Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ミューズヌフ10周年パーティー関連画像

e0114466_19104090.jpg
△ニュース記事より

e0114466_19113351.jpg
△ミューズヌフブログより

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-27 19:12 | Comments(0)

“真夜中” ソン・ユナ側“子供呪う悪性デックル大きい傷”

[OSEN 2014-03-26 21:12]
e0114466_2211180.jpg

俳優ソン・ユナが、自身の子供を呪う悪リプライヤーの悪性コメントに、大きい傷を受けたことが分かった。

ソン・ユナ側イム・サンヒョク弁護士は、26日放送されたSBS芸能番組“真夜中のTV芸能”に出演、「悪性コメントには、子供に呪いを浴びせる内容が含まれた。それだけでなく、家族に関する内容もあって精神的に大きい 傷を負った」と話した。

これと共に公開された資料には、直接的に子供に言及する内容の文などが多数含まれて不憫さを誘った。 現在のソン・ユナは採証が完了した57人に対して告訴状を受け付けた状況だ。

去る24日 ソン・ユナの弁護を 引き受けた法務法人世宗(セジョン)は、報道資料を通じて「ソン・ユナの法律委任を受けて、虚偽のブログないし悪性コメントに対して本格的な法的対応を進めることにした」と明らかにした。

引き続き「ソン・ユナさんは、ソル・ギョングさんとの結婚を囲んでインターネット上の虚偽のブログや悪性コメントによって途方もない心的苦痛を味わっている。 悪性コメントや悪口の程度が一般常識を外れていて、特に事実でなければよいという方法の虚偽の文でも悪意に満ちた露骨な誹謗と悪口などにますます進化するなど、正常な社会活動が難しい状況に達した」として告訴の理由を説明した。

<写真> “真夜中のTV芸能”放送画面キャプチャー


▽[スターニュース 2014-03-26 21:30] ―より抜粋

俳優ソン・ユナが悪リプライヤーと戦争を宣言した中で、該当コメントの内容が一部公開された。

26日午後放送されたSBS “真夜中のTV芸能”では、去る24日 ソン・ユナが俳優ソル・ギョングとの結婚に関連したデマをインターネット上に常習的に掲載した悪リプライヤー57人を告訴した事件に光を当てた。

一部公開されたコメントは『ソル・ギョング、ソン・ユナ二人とも顔も見たくない。 二人目に血の涙流す日来たら良いだろう』 『ソル・ギョング、ソン・ユナが不倫をしたし、ソル・ギョングが前夫人に離婚を強要して後で二人結婚した』などの水位高い内容を含んでいた。

該当内容を入れたコメントは、特定人何人が持続的に掲載したことが分かった。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-26 22:04 | Comments(0)

ソン・ユナ 悪リプライヤー告訴、どれくらい酷かったのか? 分かってみれば・・・ありえない!

[MBN 2014-03-24 20:42]

俳優ソン・ユナが、一歩遅れて悪リプライヤーに対する刑事告訴に出ました。 ソル・ギョングと結婚後 苛酷なデマにも沈黙してきた彼女が、これ以上堪えられないという強硬に出て行くという立場です。

これに対し、なぜ5年が経った今に法的対応をするかに、知りたいことが増幅されます。 ソン・ユナは2009年5月、ソル・ギョングと恋人の仲であることを電撃発表して結婚式を挙げました。

ソン・ユナは5年で法的対応に出たことに対して「これまで個人が耐えるのが難しい心的苦痛を受け入れたため」と明らかにしました。 何より「子供と家族に向かった口にできない悪リプライに、正常な生活が大変なほどであった」と伝えました。

関係者によれば、ソン・ユナは、法的対応に先立ち、最側近らと何回も議論を経たと分かった。 無条件に堪えると解決される問題でなく、法的対応を通じて悪リプライを根絶するのも方法という助言を受け入れて、このような決定をしたのだと明らかにしました。

