は、妊娠8ヶ月に乳癌判定を受けた。 出産まで治療を先送りした後、産後の養生もせず手術を受けたが、体が弱って坑癌治療をきちんとできず再発して、現在 脊髄まで転移した状態だ。

切ない事情を淡々と話していたお母さんの姿に、ソン・ユナは再び涙を噴き出した。 また、休憩時間にも肩をもんで慰める姿を見せた。

事情申請者とも交感した。 ソン・ユナは「私も子供を育てる立場だから、子供をしっかりと見ることができないのが残念でないのか」と尋ねた。 これに対し事情申請者は「治療のために子供をまともに面倒見ることができなくて、愛着関係がちゃんと形成されることができなかった」として、「子供にはパパがママで、もっと大きい存在」と、個人的な話まで打ち明けた。 ソン・ユナは事情申請者の告白に涙ぐんだ。

ソン・ユナは6年ぶりにMBC“ママ―世の中恐ろしいものがない”でカムバックする。 この日の放送出演は、ドラマ復帰に先立ちソン・ユナが視聴者たちと直接対面する放送という点でより一層関心が集まった。

ソン・ユナにも少なくない負担だったのだろうが、彼女は真心を示して大衆と疎通しようとする姿を見せた。 録画を終えた後にも「良い食事を作って差し上げて、話を聞いて差し上げようと出演することにしたのだったが、録画を終えた後 私がその全てのものを受け取るようだ」として、この日の放送出演の格別な所感を伝えた。

涙で告白したソン・ユナの真心が通じられるか成り行きが注目される。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-29 22:31 | Comments(0)

ソン・ユナ、こらえた涙より貴重な“女優の復帰”

[OSEN 2014-06-29 11:46]

e0114466_17262525.jpg

ソン・ユナが帰ってくる。久しぶりにTVに出演した彼女は、6年という時間 閉じ込めておいた苦痛に涙をこらえることができなかった。 直接放送を通じて本人の話を聞かせたという点でも目を引いたが、実は これよりもっと貴いことは、長い間待った演技が上手な女優の復帰だ。

ソン・ユナは、29日午前放送されたSBS教養番組“よく食べて豊かに暮らす方法、食事されました”に出演して、これまで自身を困らせた世間の視線に我慢して抑えた涙を流した。6年の空白期の間、彼女にどんなことがあったのだろうか。少なくとも推測することができるようにする時間だった。

彼女は「私が大きい事件を、爆弾に当たって暮らしたのではないか。 だから、関節、膝、足のくるぶし、全部の関節が真っ黒になった。度々 着色されたように始まって、真っ黒になったよ。人々が驚いて、自らはサウナ行くことも恥ずかしいほどだった。病院に行くと経穴【ツボ】が詰まっているという診断を受けて、今はたくさん回復した」として、「私が想像できない生活を送った女になってしまった。 そんな人で生きてはいけないじゃないか。 そんな人は悪い人であるのだから。 ところが私がそうなってしまったよ。 こんな事を私が収めて生きなければならないと決心したので・・・」と言って涙を見せた。

単純な涙に終わる心境告白だったら単純な胸がジーンとすることに終わることができたが、ママとして、そして俳優として持つ彼女の真心と情熱が、見る人を応援させるようにした。彼女は、息子にママが絶対そのような(悪い)ママではないというのを確認させて見せるためにも熱心に健康に生きることを誓って、MBC週末ドラマ“ママ”に復帰することになった理由と所感を伝えた。

赤ん坊を産んだ後 子供を懐で育てるべきだと 考えたし、そのように時間が過ぎ去ったと言うソン・ユナは、「これ以上仕事をしなければ、ある日仕事が入らなくないだろうかと思う不安感が出来始めた。後で後悔したくなかった。諸々の考え多かった瞬間に良い作品が入って来た」と、この作品を復帰作に選択した理由を聞かせた。

“ママ”は、時限付き宣告を受けた女主人公が独りきりで残される息子に家族を作るために、過去の男の妻と友情を分かち合うことになる内容を 描いた作品。劇中 ソン・ユナはシングルマムであり有名民画作家であるハン・スンヒ役に扮する。

