Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

CMT公式HPのTOPページが2011冬仕様に

▽ 『CMT 公式HP』

いつ頃になるでしょう、カタログに冬のファッションで登場するのが楽しみです。

e0114466_2152173.jpg
e0114466_2152164.jpg
e0114466_21522892.jpg
e0114466_21523911.jpg


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-25 21:58 | Comments(0)

[現場フォト]“シック着た美女★”・・・ハ・ジウォン、ソン・ユナ、ブラックコート対決

[Dispatch 2011-11-21 20:39]
e0114466_1112564.jpg


21日午後8時 ソウル、城東区(ソンドング)、往十里(ワンシムニ)CGVで、ソン・イェジン、イ・ミンギ主演の映画“ゾッとする恋愛” VIP試写会が進行された。

この日試写会に参加したハ・ジウォンとソン・ユナは、冬の雰囲気が充満するブラックのコートでシックな魅力を表わした。

e0114466_1113228.jpg

ケープコートで下衣失踪ファッション【ボトムを穿いていないように見えるスタイル】を完成したハ・ジウォンとは違って、ソン・ユナは優雅なロングコートで格別なスタイルを披露した。

e0114466_11133434.jpg

一方、映画“ゾッとする恋愛”は、予期しない事故以後でオバケを見ることになった女ヨリ(ソン・イェジン)とオバケと魔術する男チョグ(イ・ミンギ)のスリルあふれる恋愛談を描いた映画で、来る12月1日封切る予定だ。

e0114466_1114866.jpg
e0114466_11145774.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-22 11:15 | Comments(0)

ソン・ユナ”楽しい試写会外出”

[TVリポート 2011-11-21 20:48]
e0114466_22591633.jpg

21日午後 ソウル、往十里(ワンシムニ)CGVで開かれた、映画”ゾッとする恋愛”(監督ファン・イノ、想像フィルム製作)のVIP試写会に参加した俳優ソン・ユナが、フォトタイムを持っている。

e0114466_23142759.jpg
e0114466_2303664.jpg
e0114466_231465.jpg

マイクの塊、重そう・・・
e0114466_232252.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-21 23:05 | Comments(1)

芸能人の友達少ないソン・イェジン、ソン・ユナと格別な縁

[スポーツ韓国 2011-11-15 06:06]
e0114466_8445916.jpg

[1mmを探せ!] ”タワー”では夫ソル・ギョングと撮影・・・ 行事場所で初めての出会い後、親しくなって

芸能人の友達が多くない俳優ソン・イェジン。 彼女が最近「もう日の当る場所に出てこなければならない」と宣言した。 最近ある芸能情報番組に出演したソン・イェジンは、「芸能人の友達がたくさんできた。 ソン・ユナ姉さんと親しくて、ソル・ギョング先輩も親しい。 コン・ヒョジン姉さん、ユン・ウネさんと皆んな本当に親しい」と人脈を公開した。

その中でソン・イェジンは、ソン・ユナと格別な親密なよしみを積んでいる。 二人はどのように関係を開くことになったのだろうか? ソン・イェジンが現在撮影中の映画”タワー”(監督キム・ジフン)の男主人公ソル・ギョングと親しくなって、彼の妻のソン・ユナとも出会いが頻繁になったと考えやすい。 だが、二人はソル・ギョングとは別個に縁を結んだ,

ソン・イェジンとソン・ユナは、ある行事場所に行って偶然に会った。 当時、恥ずかしがり屋であるソン・イェジンの代わりに、ソン・ユナが先に挨拶をして連絡先を尋ねた。 以後、二人は別に出会いを持って親密なよしみを積んだ。 ソン・イェジンは、ソン・ユナの家にもしばしば遊びに行くほどだ。 ”タワー”のある関係者は「映画の中では、ソル・ギョングとソン・イェジンが遭う場面が多くない。 ソン・ユナの招待で家に遊びに来たソン・イェジンが、むしろ仕事を終えて帰ってきたソル・キョングと会って対話をする時間が多いという」と仄めかしした。

コン・ヒョジンとは、運動をして会った。 演技と運動という共通分母を持った二人は、急速に親しくなった。 以後、お互いの内部事情も打ち明けて、親密なよしみを維持している。 ソン・イェジンは「同じ職種にいる人々の哀歓を分かち合うことができる。 これまで女優たちと親しくなる機会がなかった。 このように時間がはやく行くのに”私がこのように生きるのが良いのだろうか”という気がした」と告白した。