ソン・ユナは法律代理人を通じて「悪性コメントや悪口の程度が一般常識を外れていて、特に事実でなければよいという方法の虚偽の文でも、悪意に満ちた露骨な誹謗と悪口などにますます進化するなど、正常な社会活動が難しい状況に達した」と話しました。

引き続き「ひいては夫婦だけでなく他の家族にまで無分別な悪口と誹謗が浴びせられるなど、個人が耐えることはできないくらい」と付け加えました。

ソン・ユナは、去る21日 ソウル 江南(カンナム)警察署に1次告訴状【他の記事によると57人分】を提出しました。 虚偽が明白だったり悪意に満ちた露骨な誹謗と悪口などを含んだブログ、あるいは記事コメントを収集して関連資料で提出しました。 以後、残りのブログやカフェ文ないしコメントに対しても、証拠資料が確保され次第 刑事告訴を進めることにしました。

ソル・ギョング、ソン・ユナ夫婦に向かった悪リプライは、消え失せる方法を知りません。 結婚発表記者会見直後から始まって、今まで続いています。 万人の恋人だったソン・ユナは、一瞬にして不倫女に追い立てられてイメージに大きい打撃を受けました。 ソル・ギョングは、ソン・ユナと結婚以後 作品や演技より私生活を主題で人々の噂にのぼりました。

夫婦が放送に出演して、公式行事に登場するたびに、関連記事には多くの悪リプライが走りました。 昨年3月、ソル・キョングがSBS “ヒーリングキャンプ”に出演するという便りが知らされると、出演反対掲示文が3千個余りが走ったりもしました。 時間が経てば自然に消えると思ったデマと夫婦に向かった悪リプライは、強度がますます強くなりました。 いくら努力しても大衆に通じなかったです。

一方、ソン・ユナとソル・ギョングは、2002年 映画“光復節特赦”で初めて会って、2006年“愛をのがす”で 恋人で呼吸を合わせました。 4年の別居のあげく2006年離婚したソル・ギョングは、2009年ソン・ユナと結婚しました。

ソン・ユナ悪リプライヤー告訴に対して、ネチズンは『ソン・ユナ悪リプライヤー告訴、他人事に是非を言うこと酷すぎる』 『ソン・ユナ悪リプライヤー告訴、どれだけ苦しかったら法的対応まで! これが本当なの?』 『ソン・ユナ悪リプライヤー告訴、何と書いたら・・・衝撃だ』などの反応を見せました。


▼下は今日の午後4時半過ぎのネイバーの記事検索のキャプチャーですが、『ソン・ユナ』『ソン・ユナ 悪リプライヤー 告訴』という言葉が上位に来ています。
そのとおりにスゴイ量の記事がアップされていますが、内容は似たり寄ったりです。

悪意のあるデマの基になった、自称:ギョングさんの前妻の姉さんの書き込み、前妻の本当のお兄さんのアン・ネサン氏、ちょうど一年ほど前の”ヒーリングキャンプ”でのギョングさんの発言などについても、改めて注目されています。

e0114466_22421294.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-24 22:46 | Comments(0)

ソン・ユナ、虚偽ブログ・悪性コメント ネチズン告訴“途方もない心的苦痛”

[マイデイリー 2014-03-24 08:24]
e0114466_11284268.jpg

俳優ソン・ユナが、一部悪意的ネチズンを相手に強力な法的対応を進める。

24日 ソン・ユナの所属会社スノーボールエンターテインメントによれば、法務法人世宗(セジョン)<イム・サンヒョク弁護士>が、ソン・ユナの法律委任を受けて虚偽のブログないし悪性コメントに対して本格的な法的対応を進めることにした。

