Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジェドンさんに贈ったテーブルはコレです

▽“私一人暮らし”キム・ジェドン食卓自慢“理想ソン・ユナが買った”
[ソウル経済 2013-07-27 07:10]

e0114466_20225558.jpg

キム・ジェドンが食卓を自慢した。

26日放送された MBC“私一人暮らし”では、“虹の集い”の会員たちが独身生活する高手【達人】に会って助言を聞く“高手に会う”編が電波に乗った。

この日最初に登場した一人暮らしの高手は、まさにキム・ジェドンだった。 彼は以前から“虹の集い”メンバーの支柱役をして、番組に出演しなくても真の“一人男”としてしばしば言及されたりした。 だから今回は“虹”会員たちが直接彼の家を訪ねた。

キム・ジェドンの家で出る格別な悪臭に仰天して ひとしきり騒ぎたてた会員たちは、茶道テーブルに座ってお茶を共にして飲んで安定を取り戻した。 そんな中 キム・テウォンは、キム・ジェドンに「理想がどうなりますか?」と尋ねた。

すると不意に、キム・ジェドンは食卓の話を取り出した。 彼の台所に位置した食卓が「理想が買った食卓だ」というもの。 分かってみると、彼の家に訪問したソル・ギョング、ソン・ユナ カップルがプレゼントしたのだった。 「家に遊びに来たが、ご飯食べるのを見て、なぜうずくまって座ってご飯を食べるかと買ってくれた」ということ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-07-27 20:29 | Comments(0)

所属会社は社名変更でした

▼“キム・ムソン議員息子”ゴユン、ソル・ギョング会社と専属契約締結 -より抜粋
[enews24 2013-07-26 09:14]

キム・ムソン国会議員の息子と知らされて熱い話題を集めた新鋭ゴユン【KBS2ドラマ “アイリス2”でテロ団体アイリスのメンバーを演じた新人男優】が、ソル・ギョングの所属会社に巣を作った。

ソル・ギョングの所属会社は、自由エンターテインメントから最近社名をスノーボールエンターテインメントに変更した。 この会社には、ソル・ギョングの他に ソン・ユナ、イ・スギョン、ペク・チニなど、演技派俳優が大挙所属している。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-07-26 10:36 | Comments(0)

残念ですが”ミタ”韓国版になりそうです

正式発表ではないですが、局のエライ人の固有名詞が出てきたら本当かな・・・と思うわけです。
ところで、”パク・ポンニョ”って名前だと思うけど、訳しようによったら”薄幸女”ですね。

▼“黄金の帝国”後続 “家政婦パク・ポンニョ”編成確定
[スターニュース2013-07-18 08:26]

SBS月火ドラマ“黄金の帝国”後続に、日本原作リメイク ドラマ編成が確定した。

SBSイ・ヒョンジクEPは、最近 スターニュースと電話通話で「“黄金の帝国”後続に“家政婦パク・ポンニョ”(仮題、脚本ペク・ウンチョル、演出キム・ヒョンシク)が編成された」として、「異変がない限りラインナップのままに放送されるだろう」と明らかにした。

SBSは先立って“黄金の帝国”後続に、日本原作“家政婦のミタ”リメイクと“暖かい一言”を含んで3作品を検討した。 この中 チ・ジニ、ソン・ユナなどの出演が議論された“暖かい一言”の編成が有力だと占われた。

しかし、イEPは「“暖かい一言”の場合もキャスティングや編成が確定したのでなく、議論中だった状況」としながら、「会議を経て“家政婦パク・ポンニョ”がラインナップに上がった」と説明した。

“家政婦パク・ポンニョ”の原作“家政婦のミタ”は、お父さんの不倫により妻を失った一家にミステリアスな家政婦が入ってきて起こる事を描いた作品だ。

これで、KBS2TV “職場の神”【ハケンの品格】、MBC“女王の教室”に続き、地上波3社が ぞくぞく日本原作リメイクドラマをリリースして目を引く。 三番目にリリースするリメイク作“家政婦パク・ポンニョ”の成績はどうか注目される。

一方、去る1日初放送された 24部作“黄金の帝国”は、来る9月17日に放映終了する。

   ---------- ---------- ----------

ところで、NAVERとDaumのプロフィールでは、ギョングさんとユナさんの所属会社が”自由エンターテイメント”から”スノーボールエンターテイメント”に変わっています。
”自由”のサイトも消えていますが、”スノーボール”はWeb上には現れていません。会社を替わったのか、新しくできた会社なのか全く分かりません。
e0114466_11221956.jpg


実は、CMTのサイトも縮小されて、この春は一応ユナさんの姿(着ているのは新作ではありません)はありましたが、いつの間にか消えています。ブログのほうもCMT関連の更新はありません。ヒョンジが力を入れなくなったのか、方向性の変更か分かりません。

▽春のCMTのTop(と言っても1ページのみでスクロールしたら終わり) 今はもう、ユナさんの姿はありません。
e0114466_11323586.jpg


一連の事と所属会社が替わった事(それもマスコミ発表なし)、周辺がゴタついているのでしょうか?