”ゾッとする恋愛”(監督 ファン・イノ、製作 想像フィルム)の封切りを控えたソン・イェジンの人脈は、VIP試写会を通じて確認される展望だ。 映画の封切りを控えて 俳優および製作スタッフの知人を招くVIP試写会は、該当俳優たちの人脈が分かるバロメーターになるためだ。

”ゾッとする恋愛”は、おばけを見る能力を持った女 ヨリ(ソン・イェジン)とホラー魔術師だが恐ろしいことは耐えられない男 チョグ(イ・ミンギ)が愛を育てていく過程を入れた作品だ。 来る12月 開封される。


▽こちらは、ヒョンジグループのサイトにあったCMTブランドページから。これから出る冬物の先取りだと思われます。
e0114466_8453015.jpg
e0114466_8454147.jpg
e0114466_8455342.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-15 08:50 | Comments(2)

ソン・ユナ、夫のためにピザ100枚!

※CMT画像1枚貼り替えました。11/8

[スポーツ韓国 2011-11-07 06:06]

ソル・ギョング主演 ”タワー”撮影応援

俳優ソン・ユナが、夫ソル・ギョングのために物心両面で精を尽くしている。

ソン・ユナは先月、ソル・ギョングが主役を演じた映画”タワー”(監督キム・ジフン、製作CJE&M映画部門)の撮影現場を直接訪ねた。 ピザ100枚を持ってきたソン・ユナは、出演陣と製作スタッフにピザを接待して督励した。 ”タワー”のある関係者は、「予期しない訪問で、皆が嬉しがった。 この頃 朝夕の天気が寒くなって、製作スタッフと出演陣が疲れていきつつある状況だったが、ソン・ユナのピザが大きい力になった」と伝えた。

ソン・ユナは以前にも、モチを直接あつらえて ”タワー”撮影会場を訪問することもした。 しかし、ソン・ユナは映画撮影に邪魔になるかと、しばらく留まって静かに帰宅したと伝えられた。 この関係者は「ソル・ギョングは、”タワー”主演俳優たちの中で最も年長だ。 だから、妻ソン・ユナが後輩俳優たちとスタッフを励ますために直接出た。 ソル・ギョング、ソン・ユナ二人とも煩雑らしいのを好まない性格だから、ソン・ユナが撮影会場に来たということを知らされないように、静かに立ち寄った」と付け加えた。

”タワー”は、クリスマスイブ、ソウルの超高層ビルディングで発生した最悪の火災の中でお互いの手を離さない強い人々の話を盛り込んだ韓国版ブロックバスターだ。

▼[NEWSEN 2011-11-07 10:07:36]―より抜粋
ソン・ユナ所属会社側関係者は、11月7日 ニュースエンと通話で「ピザ100枚を持って撮影会場を訪ねたのは、実は最近の事ではない」として、「しかし、その前にも応援のため しばしば行き来した。 今更の事ではない」と話した。

引き続き、「この日と決めて行くべきだとして行くのではないために、また訪問することになるかは、よく分からない」として、「ソル・ギョングさんと一緒に苦労しておられた俳優スタッフたちのために、応援の贈り物になれば良い気持ちで質素に準備したのだ。 良い気持ちで見てあげられたら良いだろう」と伝えた。

▽下は記事とは関係なくて、CMTの感謝セールの画像です。
e0114466_1530585.jpg
e0114466_20554174.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-07 15:34 | Comments(0)

[Why] [その作品その都市] 映画”愛をのがす”―全州

[朝鮮日報 2011-11-05 19:50/ペク・ヨンオク 小説家]

10年ぶりに再会、また再び躊躇った
片思いに疲れてケガした心はそこへ行く

e0114466_8324453.jpg
△故郷はケガした心を休ませる唯一の安息所だ。 映画“愛をのがす”の背景の全州の韓屋村(ハノク マウル)は疲れた現代人たちの心を心安らかにしてくれる。

この映画を見て二回驚いた。 ”シルミ島”、”力道山”のような映画で最高の興行俳優だったソル・ギョングとソン・ユナの熱演にもかかわらず、興行に失敗したということ。 何より驚くべきだったのは、このように穏やかで淡い映画を作った監督の前作が、乱暴なおばあさんたちの残酷コメディ”麻婆島(マパド)”という事実のためだった。 ”麻婆島”と”愛をのがす”の間隔がとても広くて、私は このように間隙が大きい映画を作る監督たちのリストを作ってみたりもした。