セジョン側は「ソン・ユナはソル・ギョングとの結婚を囲んでインターネット上で虚偽のブログや悪性コメントによって途方もない心的苦痛を味わっている」と明らかにした。

「2009年結婚当時には、関心を集める芸能人に対する一過性行事と考えて、だんだん正常が訪れるのを待った」としながら、「しかし、悪性コメントや悪口の程度が一般常識を外れていて、特に事実でなければ良いという方法の虚偽の文でも 悪意で一杯の露骨な誹謗と悪口などにますます進化するなど、正常な社会活動が難しい状況に達した。 ひいては夫婦だけでなく他の家族にまで無分別な悪口と誹謗が浴びせられるなど、個人が耐えることはできない程度に達した」と吐露した。

これに対しセジョン側は「虚偽が明白だったり、悪意で一杯の露骨な誹謗と悪口などを含んだブログ、あるいは記事コメントを中心に証拠採集が完了した全員に対し、一次で 3月21日江南(カンナム)警察署に告訴状(虚偽事実、敵視、名誉毀損、および侮辱など)を提出したし、残りのブログやカフェ文ないしコメントに対しても、キャプチャーなど証拠資料が確保され次第、その全員に対し刑事告訴を進めることにした」と明らかにした。

最後に「いつも大衆の関心の対象である芸能人として、多少の評価は受容できます。 しかし、結婚過程で何の誤りがないことにも一方的に罵倒するのは 明白な不法行為であり、全く根拠がない虚偽の文でも悪意で一杯の悪口などの場合には、社会的な容認水準をかなり外れた行為として、法的な処罰の対象になる」として、「ソン・ユナとしても、本人だけでなく家族、ファンたちの関心と愛に報いなければならない義務を有しているので、やむをえず本件刑事告訴に達することになった点を了解して下さることを望む」と付け加えた。

byどんぶらこ 
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-24 09:09 | Comments(2)

韓国コスモポリタンHPより

▽最高のビューティーアイコンスターたち
2014.03.19 WED

去る3月4日、キム・ファルラン ミューズヌフの島山ラベル店オープンパーティー現場。 キム・ファルラン院長と長い間の縁を結んだスターが次から次へ集まってくると、ビューティーサロンでなく、あたかも年末授賞式場になったようだ。 こちらに集まった最高のビューティーアイコンスターが、コスモにだけ自身のリアル ビューティーチップをそっと公開した。

e0114466_19583672.jpg

色調メーキャップが上手でないほうなのでベースメーキャップに心血を注ぎます。 肌のトーンだけむらなく合わせても顔がたちまち派手になるようです。 ―チョン・ヘヨン

キム・ファルラン院長とは15年を共にしてきた仲です。 女優に自分の顔を誰よりよく分かるメイクアップ・アーチストがいるということは本当に幸運でしょう。 ―ソン・ユナ

キム・ファルランミューズヌフが新しい巣で10周年を迎えました。 長時間共にしてきたスターがこのように皆集まると本当にうれしくて幸せですね。 ―キム・ファルラン

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-19 20:00 | Comments(0)

シン・セギョン-キム・ヒョジン-カン・ヘジョン、トップスター 一ヶ所に集めたパーティーは?

[朝鮮日報 2014-03-18 11:35]
e0114466_2034331.jpg

俳優キム・ヒョジン-ユ・ジテ夫婦とハ・ジウォン、シン・セギョン、ソン・ユナ、カン・ヘジョンなどスターが一ヶ所に集まった。

去る4日 キム・ファルラン ミューズヌフ10周年、および島山(トサン)ラベル移転オープンを記念して、キム・ファルラン院長と長い間の縁をおさめたスターが共にしたパーティー画報が、ファッションマガジン コスモポリタン4月号を通じて公開された。

あたかも年末授賞式場を彷彿させる程の今回の画報の中スターは、キム・ファルランミューズヌフ10周年パーティーの現場で、感覚的なメーキャップとファッションセンスを誇って席を輝かせた。

特に、ユ・ジテ-キム・ヒョジン夫婦の親しい姿と、ハ・ジウォン、シン・セギョンなど女優の優雅な姿と愛らしい微笑、写真の中で明るく笑っているキム・ファルラン院長と俳優ソン・ユナとチョン・ヘヨンの姿に和気藹々とした雰囲気が感じられた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-18 20:34 | Comments(0)

3SUM by JAMES JEANSランチングショー フォトウォール動画

2分弱で、ソン・ユナさんはトリです。

 TVポット[TD映像]ソン・ユナ-イ・ソヨン-イム・ジョンウンなど。ファッショニスタ女★たち総出動

e0114466_16515297.jpg
e0114466_16453846.jpg
e0114466_16481155.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-07 19:07 | Comments(2)

ソン・ユナ、歳月が流れても相変わらず優雅な美貌!

