Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ソン・ユナ、厚いパッディングでも隠すことはできない優れた姿

[TVdaily 2012.10.29(月)09:33]
e0114466_131992.jpg

俳優ソン・ユナが優れた姿を誇る冬ファッション画譜を公開した。

ファッショングループ ヒョンジの女性ファストファッションブランドCMTが、ブランドモデルであるソン・ユナと共にした2012冬コレクションを公開したこと。

e0114466_13185520.jpg

ソン・ユナは今回の画譜を通じて、パッディングジャンパーとウールコート、革・ファーのジャケットなど、多様なアウタースタイルを披露した。 ややもすると分厚く見え得るパッディングジャンパーにベルトやマフラーなどのアクセサリーを適切にマッチして、変わりないスマートなスタイルを表わした。 それだけでなく、チェックパターンのウールコートやファーのジャケットなどのクラシックなアウターも完璧に消化して、ファッショニスタらしい面目を誇示した。

関係者によれば、ソン・ユナは直接焼いてきたクッキーを全てのスタッフに配って画譜撮影中ずっと現場の雰囲気を温かく導いた。 ソン・ユナは「冬季に服を着る時、温かさを優先順位に置く方」としながら、「CMTの今回の冬コレクションは、保温性はもちろんカラーと素材の多様さでスタイリッシュなようだ」と紹介した。

e0114466_13192634.jpg

CMT関係者は「普段洗練されて優雅なスタイルのソン・ユナを通じて衣装がよく表現されたようだ」と伝えた。

ソン・ユナが撮影したCMTの2012冬シーズン画譜は、ホームページ及び全国の売り場を通じて会ってみることができる。

e0114466_13194518.jpg

[写真提供=CMT]

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2012-10-29 13:21 | Comments(2)

ポーラーフリースジャケット着たソン・ユナ 

[NEWSIS 2012-10-18 13:10]
e0114466_10333519.jpg

ファッショングループ ヒョンジ(会長チェ・ビョンオ)の女性ファストファッション ブランドCMTが 18日ポーラーフリースジャケットを発売して、ブランドモデル ソン・ユナと共にした2012冬画譜の一部を公開した。 ポーラーフリースジャケットは、セピアとパープル2種類のカラーで発売される。 (写真=ファッショングループ ヒョンジ提供)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2012-10-18 20:03 | Comments(0)

スンちゃん、ドラマにバラエティーに活躍中

▽キム・スンウ 10年前のフンナム容貌新たに話題“貴公子また見るとうれしくて” ―より
[NEWSEN 2012-10-17 11:23:39]
e0114466_11143889.jpg

俳優キム・スンウの20代時期のフンナム【イケメン】容貌が、インターネットユーザーの間で広く注目されている。

最近オンライン コミュニティを中心に、キム・スンウの1990~2000年代の代表作出演当時の姿を集めた写真が速く広がって、キム・スンウの“リーズ時代”【全盛期】が新たに話題になっていること。

このポスティング【ネット上に文を掲示】には、キム・スンウが当代最高女優たちと呼吸を合わせて女心を動かした人気ドラマと映画の中の場面が捕らえられた。 ドラマ“シンデレラ(1997年作)”ファン・シネとイ・スンヨン、“新貴公子(2000年作)”チェ・ジウと共に演技した当時の貴公子容貌が引き立って見えて、興味深い四角関係を形成した“ホテリアー(2001年作)”でペ・ヨンジュン、ソン・ユナ、ソン・ヘギョと共に撮影した写真も目立つ。 映画“ゴーストマンマ(1996年作)”で故チェ・ジンシル、“花を持った男(1997年作)”でシム・ヘジンと甘いラブラインを見せた当時の姿が郷愁を呼び起こしてもいる。

これに接したインターネットユーザーは『キム・スンウのあどけない貴公子容貌、また見るととてもうれしい』、『“ホテリアー“本当におもしろく見たが、その時キム・スンウが見せた甘いメロをまた見たい』など熱い反応を見せている。 キム・スンウは、最近 tvN ”第3病院“でカリスマ医師の役を披露していて、KBS 2TV ”常勝疾走“と”ハッピーサンデー-1泊2日“でウィットあふれる姿で視聴者たちに会っている。ファンたちの願うように感性を刺激するキム・スンウ印メロが始まるのか関心が集中する状況。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2012-10-18 11:19 | Comments(4)

“光海、王になった男”のチュ・チャンミン監督インタビュー記事より

e0114466_2144452.jpgイ・ビョンホン初の史劇でコメディで、1000万観客動員目前の映画“光海、王になった男”を撮ったチュ・チャンミン監督は、例の”愛をのがす”を撮った監督さんです。