「別れて!」で始める映画が好きにならない道理がない。 これはあまりにも限りない個人的好みだけど、こういうモチーフがとても好きで、いつか”振られた人のための七時朝食会”という題名の短編をすべて書いたほどだ。 この映画の中の”ウジェ”と”ヨンス”は大学同窓で、お互いがお互いをよく分かると信じる懇意な友達の仲だ。 200日なった恋人と別れたウジェが、ぎゃあぎゃあ大声を出して酒を飲んで馬鹿騒ぎする時、心の中だけで彼を好きだったヨンスは、ウジェに慰労の酒をついであげて、ひそかに吸えないタバコを吸いまくって、ぼうっと窓の外だけ見下ろす。

恋人に蹴られたと腹立ちまぎれに軍隊に行ったこの男ウジェは、固い決心をして自身に面会に来たヨンスに「おや、お前女らしくなった、化粧もすべてしたな! 恋愛するのか?」のような分からない言葉だけ言う。 片思いがどれくらい大変なのかを知る人なら、ターミナルから最終便に乗って家へ帰る途中でヨンスが床に捨てたウジェの写真がどれくらい胸が痛いことかもよく分かるだろう。 漕艇選手だったウジェが漕艇コーチになって、獣医学科学生だったヨンスが動物病院院長になるくらいの時間が流れた後に、彼らは偶然にまた会う。

ヨンス(연수)の”ス(수)”が수(水)かも知れないないと考えたのは、彼女の故郷の家の周辺がとても平和に見えてからだった。 もちろんヨンスは水とよく似合う。 相変わらず一人の男が好きで、これといって整えなくても美しいものがある女だから。 水と似た気立てを持った彼女と、彼女の故郷の家はよく似合う。 長いヤナギが茂って葦畑が開かれた美しい全州の東上貯水池の風景は、ホ・ジノの”春の日は行く”の小川と奇異な対句を成している。 そのような童話的な風景の中では、誰でも愛に陥らなければならないが、突然ヨンスの故郷の家に訪ねてきたウジェの突発行動も、そのような風景の中でなら格別説明なくても理解できる。

私たちが故郷を思い出す時、想像できるすべての場面。 たとえば、美しい屋根を持った田舎の家と古い木で作ったピョンサン【縁台】、大きな団扇を持って蚊を追って娘に温かいご飯をして食べさせるママ、小道、風が吹けば しなやかに揺れる木々と目を洗い出されそうな日差し。これら全てのものは、ヨンスの愛に従って、彼女側に5度ぐらい傾いている。 恐らく片思いする女に必要なものは、ケガした心を休ませてくれる故郷が唯一の安息所かも知れない。

”親切なのでなく、好きなんです!”

片思いに対して言うことができる言葉が幾つもあるでしょうが、私はこの映画のセリフを引用して、このように言うつもりだ。 愛と友情の間を見定める男女の歴史が長久になるほど、こんな有用なセリフはノートに書き込んで後にでも使うことだ。

10年を躊躇して片思いして、10年ぶりに会って愛するところだが、また躊躇して行き違う愛を話すのに多くの単語が必要なのではない。 もし誰かウジェとヨンスを見て、愛に対する役に立つ忠告をしてあげることができるなら、”愛はタイミング”という言葉だけだと思った。

愛はタイミングだ。 それが愛であることを証明するものなどの間に立っていてこそ、感じることができるのだ。 世の中のあらゆる事物が、石と花が葦と湖が、そのようにささやかなければならない。 「イチョウはちょうどそばにいる木とだけペアを組むって」というヨンスの言葉のように、道を歩いて会うイチョウでも愛の跡を感じるべきだ。 そして、ターミナルを抜け出るバスの後ろ姿を遠くから眺めることでも、閉じられている動物病院を眺めることでも、愛の影であることを感じて知るようにならなければならない。 何より男と女を結びつける見えないメッセンジャーがいるはずだ。 ウジェも漕艇部監督の話を聞いて、自身の心に気付く。

e0114466_833873.jpg「昔に、ある間抜けな奴がリンゴを盗んで捕まった。 リンゴ畑の主人が ここで一番大きいリンゴを取ってくれば なかったことにすると言ったんだ。 リンゴを取りに行ったが、取ろうとしたら そばにあるリンゴがもっと大きく見えて、取ろうとしたら そばのリンゴがもっと大きいようで。 結局一つも取れないで、時間だけ全部過ぎ去った。 何の話なのか分かるか? これだと思えば捕まえるの! のがして後悔するな。」

