Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

“ヒーリング”製作スタッフ “ソン・ユナ事前ミーティングずっと嗚咽”

[スポーツ朝鮮 2013-04-02 15:05]

生涯初めてのトークショーに出演したソル・ギョングの出演の後で、妻ソン・ユナの涙ビハインドストーリーが公開されて周囲を切なくさせている。

ソル・ギョングは、去る2週にかけてSBS“ヒーリングキャンプ、楽しいじゃないか”に出演して、これまでの人生と離婚と再婚などを取り囲んだデマに対して初めて口を開いて多くの視聴者たちの関心を集めた。

これに対し製作チームは「ソル・ギョングが出演する決心を固める直前まで、ソン・ユナの精神的苦労も激しかった」として、交渉ビハインドストーリーを伝えた。

ソル・ギョングとの事前ミーティングの他にも、ソン・ユナの立場を聞くために約3時間ほどソン・ユナと会ったと分かった製作スタッフは、「ソン・ユナもソル・ギョングと同じように自身に対する話、ソル・ギョングと放送を進める全ての要請の話などを伝えて長時間涙を流した」とした。

番組関係者は「二人に対する悪性デマが多かっただけに、十分に話を聞かなければならなかった」として、「初めてのトークショーに出演する夫を心配する妻の心もまた伝えられたので、事前ミーティングが可能だった。 とめどなく涙を流したソン・ユナもたくさん痛く感じた」と切ない心を伝えた。

これに対し「ソル・ギョングが、映画広報期間でないにも果敢にTV出演を決めた理由の中の一つは、愛する娘とソン・ユナ、そして息子のため」としながら、「幸せな家庭を設けて元気に暮らしているだけに、真心を伝えたかったこと」と付け加えた。

しかし、先月25日の初放送に先立ちソル・ギョングの出演を反対する3千個余りの掲示文が載ってきて、空前絶後な交渉論争が起きたことがあるが、製作スタッフは放送を押し切った。

これに対し、二人のある側近は「厳しい2週だった。 放送を見ながら二人は再び涙を流した」として、「今回の放送を通じて全ての誤解が解けると思わないけれど、もう幸せな家庭を設けて生きる彼らに向かった非難は無くなったら良いだろう」と伝えた。

一方、この日の放送でソン・ユナは「結婚して5年になったが、兄さんが私の夫ということが、私たちの息子がいるということが信じられない。 この頃私は感謝して生きたい。 私たちそのように生きよう。 時間が過ぎるほど あなたは私に最高の男、最高の夫だ」という内容が込められた手書きの手紙を伝えたし、手紙を聞いたソル・ギョングは熱い涙をこぼして、二人の切ない真心が視聴者たちに伝えられるように願った。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-04-02 20:07 | Comments(4)

「ヒーリングキャンプ」ソル・ギョング編 その他記事 ②

▼ソル・ギョング“ソン・ユナに子供持たないと言った”
[NEWSEN 2013-04-02 07:41:07]

ソル・ギョングは4月1日放送されたSBS “ヒーリングキャンプ、楽しいじゃないか”で、ソン・ユナと再婚に関するデマに対して明らかにして「ソン・ユナに、君とは子を持てないという酷い話までした」と話した。

ソル・ギョングは「私たちの間に子が生まれて、その子に良くしてあげる自信がない。 私が傷つけた子がいるためだ」として、前妻との間に生まれた高校生の娘に対する申し訳ない思いを明らかにした。

ソル・ギョングは「私が傷を多くつけながら生きるようだ。私というものが傷つけて生きるようだ」と難しい心を打ち明けた。

▼ソル・ギョング“ソン・ユナにプロポーズ? 夢見ることも出来なかった”かえって結婚止めた内部事情 ―より抜粋
[韓国日報 2013-04-02 07:36]

ソル・ギョングが、結婚直前までソン・ユナに「考え直してみなさい」として引き止めたという。

ソル・ギョングは「つきあおうといってつきあったのでもなかった。 そのような立場でもなかった。 図々しくどのように」として、あえてソン・ユナとの交際の欲を出すこともできなかったと明らかにした。

以後、ソル・ギョングは彼女と結婚する1年前、さらに結婚前日までも「結婚を考え直してみよう」と話したと明らかにして、MCをびっくりさせた。 当時最高の嫁候補者と指折られるソン・ユナとの結婚で、ソル・ギョングは彼女の人生の足を引っ張らないだろうか悩まないわけにはいかなかったのだ。

