Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

“脚線美終結者は?”・・・美女スター、無補正脚ライン

e0114466_10593244.jpg


以下の女性芸能人の名前と上半身と美脚の画像が上がっていました。
年齢はほぼ20歳の開きがあります。
ソン・ユナさんは40歳で最年長ですが19歳の子と遜色ないのがスゴイ!!(次がチェ・ガンヒさんの36歳)

画像は2011年7月(CJフードワールド オープン行事)ですが、今も変わっていませんから。

▽[ディスパッチHD 2013-11-19 11:15]

ソン・ヘギョ ハ・ジウォン イ・ハヌィ ハン・ヒョジュ ファン・ジョンウム イ・シヨン ソルリ ソ・ヒョリム ヒョンア ホン・スア チャ・イェリョン ワン・ビンナ イ・ボヨン チョン・ユミ ソルビ キム・オクビン クリスタル チェ・ジョンウォン ソン・イェジン パク・ソルミ イ・ミンジョン ミン・ヒョリン ムン・チェウォン ワン・ジヘ チェ・ガンヒ ソ・イニョン パク・スジン ソン・ユナ シン・セギョン ユン・ウネ シンジ ダナー チェ・ヨジン

e0114466_1111414.jpg
e0114466_11122068.jpg
e0114466_1115360.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-11-20 11:18 | Comments(4)

「暖かい一言」での復帰は無い模様です

何かと迷走(?)していた「暖かい一言」ですが、主演俳優陣が決定したようです。ソン・ユナさんの名前はありませんでした。

▽“暖かい話一言” ハン・ヘジン、キム・ジス、チ・ジニ、イ・サンウまでキャスティング完了 ―より抜粋
[スポーツ朝鮮 2013-11-05 12:45]

SBS新しい月火ドラマ“暖かい一言”が、主演俳優キャスティングを完了した。

俳優ハン・ヘジン、キム・ジス、チ・ジニとパク・ソジュン、ハン・グルに続き、イ・サンウまでキャスティングを終わらせたこと。 “暖かい一言”は、家庭を守るためにハラハラ綱渡りをする危機の二つの夫婦、彼らが描いていく感性スリラードラマで、家族と夫婦の問題をリアルに扱って、複雑微妙な結婚生活の現実を加減なく描き出して、視聴者たちの共感を得ることと期待を集める。

(中略)

キャスティングと関連して製作スタッフは「これまでキャラクターに最もよく似合う最適な俳優をキャスティングするために心血を注いだ。 今回のドラマを通じて、私たち皆が無関心だった部分の傷を振り返ってみることができる契機になったら良いだろう。 ハン・ヘジン、イ・サンウ、キム・ジス、チ・ジニの演技派俳優が作品と似合う最適な俳優だと考えて、最高の演技をすると期待するところが大きい」と所感を明らかにした。

“暖かい一言”は“怪しい家政婦”の後続で12月2日初放送する。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-11-05 13:33 | Comments(0)

ソル・ギョングの特別な20周年、“多くの人々のおかげでここまできた”― より抜粋

[eNEWS24 2013-11-04 10:11]

ソル・ギョングは、先月31日 ソウル、ノンヒョンドン パティオナインで20周年パーティーを開いて取材陣に会った。 三枚肉に焼酎を楽しむソル・ギョングが華やかなコンベンションホールでバーベキューパーティーを開くとは、どういうことだろうかわからなかった。

案の定、所属会社であるシージェスエンターテインメントは「ソル・ギョングがパーティー形態のイベントは恥ずかしくてやらないと言うのをかろうじて説得した」と伝えた。

ソル・ギョングの普段の姿で見ては見慣れない席だが、真剣さだけは相変わらずだった。 彼はこの席に来た数多くの取材陣に感謝の挨拶を伝えて、20周年をむかえた喜びを伝えた。

(中略)

この日の記念パーティーには、妻ソン・ユナが直接ケーキを持って参加して目を引いた。質素な記念席だと思ったがとても多くの方々が来て驚いたというソン・ユナは「今後もソル・キョングさんを好ましく見て欲しい」と言ってはにかむように笑った。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-11-04 13:11 | Comments(0)

ソル・ギョング 「“願い”、ぴったり“願い”のようにうまくいって嬉しくて」 ―より抜粋 (訂正あり)

[韓国経済TV 2013-11-01 11:53]

俳優ソル・ギョングがデビュー20周年をむかえて、先月31日 江南(カンナム)某所で記者たちと会った。 1993年“シムバセメ”【舞台】でデビューしたソル・ギョングは20年の間休むことなく駆けて来たし、今年は特に忙しかった。 “タワー”で始めて“監視者たち”、“スパイ”、“願い”など、何と4編の主演映画を出した。

(中略)

ソル・ギョングのデビュー20周年を記念する席には、妻ソン・ユナが直接ケーキを持って参加して目を引いた。 遠慮していたソン・ユナは、「一言言いなさい」というソル・ギョングの促しに「ソル・ギョングさんを今後も好ましく見てほしい」と、はにかむように伝えて笑いを醸し出すこともした。


※上記の20周年を記念する席とは、次の10月17日のイベントのことかと思いましたが、記者さんたち向けのイベントだった事が分かったので、11月4日に新たに記事を載せました。申し訳ありません。

▽“デビュー20周年”ソル・ギョング、初めての観客との対話・・・イ・チャンドンびっくり登場 ―より抜粋
[世界日報 2013-10-18 17:05]

俳優ソル・ギョングが、デビュー20年で初めて“観客との対話”に出た。

ソル・ギョングは、17日夕方 ソウル、新寺洞(シンサドン) CGV狎鴎亭(アックジョン)で“ペパーミントキャンデー”上映後 開かれたシネマトーク(観客との対話)行事に参加した。 この日“ペパーミントキャンデー”を演出したイ・チャンドン監督がびっくり登場して観客を驚かせた。

ソル・ギョングは、演劇“シムバセメ”でデビューして今年で20周年をむかえた。これに対し、CJ CGVムービーコラージュは 10月“今月の俳優”にソル・ギョングを選定、彼の代表作7選を上映中だ。

全部ソル・ギョング本人が直接選んだ作品で、この日ソル・ギョングは「ペパーミントキャンデーは、永遠の私の代表作」と言いながら親指をあげた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-11-02 14:23 | Comments(0)