・・・で、この頃チュ監督のインタビュー記事が出ているので、興行的には失敗したと言われている”愛をのがす”のことを監督自身はどう思っているのか知りたくて、調べてみました。

”光海”は、すでに企画・シナリオが出来上がっていて、撮るはずだった監督が降りてチュ監督に回ってきた作品です。”愛をのがす”は、監督初作品の”麻婆島”の前から監督が温めていた作品でした。


まずは、監督の4作品の立ち位置から
▽聯合ニュース 2012-10-15 06:01
チュ監督は“麻婆島(マパド)”(2005)、“愛をのがす”(2006)、“あなたを愛しています”(2011)に続き、四回目の映画で1千万観客動員を目前に置くことになった。 初めての作品“麻婆島”は309万人を動員して興行したが、“愛をのがす”はソル・ギョング、ソン・ユナが主役を演じたのに興行には失敗した。 “あなたを愛しています”は少ない製作費でスターキャスティングなくとも164万人を集めて成功した。


▽moveweek 2012-10-11 16:30
―製作費規模がこのように大きい映画を演出したのは初めてだ。このような環境ではかえって演出の集中度が高まると思うが、どうなのか?

環境的豊かさから集中できるのは明らかだ。 ところが、製作費規模が大きいということは、商業映画の枠組みに忠実な映画を作るしかないという意でもある。 監督がしたい話よりは、大衆が聞きたい話にもう少し耳を傾けるしかない限界点が確かにある。 始めからCJ E&Mで企画した映画であり、初めてシナリオを見た時も“私がこれを撮ってカンヌ国際映画祭に行かなければならない”でなく(笑い) “うまく撮れば大衆が好むことができる”から考えた。 その原則に忠実にさせるために努力したし、滑らかだという話を聞く理由も、楽に見ることができるという意であるようだ。 最大限それを念頭に置いて撮って編集した。 たとえば、[愛をのがす](2006)のように、呼吸を長く与えて撮れば、その呼吸に付いて来る人にだけ面白い映画であって、多くの人はうんざりすると感じる。 今回の映画は徹底的に大衆と息を合わせようと努力した。 難しく感じられそうな部分は避けた。


『呼吸が長い』とは どういったことなんでしょうか。韓国では普通に分かる言葉なのか、監督独特の言い回しなのか。 
▽朝鮮日報2012-10-15 03:07― 
―100億ウォン以上製作費が掛かった本格的な商業映画演出は初めてだった。

前作”愛をのがす“(2006)のような映画を見れば呼吸が長い。 ”30秒だけのがしても映画を理解できなくてつまらない“という話も聞いた。 反面、光海は誰でも簡単に見ることができて、少しの間の流れをのがしても付いて行くことができるようにさせた。 私が話そうと思うことよりは、相手が何を聞きたいかを悩んだ結果だ。


まだ4作品しか撮ってないから、これから徐々に理想と現実と折り合いをつけていくのかな?


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2012-10-15 22:11 | Comments(2)

芸能部記者たちが選んだ“愛するほかはないスター”ソン・ユナ

[財経日報 2012.10.10 15:18]
e0114466_19583870.jpg

俳優ソン・ユナが、芸能部記者たちが選んだ“最も良い記事を書いてあげたいスター”に挙げられた。

Eチャネル【ケーブルテレビ】“勇敢なトーク-特別記者会見”に出演中の芸能部記者たちは、インタビューに関する話を交わして、俳優ソン・ユナと関連したエピソードを打ち明けた。

記者たちが明らかにしたソン・ユナの魅力は、まさに 自身の記事を几帳面に読んだ後、記者に直接電話をかけて“記事良かった。“として、感謝の挨拶を怠らないということだ。

自身が書いた記事を 該当芸能人が関心を持って見守っていると考えれば、記事を書く時も きつくて直接的な表現よりは もう少し柔らかい表現を探して書くようになると話して共感を得た。

ある演芸部記者は「私もソン・ユナから電話を受けたことがある。 俳優が記者に直接電話をかける場合があまりないので慌てたが、すぐに彼女に忠誠を誓った。」と話して、ソン・ユナに対する好意的な記事を書くほかはない(?)理由に対して説明を付け加えた。

記者たちが口を揃えて褒めたソン・ユナの魅力は、来る11日(木)夜11時 Eチャネル“勇敢なトーク-特別記者会見”を通じて確認することができる。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2012-10-10 20:02 | Comments(2)