[朝鮮日報 2014-03-07 10:38]

e0114466_11421718.jpg

俳優ソン・ユナが たおやかなフェミニンルックを披露した。

3月6日江南区(カンナムグ)、新寺洞(シンサドン)ジェイムズジーンズ フラッグシップストアで開かれた“トリプルサム バイ ジェイムズジーンズ”ランチング行事に参加したソン・ユナは、安全ピンのプリントが引き立つブラックニットとホワイトパンツに、スキントーンのパンプスをマッチ。洗練された女性美が感じられるスタイリングを演出して注目を集めた。

一緒に彼女は高級なブラウン腕時計とトートバッグを着用して、ややもすると単調なルックに活力を吹き込んで品格を高めるセンスを見せた。

e0114466_114119100.jpg
e0114466_1147192.jpg
e0114466_11532122.jpg
e0114466_11534597.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-07 11:53 | Comments(0)

ソン・ユナ、3SUM by JAMES JEANS行事来ました

[dataNEWS 2014-03-06 18:00:49]

e0114466_233342.jpg


6日午後3時30分 ソウル市、新寺洞(シンサドン)ジェイムスジーンズ売り場で3SUM by JAMES JEANSランチングショーが開かれた。

ビョン・ジョンスとプレミアムデニムブランド ジェイムスジーンズ(JAMES JEANS)が共にリリースするファッションブランド3SUM by JAMES JEANS(トリプルサム バイ ジェイムスジーンズ)ランチングショーが繰り広げられた。

この日の行事には、キム・ジフン、チョン・ヘヨン ション夫婦、イ・ソヨン、オ・ヒョンギョン、オ・ユナ、チョン・ヘビン、キム・ジュンヒなど、多数のセレブリティたちが参加して、ビョン・ジョンスのトリプルサム バイ ジェイムスジーンズ ランチングを祝った。

e0114466_2334691.jpg
e0114466_2341432.jpg
e0114466_2344122.jpg
e0114466_235409.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-06 23:05 | Comments(0)

スター召還 寤寐不忘、ソン・ユナ

[10アジア 2014-03-04 06:45]

e0114466_1432254.jpg

第2走者、ソン・ユナだ。

フィルモ暴くこと

1995年KBSスーパータレント金賞でデビューしたソン・ユナ。当時、スーパータレントは全盛期時代のミスコリア選抜大会ぐらい人気が高かった。自然にソン・ユナはデビュー直後から全国民的な関心を集めた。以後、KBS2ドラマ“個性時代”(1995)で ぽんぽん弾ける女子大生でデビューして、その時期 教養番組“これが人生だ”進行者席まで占めて安定した進行実力で注目された。

彼女は、以後 ドラマ“暴風の中で”(1997)で、多少荒くて直線的性格を持つが、一人の男に向けて最高の純真な愛し方をする女性を演技することもした。

ところが、ソン・ユナが明白なスター隊列に入ったのは、視聴率40%を越えた、シンドローム級人気のトレンディードラマ“ミスターQ”(1998)の悪女ファン・ジュリを通じてだ。それ以前にも、化粧品CFモデルで活動したが、“ミスターQ”以後、大衆はソン・ユナの洗練されたイメージに熱狂し始めた。 引き続き、ソン・ユナはドラマ“折鶴”で人生の屈曲を体験したダンサーで出演して、破格的な変身を知らせることもした。

