Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 79 )   > この月の画像一覧

イーデイリー画像、残り貼っておきます①

e0114466_22465368.jpg
e0114466_22472193.jpg
e0114466_22474042.jpg
e0114466_22475987.jpg
e0114466_22482446.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-29 22:48 | Comments(0)

イーデイリー画像、残り貼っておきます②

e0114466_22433126.jpg
e0114466_22435477.jpg
e0114466_22442152.jpg
e0114466_22451370.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-29 22:46 | Comments(0)

marie Claire HP > lifestyle > celebrity より

ゆっくり行く [2010-01-22/Editorイ・ジヨン]

ソン・ユナは、人生でも演技でも、他の人々より一歩遅く悟って、一歩遅く歩いてきた。 30代の終わりの端で女の人生を理解することになると言う彼女に会った。

e0114466_1842530.jpg
ソン・ユナ ブラックウールワンピース、スリムベルテッドディテールワンピース、ベージュトレンチコート バーバリーロンドン(Burberry London)、ブラックレザーグローブ ラルフ・ローレン パープル ラベル(Ralph Lauren Purple Label)、ダークブラウン レースアップブーツ ドルチェ アンド ガッバーナ(Dolce & Gabbana)。 キム・ヒャンギ アイボリートレンチコート バーバリーチルドレン(Burberry Children)、グレーウールとネイビーシルク パッチスカート リ グロ バイ バブ(Li Gulo by Bub)、ブラック&ホワイト 子牛革 フラットシューズ バーバラ(Babara)。

目やに程も人を意識しないで生きる人間もいるか? もしも他人の目など全く意識しないで自由に生きるという人間がいるなら、それは自由なのでなく、人を配慮するとは思わない世間知らずという証拠だけのことだ。 むしろ、大慨の人間は、不必要に他人の目を意識することに人生を浪費する。 その人間の職業が女優なら、さらに言うまでもなくて。 他人の視線は、彼女の胸サイズと恋愛、好み、はなはだしきは年齢までも調べる。 なので、自分の存在感を剥奪されないながらも、自らを裏切らないで他人の視線から自身を守ったことこそ、ソン・ユナが肝っ玉がある女ということを証明することである。

ソン・ユナを思えば、一番最初に浮び上がるのは、彼女が自身の理想だと話した男たちだ。 その男たちは芸能人である時もあったし、学校の同期である時もあった。 平均的な理由なら、恐らくそんなことだろう。 可愛いより美しい方に近い、たおやかだと表現されたりした、物静かで端整な美貌の所有者ということ、澄ましていると思ったら、意外にトークショーに出てきて話すのを見れば、気さくなように整頓された自分の話をする方法も分かるということ、そして、接近不可判定を受けないシングルというようなことなど。 元々当事者たちは静かだが、他の人々だけ騒々しい結婚で人妻になった元・国民の理想ソン・ユナに会った時、彼女は子供を置いて亡くならなければならない未婚の母というキャラクターを演技した直後であった。

「俳優という職業が特別だと思いません。 私に俳優は、どんな格別な意味でなく、そのまま職業であるだけです。 重要ではないというのでもなくて、私の人生と演技の間に線を引こうというのでもなくて。 そのまま、私を特別な何かで包装したくありません。 まだ女優に対する先入観,あります。 でも、女優だから女優として生きなければならなくて、そうではありません。」

ソン・ユナの演技に欠格事由があったのではない。 問題なら、ドラマでも、映画でも、よく見て思い出すのは、やはり男たちを夢見るようにさせるソン・ユナだったとのことだ。 合コンで会った男が、君は私が夢見た理想だと言ってくれるなら有難いだろうが、女優に リピートマークのように追いつく理想型レッテルが嬉しくはないのだ。 喫茶店の女給も刑事も演技した彼女だが、作品が終われば、彼女はいつも理想ソン・ユナに戻っていた。 鳥肌出る演技をしはしなくても、その歳月なら、どの俳優でも脱いでしまいたいイメージというものができるものだが、唯一ソン・ユナに付いて回るのは、人間ソン・ユナでも俳優ソン・ユナでもない、理想ソン・ユナであった。