ある人にはタイミング合わせるのがそんなにも難しい。

●愛をのがす: 2006年 チュ・チャンミン監督作品。 監督自身のエピソードを土台に直接シナリオを書いた。 ”光復節特赦”で呼吸を合わせたソン・ユナとソル・ギョングが、それぞれヨンスとウジェ役を受け持って、この映画以後結婚した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-06 08:54 | Comments(0)

育児オールイン ソン・ユナ“来年には家だけに居ないよ”

[スポーツ東亜 2011-11-05 07:08]

ドラマ決定の時は4年ぶりに居間カムバック

“来年には無条件演技しなければならないですね。”

俳優ソン・ユナが、来年 ドラマでカムバックする可能性が高くなった。

ソン・ユナは、昨年 映画“シークレット”と“ウェディングドレス”に出演した後、育児と夫ソル・ギョングの内助に専念してきた。 この頃彼女は、出演提案が入ってきた作品の中からカムバック作を選んでいる。

所属会社自由エンターテインメント側は「今年は特別な活動なしに送ったが、来年には演技者で またご挨拶するようだ。 決めたものはないが、ドラマを主に検討している」と明らかにした。

現在、ソン・ユナ側で カムバック候補として検討するドラマは5~6編くらい。 地上波放送会社と総合編成チャネルから出演提案を受けた。 ソン・ユナがドラマに帰ってくれば、2008年“オンエア”以後4年ぶりだ。

一方、ソン・ユナは最近、衣類ブランド広告に続き、調味料“サンドレ”の広告モデル契約を結んで、コ・ソヨンなどと共に“ミッシースター” CFモデル隊列に合流した。

e0114466_10593282.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-05 11:00 | Comments(0)

残念ながら、今年の大韓民国映画大賞の開催は無くなりました

そろそろ大韓民国映画大賞開催のニュースが出てもいい頃だと、先日から探していましたが、中止の記事が今日一斉に出ました。

▼大韓民国映画大賞開催中止 “スポンサー探せなくて”
[世界日報 2011-11-04 16:05]

e0114466_2051136.jpg毎年12月MBCが主催する大韓民国映画大賞授賞式を、今年は見られなくなった。

4日 MBC側によれば、今年で9回目をむかえる大韓民国映画大賞開催が中止になった。 メイン スポンサーを探すことができなかったためだ。

大韓民国映画大賞は、先立って2009年にも景気不振、および事業縮小で開催されることができなかった。 昨年2010年には現代自動車がメイン スポンサーに出て、SKテレコムが協賛して、8回授賞式が開かれた。

このように、2回も映画祭が財政上の問題で中止になって、複数の関係者は、今後の映画祭存廃可否に対して憂慮を現わしている状況。 MBC関係者は「映画大賞は、賞金など莫大な製作費がかかる関係で、スポンサーを探すことが重要だ」と仄めかした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-04 20:52 | Comments(2)

ソン・イェジン芸能人の友達? “ソン・ユナ、ソル・ギョング、コン・ヒョジン、ユン・ウネ”人脈告白

[TVリポート 2011-11-02 22:27]

e0114466_8515460.jpg俳優ソン・イェジンが、芸能人の友達がいないというデマに対して釈明した。

2日放送されたSBS TV “真夜中のTV芸能”のスター日課後では、映画“ゾッとする恋愛”で呼吸を合わせたソン・イェジン、イ・ミンギが一緒にした。

この日ソン・イェジンは“鬱憤晴らしトーク”カメラに対し、「元々芸能人の友人がいないと言ったけど、もう作って、芸能人の友達がたくさん出来た」と話した。

引き続き「ソン・ユナ姉さんと親しくて、ソル・ギョング先輩とも親しい。 コン・ヒョジン姉さんとユン・ウネさんと、皆本当に親しい」と、可愛く芸能人人脈を公開した。

一方、ソン・イェジンは意外な人脈で話題を集めたキム・ヒチョルに対して、「私が理想だと聞いて、どうしてかご飯を食べることになった」として、「軍隊行く前にご飯奢ることにしたのに奢れなかった。 それで今、私の悪口を言っているかも知れない」と明らかにして、笑いを起こした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2011-11-03 08:53 | Comments(0)