“アドボケイト”(1998)、“ワンチョ”(1999)、“人の気も知らないで“(2000)など着実にドラマで活動したソン・ユナは、ドラマ”ホテリアー“(2001)を通じて、もう一度トレンドの中心に立つことになった。特に、この作品で見せた しっかりしていながらも器用なイメージは、今でもソン・ユナといえば浮び上がるイメージの礎石になった。

ソン・ユナの映画のうち最も確かに浮び上がる作品“光復節特赦”(2002)を通じて、溌刺としたイメージはより一層堅固になった。特に、彼女が直接歌った映画O.S.T“ピンクのリップスティック”は、その年 爆発的人気を享受することもした。

そのように映画とドラマを行き来してきちんと自身のフィルモグラフィーを積み重ねたソン・ユナ.だが、しばらく言論は彼女に「演技するキャラクターの範囲がとても制限されているのではないか」と問うたりもした。 ところが、そのような周辺の憂慮を映画“愛をのがす”(2006)のヨンスとドラマ“オンエア”(2008)のソ・ヨンウン作家を通じて完璧に洗い落とす。特にヨンスを通じては、無表情の中でも穏やかな波動を起こす感情演技を見せることで彼女の演技的成長を証明した。

いつも爆発的愛を受け入れたソン・ユナは、“シークレット”(2009)と“ウェディングドレス”(2014)二編の映画でスクリーンをノックしたが、これといった反応は得られなかったし、俳優ソル・ギョングと結婚した後 2010年息子を産んでからは活動を中断した。

全盛期の欠片
ソン・ユナは1990年代中盤のデビュー時期、あたかも2000年代のキム・テヒのように高いIQと漢陽大文化人類学科首席入学というタイトルで、“知的な女優”のイメージで順調にスター隊列に上った。そうだ。一時 彼女は非常に明白な“知的な女優”の象徴、そのものだった。

1990年代中盤、豊かだったその時期TVに登場するタレントや歌手は、皆ポンポンと跳ねた。 これまで物静かで知的なイメージのソン・ユナは、かえってもっと目についた。

デビュー時期から注目されたが、彼女は俳優として自身を変奏することに決して怠けなかった。“ミスターQ”の悪役を通じて自身のイメージを完全に変えることに成功する。粘り強い焼入れの中で、その時代の青春が熱狂するワナビースターに位置づけたソン・ユナは、特有の知的なイメージを溌刺として愛嬌多いキャラクターに段々拡張させていった。 “ホテリアー”と“光復節特赦”はその絶頂であり、その後周辺の憂慮の中でソン・ユナの健在さを知らせた“オンエア”も彼女の最高点に記憶されている。

愛嬌多くて溌刺として賢くて器用なようなイメージを持つソン・ユナは、そのように1990年代と2000年序盤 すべての男たちが理想と指を折り数えるイメージの女優として愛された。 その時期、周辺俳優やスタッフの間で聞こえる話の中でも、ソン・ユナはいつも周辺を楽にしてくれて、スタッフにもいちいち気を遣って世話を焼く多情多感な性分を持った人だった。

帰還を夢見る
ソン・ユナの最後の作品は“ウェディングドレス”だ。その後ケーブルチャネルの芸能番組進行者で活躍したのだが、私たちが見たいのは彼女の演技だ。すでに4年という歳月が流れた。デビュー時期からずっと、しっかりしていて颯爽と活動してきた彼女が妊娠を基点に空しく銀幕の後に隠れてしまったことは、訳もなく寂しくなる。だからだろうか。 彼女が活動をたたんで4年目だが、まだドラマ作家や映画関係者たちが彼女に向かって小まめにラブコールを送っているという。 もしかしたら休み時間が自分の予想より長くなったために、次期作選択にもっと用心深くなったのかも知れない。

それでも側近によれば、ソン・ユナは依然として俳優に復帰する強烈な意志を語っている。 ソン・ユナが一日でも早く、4年という空白期が虚しいくらい多様な姿を見せてくれたら良いだろう。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2014-03-04 14:42 | Comments(0)