「たおやかだという言葉、本当に多く聞きましたよ。 ものすごいストレスでした。 私も、私の周辺の人たちも不満だったことだけど、過ぎてから むしろ有難い部分です。 今になって、ソン・ユナには固定化されたイメージがなくて良いという話を聞きます。 そんな話聞いたらですか? 内心 いいぞと大声を出したいです。(笑い)」

e0114466_18425019.jpg
1 ブラックパワーショルダーライン スリーブレストップ サンドロ(Sandro)、ブラックパワーショルダーライン ダブルボタンジャケット、ブラック&ホワイト チェックパターン ブラックリボン ベルテッドディテール パンツ 3.1フィリップリム(3.1 Phillip Lim)、
2 ブルー&パープル チェックパターン ショートパンツ ジャンプスーツ、ネイビーショット スリーブニット リトル・マーク・ジェイコプス(Little Marc Jacobs)、ブラックスパンコール フラットシューズ バーバラ(Babara)、グレーサックス スタイリスト所蔵品.

コインの両面というのが、そういうものだ。 老若男女を問わず顔ちょっと知られたという俳優たちは、自身を縛るイメージという虚像から抜け出そうと、ありったけの力をふりしぼる。 『新しいイメージをお見せしたくて、力の限り壊れました。』 『あまりにも強いキャラクターだったために、当分抜け出すのが難しいと思います。 再充電して新しい姿見せて差し上げなければならないですね。』 ソン・ユナには、こんなコメントしなくても良い 免罪符が与えられたのだ。 全く新しい機会に会うことができる デビュー15年目俳優であるということは、やっぱり大声を張り上げたいことだ。 だが、それでも彼女に物足りなさが残っていないのではない。

ソン・ユナは、三十頃に ドラマ<ミスターQ>と<ホテリアー>、映画<光復節特赦>に続けて会った。 都会的で洗練された雰囲気、冷めたように物足りなさが近付くことができる余地を作るキャラクターは、ソン・ユナの可能性を開いた。 女優として早い年齢ではなかったが、ソン・ユナの大衆的存在感は、この頃を経て、一時期を過ぎれば不明瞭になって、私達が知り合いだったかと思われる段階を越えることができた。 普通の欲望と普通の手順を経るなら、彼女は自身に与えられた条件と底力で、今よりさらに高いところに到達できることが確実に見えた。 しかし、不足ない外的条件に、安定した発声と演技、適切にさく烈したヒット作を揃えたのに、ソン・ユナは、一歩さらに危険な演技にベッティングしたことがない。

「何の話なのか分かります。 なぜソン・ユナはこの作品でなく あの作品をするか、なぜもっと足漬けないのか、多く聞いた言葉ですよ。 ところでそれ、弱点を誰かが言えばとても嫌なこと、ご存知でしょう? この演技すれば賞受けるだろうと分かりながらも、来た時見送った作品があります。 来たのに出来ませんでした。 断りましたよ。 私に私が後頭部殴られる気持ちでした。 タイミングというものがあるようです。 縁、そうだったり、また仕事をして、ただ一度もどんな計画をたてるとか、意図した方向に固執しなかったようだったり。 私がちょっとのろいです。 画譜撮るのもぎこちなくて、とても嫌いでした。 今は、スチール作業だけの魅力も分かるようだし、面白いです。 他の人々より、何でも遅れます。 悟るのにワンテンポ遅れる子です。 この頃は、そんな私が好きです。 年を取りながら他の人々よりのろく知っていくということ、今やっと あえて感じる、そんな気持ちです。」

e0114466_18431549.jpg
映画<ウェディングドレス>は、ドラマ<オンエア>でTVに復帰して良い反応を得ていたソン・ユナが、必ず選択しなければならない映画ではなかった。 率直に、未婚の母と不治の病という素材は、不倫と出生の秘密ぐらいクリシェ【陳腐な表現】が強いという疑惑を受けるに丁度良い。 だが、ほぼ同じ時期に封切りした映画<シークレット>が“映画的な映画”と考えて選択したのとは違った地点で、この映画が彼女の身動きをとれなくした。

「TVでも会える映画でしょう。 小さい映画です。 ところが、私をたくさん変えた映画でした。 無理に泣かせる映画があるでしょう。 最後まで悲しいとしない映画だったんですよ。 本来は昨年に撮らなければならなかった映画なのに、去る1年が私には長いながらも短い1年でした。 多分、昨年に撮影したとすれば、本当に大変な映画でもあり。 決めて一年後に撮影することになったのも、有難い映画でしょう。」