「先に結婚決心をできなかったようだ」というMCの質問に、ソル・キョングは「とても申し訳なくて“君まともな精神状態か”と尋ねたところ、自分も分からないと言ったよ」と話した。 結婚以後にも、ソル・ギョングは前妻の間に産んだ娘を傷つけたことを意識、ソン・ユナに「私は子を持てない。 私たちの間に生まれる子供によくする自信がない。 私が傷つけた子供がいるからだ」と話したとし、「慰労をしても足りない私が、かえって傷つけた」として、妻ソン・ユナに申し訳ない心を告白した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-04-02 14:46 | Comments(0)

「ヒーリングキャンプ」ソル・ギョング編 その他記事 ①

▼ソル・ギョング 悪性デックル言及“これで死ぬんだな”
[毎日経済 2013-04-02 09:01]

俳優ソル・ギョングが、悪性デックル【書き込み】で大変な苦衷を打ち明けた。

去る1日放送されたSBS“ヒーリングキャンプ、楽しいじゃないか”で、ソル・ギョングは自身を囲んだデマに対して釈明した。

この日ソル・キョングは、デマによってソン・ユナが精神的苦労をしているとし「今でも火病【かびょう:朝鮮民族特有のストレス障害を起こす精神疾患(Wikiより)】が出ている状態だ。 それで一言だけ言わなければならないように見えて出てきたこと」と話し始めた。

彼は「私が映画関人生に対してする話が何があるか。 唯一してあげられるのが、この話しかなかったよ。 こういう話をすると解決されるものではない。 デックルがものすごく上がってくるだろう」と。一度に変わる視線を期待しはしないと伝えた。

引き続き「デックルノイローゼがある。 私は見ないが恐ろしい。 “これで死ぬんだな”思った。 そこに落ち込んでみると、それが全部みたいに考えられる」として、「矢のような言葉がある」と悪性デックルによる傷を打ち明けた。

また、ソル・ギョングは「これを話して状況が変わるという考えはしないが、言うことは言わなければならないと考える」と強調した。

▼ソル・ギョング口を開いて“前妻とソン・ユナ・・・とても哀れで”
[MBN 2013-04-02 07:49]

俳優ソル・ギョングが、妻ソン・ユナに対する申し訳ない思いを表わしました。

1日放送されたある芸能番組に出演したソル・ギョングは「ソン・ユナが女として、とてもぞっとする話を後輩から聞いたと言ったよ。 後輩が『苦しい。 一生緋文字を持って生きなければならない』という話をしたというが、平凡に生きなければならない人が男を誤って選んで、開始からこれをみな持って生きたし生きている」と打ち明けました。

引き続き、ソル・ギョングは「前妻も傷つけたし、ソン・ユナも傷つけている。 事実哀れだ。 毎日毎日勝ち抜こうとするのが見えるのに、私にはなかったふりをする姿がさらに痛ましい」として、「毎日毎日耐えるソン・ユナの姿を見ればとても気に病む。 私という人が傷つけて通るようだ。 私のためにそのようで、全て申し訳ない」と話して、目頭を赤らめました。

ソン・ユナに最も申し訳ない点に対して、ソル・キョングは「私と結婚したのが一番申し訳ない。 しなかったらそのような話も聞かなくて・・・」として、「イメージも良かったのに、私と結婚しながらイメージも墜落して。 ある時は戻したい気になる。 しかし、放そうとすれば遅れたし、戻そうとすれば取り返しがつかなくて。 頭が複雑だ」と率直な心境を告白しました。

一方、この報せに接したネチズンは『それでもソン・ユナを思う真心が感じられる』 『ソル・ギョング本当に最高の俳優だが』 『二人とも哀れだ』 『お二人様幸せだったら良いだろう』などの反応を見せました。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-04-02 14:45 | Comments(0)

“ヒーリングキャンプ” ソル・ギョング デマ釈明“離婚後ソン・ユナ会った”