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-07-18 11:37 | Comments(0)

白黒映画の中の女主人公のように! ソン・ユナ、イム・スジョンのブラック&ホワイトルック ―より抜粋

[ウーマン東亜日報2013-07-17 10:29]

ブラックとホワイトの単純なカラーマッチングでレッドカーペットを渉猟【しょうりょう/広い範囲を探し求める・・意味合ってるの?】したソン・ユナとイム・スジョン。 白黒映画の中の女主人公のように、ランウェーを白くて黒く染めた彼女たちのミニマル・ルックを公開する。

e0114466_1205868.jpg


ミニマルが白黒ムードを着て、もう一度私たちのそばに近づいた。 今年のシーズンの ミニマル・ルックは、ブラックとホワイトの克明なコントラストで簡潔ながらも感覚的に演出するのが特徴。 主に無駄のない白色シャツにブラックパンツをマッチしてミニマルな感性で表現する。

全体的なシルエットは、まっすぐにシンプルに落ちる直線ラインを選択して、もう少し整えられた雰囲気に演出すること。 ミニマル・ルックが単調に感じられるなら、アクセサリーにカラーポイントを与えて軽快さを加えても良い。

e0114466_121484.jpg


ソン・ユナ

ブラック&ホワイトのシンプルな姿で行事場所に現れた彼女。 クラシックな白色シャツにブラックパンツをマッチしてミニマル・ルックの定石を見せてくれた。

ルーズなシャツはパンツの中に入れて自然にボリューム感を生かして、袖は僅かにたくし上げてウェアラブルな演出したのが特徴。 ここに すっきりしたホワイトシューズとブラックショルダーバッグで端整に仕上げれば、シックさがぷんと滲み出る彼女だけのミニマル・ルック完成。 ジュエリーをブラック&ホワイトで統一した格別なスタイリング感覚も引き立って見える。

e0114466_1223418.jpg

文:アン・ミウン<ウーマン東亜日報エディター>

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-07-17 12:05 | Comments(0)

“ミッシースター”ソン・ユナの“清潭洞ブランチ外出~”

[スポーツソウル 2013-07-11 10:41]

e0114466_12234971.jpg

奇襲的な豪雨がやわらいで、しばらく蒸し暑い夏天気を取り戻した10日午後、“大韓民国賢母良妻”に変身した俳優ソン・ユナの姿が、<スポーツソウルドットコム>のカメラに捉えられた。

e0114466_12242287.jpg

この日午後、知人と一緒に清潭洞(チョンダムドン)のあるカフェを訪ねたソン・ユナは、自然に垂らしたストレート髪と化粧気ない素顔に、デニムワンピース、黒いバッグとサンダル姿の気楽な姿だった。 ソン・ユナは、息子出産と夫ソル・ギョングの内助に努めて しばらく休息期を持ったにもかかわらず、全盛期のようにスマートなスタイルときれいな美貌を見せた。 知人との楽しいおしゃべりを終えた彼女は、別れる時までも快活で明るく手を振った。

e0114466_1225667.jpg
△知人と別れる時まで明るくて快活な姿のソン・ユナ

ソン・ユナは、今年下半期放送予定のSBS月火ドラマ“暖かい一言”をはじめとする、地上波3社のドラマ出演提案を受けて現在の悩み中だと知られた。 これ以上の休息なしに演技活動を計画したと分かって、彼女を待った視聴者たちには朗報になる展望だ。

e0114466_12252560.jpg
△真っ赤な唇形の指輪と薄い金の指輪で軽く美しく飾ったソン・ユナの手

e0114466_12254219.jpg
△知人との別れることが惜しくて握手までするソン・ユナ

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-07-11 12:31 | Comments(0)

SBSドラマ 先延ばし? 代わりに「ミタ」!?・・・ますます分かりません

e0114466_19165944.jpg

▼SBS側、「“黄金”後続 “家政婦三田”編成?確定ではない」
[マイデイリー 2013-07-04 13:58]

SBSが、自社の新しい月火ドラマ“黄金の帝国”(脚本パク・ギョンス、演出チョ・ナムグク)後続で、三作品を置いて苦心中だ。

SBSドラマ局高位関係者は、4日 マイデイリーとの通話で「現在“黄金の帝国”後続で、“暖かい一言”、“家政婦三田”(仮題)を含めて三作品を置いて検討中だ。 来週中に決定されるだろう」と伝えた。

先立って、今日午前 ある媒体は、SBSが“黄金の帝国”後続に“暖かい一言”の代わりに“家政婦 三田”を編成すると報道した。 “暖かい一言”は、俳優チ・ジニ、ソン・ユナが検討中の作品で、“黄金の帝国”後続編成が有力視された。

“家政婦 三田”は、日本NTVの人気同名ドラマを原作にした作品だ。 お父さんの不倫でお母さんが自殺した家に、ミステリアスな家政婦が入ってきて広がる事を描く。 ドラマ“幽霊”、“サイン”などを演出したキム・ヒョンシクPDと“最強チル”を執筆したペク・ウンチョル作家が呼吸を合わせる予定であり、俳優キャスティング中だと知られた。

e0114466_19172756.jpg


▼ソン・ユナ候補“暖かい一言”、SBS編成留保
[毎日経済 2013-07-04 12:07]

俳優ソン・ユナが出演を嘱望されて9月放送される予定だったドラマ“暖かい一言”(脚本ハ・ミョンヒ、演出チェ・ヨンフン)が、SBS編成が留保されたと伝えられた。

“暖かい一言”は、“黄金の帝国”後続で放送される予定だった。 しかし、内部会議の挙句に放送が延ばされたと分かった。

SBS編成チーム関係者は4日、「初めから“暖かい一言”が編成されると伝達を受けた事項がない」として、「さまざまなドラマラインナップが決まっているのではない。 現在までは“黄金の帝国”まで放送確定だった」と明らかにした。

一方、先立って、ソン・ユナは“暖かい一言”出演を嘱望されたが、「確定したのはない」という立場を明らかにしたことがある。

e0114466_1918090.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-07-04 19:20 | Comments(2)