そして何より重要だったのは、この映画がママと娘の話だったとのことだ。 「大きく経験して山を越える時ごとに、私が大人になるんだなと感じるんじゃないか。 結婚してから感じるのは、結婚する前の私は子供だったということです。 子供を産む前の私も、その後の私より子供だと感じます。 結婚して、もっと気が触れたようにママを愛することになりました。 ママの人生、年上の女の人生を少し分かることになったのでしょう。 今の私より若かった時、うちの母さんは三兄妹のママでした。 私は相変らず知りたいことだらけで、不満も多くて、したいことも多いが、四十になって五十になっても、その心は変わりそうでないのに、私に、今の私よりも若い年齢のママは、そのままママだったんですよ。」

e0114466_18433954.jpg
ソン・ユナに会ったら、過激になってみるつもりはないのかと問うところだった。 しかし二言三言話してからは、作品一つ入る時ごとに命を賭けて飛びかかる男と生きるのに 同じ俳優として刺激されるのでないか、女優たちは結婚して演技に安定感と深さができると言ったよ、もうあなたの演技はどの方向へ行くのかと尋ねるのが、これといった収穫も意味もないこと、というのを知ることになった。 人並みに行ってこそ遅れをとらないことで、人並みに持ってこそ不足しないこと、と信じる賢いバカたちの群れから抜け出して歩く人々も珍しくいる。 裂ける直前まで一杯になったものだけが完全なものではないということを本能的に分かるのか、彼らの歩みには急ぐ気配がない。 悪いことが何か。 他の人々が我を忘れて走るのに行き過ぎてしまったものを取りまとめてみて、遠まわしに行く道は、さらに多くのことを悟って行くことができる道だ。 俳優ソン・ユナは、そんなにのろい歩みで ここまで来た。 今後も彼女が焦燥感から道を急ぎそうではない。 しかし、多くのことを胸に入れて今に来た彼女が行く道は、騒々しくはないが深く流れる水路みたいなもの、というのは分かるようだ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-26 18:44 | Comments(1)

ソン・ユナ“ヒャンギは演技人生最高パートナー”[インタビュー]

この記事は写真だけが早くから(18日)出ていて、「インタビューの前に写真撮影をするソン・ユナ」という説明が付いていたので、本体の記事はいつ出るのだろうと待っていました。待たせた割には、何か以前に読んだことのあるような内容です。
e0114466_10584084.jpg

[毎日経済 2010-01-24 11:05]

ソン・ユナが変わっている。 ドラマ“オンエア”で彼女は初めてママを演技したし、映画“シークレット”(2009年)では子供を失ったママの痛みを演技した。 去る14日封切りした映画“ウェディングドレス”では、胃癌末期宣告を受けて、娘が幸せな記憶だけ持って生きていけるように、美しい離別を準備するママを演技した。 ソン・ユナは自然にママを演技する年齢になって、そんな現在の姿に似合う自然なキャラクターに会って、新しい感じと経験を得ることになる過程が特別だったと話す。 人生の重要な変化を経て、新しい演技人生を始めたソン・ユナの演技が、春の日差しのように暖かくて和やかに感じられる理由もそのためだ。

e0114466_105935.jpg

●涙を強要しない話
“ウェディングドレス”のシナリオを受けたのは、2008年初め ドラマ“オンエア”を撮影する時の頃だった。 悲しい話だが、涙を強要しないのが良かった。 胃癌末期宣告を受けて一人だけの娘と胸が痛い別れることになるママの話を、このように淡々と描き出すことができるが不思議だったくらいに。 それでもシナリオを読んでいる私の目には、涙が滴になったよ。 本当に不思議な経験だったよ。 それでこの作品を選択したようだ。

e0114466_10592656.jpg

●コウンの明るさと痛み
コウンは明るい。 何でも熱心に最善を尽くす友達で。 平凡な家庭の末娘で暮らして、一人の男と愛に陥って結婚をすることになるが、娘が幼かった時夫を失って、突然につらい人生を生きていくことになる。 若くして幼い娘を育てて、独りきりで世の中を解決していかなければならないだけに、もっと明るいように努力して、もっとがめつく生きていこうと努力する女だ。 映画初中盤まで、そんなコウンの溌刺さを演技するのが混乱したりもした。 映画の中 オーバーなのは、コウンの性格そのままその状況に合う演技をしたのだと考えるが、劇後半部に行くほど、死に駆け上がる悲劇的な状況で強いメローラインが形成されるから。 観客たち立場では、先んじて見せたコウンの明るい姿が障害物になって、後半部メローに拒否反応を起こしはしないだろうかと思う心配があった。