[エックススポーツニュース 2013-04-02 00:21/2013.04.02 00:32]

e0114466_317318.jpg俳優ソル・ギョングが、妻ソン・ユナとのデマと誤解に対して釈明した。

ソル・ギョングは、1日放送されたSBSトークショー“ヒーリングキャンプ、楽しいじゃないか” 88回に出演して、離婚の直接的な理由がソン・ユナのせいというデマに対して言及した。

この日の放送で、ソル・キョングは「離婚デマは2002年映画“光復節特赦”から遡ります」として、「噂が立って、結果 欠片【パズルのピース】に合わされたようだ」と言った。引き続き「答える必要がなくて話をしなかったが、そうしてみると いつの間にか噂が事実になっていた」と明らかにした。

だが、当時 彼はデマに対していちいち対応する状況ではなかったと伝えた。 彼は「幼い娘にすでに多くの損傷【心の傷】を与えたので、ソン・ユナに申し訳ないが堪えて欲しいとお願いした」と当時を回想した。

引き続き、彼は「このような決定のために、過ぎ去ることと考えたことが過ぎ去らなかった」として、「ソン・ユナが、自分のために後輩から“一生 緋文字【姦通の烙印】を付けて生きなければならなくて”という、ぞっとする言葉を聞かなければならなかった」と心痛めた。ソル・ギョングは「この席を借りてソン・ユナさんのために離婚したのは事実でない」と、もう一度繰り返し強調した。

一方、この日ソル・ギョングは2007年序盤にソン・ユナと近づいたと打ち明けた。

MCキム・ジェドンは、ソル・ギョングに「ソン・ユナといつから出会いを持つようになったか」と尋ねた。

これに対し、ソル・キョングは「2007年度初めに近づいた」としながら、「(しかし)付き合おうと言って付き合った仲ではない」と答えた。 当時 自分はそのような話をする立場も、位置でもなかったと付け加えた。

引き続き、ソル・ギョングは「実は私がマネジャーとの問題で2007年度にソン・ユナさんの企画会社に入ることになった」としながら、「所属会社が住商複合の建物の中にあった。 ちょうど行く所がなかったので所属会社のそばの家に住むことになったが、これがソン・ユナさんと同居をするという誤解を生むようにしたようだ」と打ち明けた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-04-02 03:17 | Comments(0)

ソル・ギョング、ソン・ユナ手書きの手紙に嗚咽“私には最高の夫だ”

[NEWSEN 2013-04-02 00:28:13]
e0114466_3114297.jpg

ソン・ユナ手書きの手紙にソル・ギョングが嗚咽した。

ソル・ギョングは、4月1日放送されたSBS “ヒーリングキャンプ、楽しいじゃないか”で、ソン・ユナが書いたという手紙を受けて感情を収拾できなかった。

ハン・ヘジンがソン・ユナの手紙を代わりに読んだ。 ソン・ユナは『兄さんがカメラの前でどれくらい脂汗をかいているか考えると心が良くない。 長期間製作スタッフの努力で出演決心したのが、どれくらい難しい決心であったか分かるから気が重い。 この手紙難しく書くんだ』と書いた。

ソン・ユナは『結婚して5年になっていくのに、兄さんが私の夫でスンユンが息子ということが実感できない。 平凡に始めて普通の夫婦のように笑って祝福受けて生きることになるという期待が、私にはとても大きい望みになって切実な願いになった。 願望もたくさんしたが、兄さんはどれくらい骨を折ったか考えれば、その心をどのように伝達することができるだろうか』と文を繋いだ。

ソン・ユナの手紙に、ソル・キョングは涙を流し始めるとますます押さえつけられた声を出しながら嗚咽した。

ソン・ユナは『ペンをとる前には、何の話どう書くのか困り果てたたが、むしろ言いたい、しなければならなそうな話が多くて、文が書けない。 それもまた心の中に残しておく。 この頃 私は度々たくさん深く感謝しながら生きたい。 生きていって感謝しなければならない部分が多いから、そのように生きよう。 時間が過ぎるほど私に最高の男、最高の夫だ』として、『あなた本当に素敵な人だ。 すべての部分がそうだというのは絶対ではない。 今日苦労多い。 明日素敵に朝食整える。 愛していますソル・ギョングさん』と手紙に書いた。

ソル・ギョングは、しばらくの間涙を止めることができなかった。イ・ギョンギュもソル・ギョングの涙に共に涙を見せた

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2013-04-02 03:15 | Comments(0)