6年前 SBS“オンエア”で、気難しくて高慢ながらも内心は温かい愛らしいドラマ作家ソ・ヨンウン役で多くの人々の共感をおこした彼女が、どんな姿で今一度大衆の前に立つのか注目される。もう少し気さくになったし、成熟したし、訳深い目つきをすることになった。とにかく俳優は作品で話す人だ。そして 、ソン・ユナは大衆に、誰かの妻以前に俳優だった。 今一度渾身の働きをする彼女の熱演が期待される。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-29 17:30 | Comments(0)

ソン・ユナ、乳癌の娘とお母さんの事情に涙混じる抱擁 

[TVデイリー 2014.06.29(日)09:05]

e0114466_17194619.jpg

ソン・ユナが、ある母娘の胸が痛い事情にまた、涙を流した。

29日午前放送されたSBS“よく食べて豊かに暮らす法、食事されましたか?”放では、乳癌にかかった娘とそんな娘に心痛めるお母さんの事情が紹介された。 お母さんは「娘が乳癌手術1年で再発して、脊椎に癌が転移した」と言った。

話によれば、娘は乳癌にかかったにもかかわらず子供を流産しないで出産した。 お母さんは「娘が守りたかった孫娘が憎い」として、「私の娘が病んだから、初めに産んだ時本当に憎かった」と言って胸を熱くさせた。

お母さんはまた「ところで婿が孫娘をかわいがると、それを見られなかったよ」として率直な心境を伝えて、この母娘の事情にソン・ユナはまた、涙を見せた。

ソン・ユナはお母さんを抱きしめて「全てのことが皆うまくいかれるはずだ」と暖かく慰めた。 また、ソン・ユナはお母さんの肩をもみながら一時も席をはずさなくて目を引いた。


▽ソン・ユナ、乳癌の娘事情に三回目涙“そのような年頃の息子いて心痛くて”
[TVデイリー 2014. 06.29(日) 09:21]

e0114466_17203297.jpg

この日の放送では、乳癌にかかった娘とそんな娘に心痛めるお母さんの事情が紹介された。 お母さんによれば、娘は乳癌にかかったにもかかわらず子供を流産しないで出産した。 だから乳癌は脊椎まで転移したし、現在の娘はお母さんと一緒に暮らして治療中だった。

ソン・ユナは、娘ミョンスンさんと真心で満ちた対話をした。 ミョンスンさんの部屋には最初の娘の写真がかかっていたし、彼女は「百日をむかえたのが一昨日のようだ。 共に忘れることができないから、もっと大きく懐かしさが近づく」と言って、ソン・ユナの心を熱くさせた。

ソン・ユナは「末娘はママをいない」と用心深く尋ねて、ミョンスンさんは「この頃はママの存在を分かるようだ。 会えば離れないようにしたよ」と話した。

これに対しソン・ユナは「似たような年頃の息子がいて、より一層気にかかる」として、「果たしてママの存在を分かるかという気がすると、とても気に病む。 他の子供たちのようならママと別れないようにするはずなのに」と言って涙を流した。 ソル・ギョングとの結婚、ミョンスンさんとお母さんの初めての事情に続く三回目の涙だった。

また、ソン・ユナは「発病の事実をお母さんに申し上げた瞬間を考えると、その心がどうだったかも想像さえつかない」として泣くこともした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-29 17:23 | Comments(0)

“食事されました” ソン・ユナ、女優の厚かましさ“サービスないですか?”

[OSEN 2014-06-29 08:48]

e0114466_12494337.jpg

俳優ソン・ユナがずうずうしい姿で目を引いた。

ソン・ユナは29日午前放送されたSBS教養番組“よく食べて豊かに暮らす方法、食事されました”で、主人公のおばあさんのための食べ物を買って「サービスないのか」という言葉で笑いをおこした。

この日放送で、ソン・ユナはイ・ヨンジャ、イム・ジホとおばあさんたちを 訪ねて行く前、食べ物を売るトラックを発見した。これに対し、ソン・ユナは不思議に思って「うちのおばあちゃんアメお好きだった」と言った。そして、おばあさんのためのおやつを購入した。

あれこれ 食べ物を購入したソン・ユナは、店の主人に向かって「サービスないのか」という言葉をしかけて、ずうずうしくおまけでおやつをもらって笑いをプレゼントした。

また、ソン・ユナは女優の高慢さを下ろして、イ・ヨンジャに従って ヨーグルト食べる個人技を披露することもした。


▽ソン・ユナ、限りない孝心“舅姑様食卓整えてお母さん思い”
[TVデイリー 2014.06.29(日)08:58]

e0114466_1359434.jpg

この日ソン・ユナとイ・ヨンジャ、イム・ジホは、村のおばあさんに食膳を接待した後 席を立った。

この時、イ・ヨンジャはソン・ユナに「お母さんに食膳を整えて差し上げたのがいつか」と尋ねて、ソン・ユナは「実は、いくらも出来なかった」と言った。

彼女は引き続き「結婚前まではお母さんにいつも食膳を貰って食べていた。 ところが、結婚したら舅姑様にだけ食卓を整えて差し上げなければならないことが起こったよ」と言った。

ソン・ユナは「そうする時“うちの母さんは誰が新しい膳を調えるだろう?”という気がして、しばらく心が良くなかった」として、やや苦い心境を現した。


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-29 12:49 | Comments(0)

ソン・ユナ、児童用2段ベッドにぐいっと入るスリムな体つき自慢

[TVデイリー 2014.06.29(日)08:26]

e0114466_12452670.jpg

俳優ソン・ユナが特有のスマートなスタイルを誇った。

この日ソン・ユナとイ・ヨンジャは、景色が美しい宿舎でグランピングを楽しんだ。 彼女らが入った宿舎は、2段ベッドで作られた可愛らしいな部屋が目についた。

この時、イ・ヨンジャは2段ベッドを発見して、唯一空間が狭く見える下の段に体をやっと横にした。 イ・ヨンジャは手にあまって、ソン・ユナに「一度してみなさい。女優が入れなければ屈辱だ」と言った。

これに対しソン・ユナは、体をぐいっと入れたままスマートなスタイルを誇った。 しかし、この小さいベッドは2段ベッドでなく移動式ベッドで、笑いをおこした。


▽女優ソン・ユナ、イ・ヨンジャがカバンを・・・持ち物見ると“衝撃水準”
[毎日経済 2014-06-29 08:55]

e0114466_1314590.jpg

俳優ソン・ユナのカバンの中の持ち物が公開されて目を引いた。

ソン・ユナは29日放送されたSBS“食事されました”で、コメディアン イ・ヨンジャ、料理研究者イム・ジホとグランピングを楽しんだ。 グランピングは、必要な道具が準備されたところでキャンプを楽しむことをいう。

イ・ヨンジャは、この日の夕方ソン・ユナと一緒に可愛く装った部屋に入った。 引き出し式一層ベッドに横になっていたソン・ユナを引っ張ったイ・ヨンジャは「重くて引っ張れない」といたずらをした。

これに対しソン・ユナは笑って、「違う。 このカバンのせいで引っ掛かったから」と解明した。 イ・ヨンジャはカバンを片づけている途中で内容物をこぼしてしまった。 ソン・ユナは慌てて持ち物を体で隠した。

その中にはドット柄ズボンと寝巻き、携帯電話、パウチなどが入っていた。

イ・ヨンジャは「女優のカバンがとても身軽だ」として、「寝巻きもいくつかあると思ったが一個だけ持ってきたか」として嫌味を言った。


▽ソン・ユナ寝巻き公開、イ・ヨンジャにぴったり合うビッグサイズ? ―より抜粋
[dailian 2014-06-29 11:21

e0114466_14391083.jpg

この日ソン・ユナとイ・ヨンジャは一つの部屋で泊まることになって、笑うことのできないハプニングが起きた。 イ・ヨンジャはソン・ユナのカバンを調べると寝巻きを発見して「女優は寝巻き三、四個ぐらい準備して来ざるを得ないのではないか」と持ち出した。

だが、ソン・ユナの寝巻きは、あまりにもぶかぶかで侮れなく大きいサイズであったこと。 これに対しイ・ヨンジャは「どうして寝巻きで私のサイズを着るのか」と言って、即席でソン・ユナの寝巻きを着て踊りと歌を披露して皆を爆笑させた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-29 12:48 | Comments(0)

ソン・ユナ、ソル・ギョングと結婚後誤解に涙“そんな人は悪い人じゃないですか”

[MBM 2014-06-29 08:48]

e0114466_12404721.jpg

俳優ソン・ユナがソル・ギョングと結婚後できた誤解のために皮膚着色疾患に苦しめられたとし、とうとう涙を見せました。

29日放送されたSBS“よく食べて豊かに暮らす法、食事されましたか?”では、俳優ソン・ユナがMCイ・ヨンジャ、イム・ジホと一緒に元気食膳をプレゼントするための旅に出ました。

ソン・ユナはこの日、6年ぶりにMBCドラマ“ママ―世の中恐ろしいものがない”でカムバックする前、6年間の空白期に対する率直な内心を打ち明けました。

ソン・ユナは「私が大きい事件に、爆弾に当たって暮らしたでしょう」として、「だから、関節、膝、足のくるぶし、全部の関節が真っ黒になった。 度々着色されたように始まって真っ黒になったよ」と口を開きました。

引き続き「人々が驚いて、自らはサウナ行くことも恥ずかしいほどだった」と言って、ストレスが激しかったことを伝えました。

彼女は「漢方医院に行って治療も受けた。今はたくさん回復している。 実は回復にならないと思った」と話しました。

ソン・ユナは「私が想像できない生活を送った女になってしまった。 そんな人で生きてはいけないということじゃないか。 そんな人は悪い人であることじゃないか。 ところが私がそうなってしまったよ。 こんな事を私が収めて生きなければならないと決心したので・・・」と言って涙を流しました。

ソン・ユナはまた「息子にママが絶対そのようなママではないというのを確認させて見せるためにも、熱心に健康に生きなければなければならないと考える」と話しました。

<TVデイリー 2014.06.29(日)08:35>
これに対しイム・ジホは「痛みを通じてさらに素敵な木が存在するというのを分れば良い。 誰でも自分の焼き入れの時間がある」と慰めたし、イ・ヨンジャも涙を見せた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-29 12:43 | Comments(0)

パク・アイン “ママ”合流、ホン・ジョンヒョン片思い女役 ―より抜粋

[NEWSEN 2014-06-27 13:59:03]

e0114466_917356.jpg俳優パク・アインが清純溌剌女子大生に変身してテレビ劇場を訪ねる。

劇中パク・アインが扮するスジは、女子大生兼モデルで爽やかな青春の結晶体と呼んでも遜色がないほど可愛い、爽やかな魅力を誇って劇に活気を吹き込むキャラクターだ。

また、写真作家ジソブ(ホン・ジョンヒョン扮す)を片思いして、冷たい彼の態度にも屈しないで絶え間ない愛嬌パレードと愛情攻勢を広げるなど、異色なラブラインを繰り広げる予定だ。

特に、パク・アインは“紳士の品格”で、弁護士でありキム・ミンジョンの後輩でユンジンとライバル構図を形成して堂々とした魅力を表出したので、今回の作品を通じてあどけない女子大生に変身する彼女の姿により一層大きい期待が集められている。

これに対し、パク・アインは「スジ役を初めて見るやいなや とても魅力的だと感じたし、私がスジになることができるというのがとても夢のようだ。 この作品が私に与えられる最後の機会だと考えて最善を尽くす」と、“ママ”に出演することになった所感を明らかにした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-28 09:19 | Comments(0)

“食事されました” ソン・ユナ12年ぶりにピンクのリップスティック歌った

[釜山日報 2014-06-27 14:38]

e0114466_16224845.jpg

俳優ソン・ユナが12年ぶりに“ピンクのリップスティック”を歌った。

SBS“よく食べて豊かに暮らす方法、食事されましたか?”に出演したソン・ユナは、放浪食客イム・ジホ、コメディアン イ・ヨンジャと一緒に焚き火キャンプを楽しんだ。 明るい姿で対話をした彼らは、イム・ジホのびっくり要請でソン・ユナの歌プレゼントが続いた。

ソン・ユナが歌った歌は、映画“光復節特赦”で熱唱して人気を呼んだ“ピンクのリップスティック”。 突然の歌要請に慌てるのもしばらく、12年前と変わらない爽やかさを披露して 名不虚伝【名が知られるには理由があること】歌実力を誇った。

これに対し、放浪食客はもちろん、現場で見守った製作スタッフも感嘆禁じえなかったという裏話だ。

また、この日 ソン・ユナ、イム・ジホ、イ・ヨンジャは、癌闘病中の娘に食事ごとに二回の食事を準備するお母さんのための食膳を整えに発つ。

SBS“よく食べて豊かに暮らす方法、食事されましたか?”は、今回のソン・ユナ編を始まりに6月29日から毎週日曜日午前8時10分に放送される。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-06-27 16:22 | Comments(0)