e0114466_10595130.jpg

●撮影現場の必需品? ハンカチ
“ウェディングドレス”の現場は、唯一涙が多い現場だった。 映画では、ママがつらくて苦痛受けて死んでいく時間を見せないけれど、実際に撮影に入れば、ヒャンギの目だけ見つめても、どうすることもできない涙が流れて大変だった。 ソラの食習慣に対して叱ることになる状況があるのに、結局は それら全てのものが“ママの誤りだったのね!”と悟ってソラを抱きしめる場面では、とても涙が出た。 泣いてはいけないのに感情が込み上げて、涙が止まらなかったよ。 劇中 ソラがママの病気を感づくが 平気に家を出て行って、アパートの廊下で佗びしく泣く場面の場合、ヒャンギがあたかも劇中のソラに憑依でもしたように、アパート廊下を歩き出してゆっくり涙を流し始めるのを見るスタッフたち皆、ヒャンギの演技に胸が詰まった感じになるくらいだった。 当日撮影分量がなかった私は、後で現場編集本でその場面を確認して、とても涙を流して しばらく撮影を止めなければならないほどだった。 そのように、今回の映画で泣く場面は、泣かなければならないから泣いたのでなく、自然に心が動いたものだ。 今でも、私の演技が正しかったのかは判断が難しいが、そのまま本能から滲みでる感情そのままを入れようと思っただけに、その真正性だけは観客たちによく伝えられることと考える。

e0114466_1101867.jpg

●ソン・ユナ、演技人生最高のパートナーに会う。
年齢は一番幼いが、ヒャンギは最高の演技パートナーだ。 まだ幼いが、誰が教えなくても、本能的に解釈して理解する能力が優れて、瞬間的に驚いたことが多かった。 私が撮影に先立ち準備して計画した演技に対する全てのものが、ヒャンギによって崩れる妙な経験をしたりもしたし。 私の中で想像もできなかった感情が、ヒャンギによってやたらに引き出されることに、私自らも驚いた程。 本当に、今回のように本能的にキャラクターを感じて演技したのは初めてだが、計算することが無意味なことを知ることになった瞬間から、映画の中に陥ったようだ。 ヒャンギのおかげで多くのことを学んで、感じて考えることになった。 ヒャンギと一緒に演技をしながら、人生に対して新しい意味を探した。 “ウェディングドレス”は、そのように私の人生を変えた映画だ。

e0114466_1105618.jpg

●自然な変化に感謝
自然にママを演技する年齢になったし、“オンエア”と“シークレット”でもママ役をしたが、“ウェディングドレス”で初めて最も平凡なママを演技して、新しい思いと経験をすることになった。 適当な時期に こういう作品が訪ねてきてくれて、幸いで感謝する。 私が3~4年前にこの役をしたとすれば、本物のママのように、そのまま大人のようにしたかもしれない。 恐らく、そうしなければならないと思ったようだ。 ところが、幸いに年を取って、周辺を見る視野が広くなったし、何か典型的なママの姿に留まる演技をしなくても良いというのを知ることになった。 そんな時期にコウンに会って、演技できたことは幸運だ。

e0114466_1112496.jpg

●娘ソン・ユナVSママ ソン・ユナ
私はママに親切で優しい娘だ。 うちの母さんは、表面では本当に明るくて、友達の方も多くて、愛嬌も多いが、また片方では とても弱い方だ。私どもを懲らしめることもできなくて、一人で部屋で涙流される方だから、私もやはりママにいつも親切で優しくすべきだと念を押して、ママの話もよく聞いて差し上げようと努力するほうだ。 “ママ ソン・ユナ?” 率直に、ママになるということが、まだ実感できない。 遅い年齢に妊娠だから、精神的にたくさん神経を使うが、早いうちに運動を始めて、元気な妊婦になるつもりだ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-25 11:03 | Comments(0)

ソル・ギョング―ソン・ユナなど、彼らに愛とは・・・ロト当選だ!? ―より抜粋

[スポーツ朝鮮 2010-01-15 16:25]

夫婦映画対決“ウィン・ウィン”
夫主演“容赦はない”軽く50万突破
妻主演“ウェディングドレス”観客涙腺刺激好評
8月には2世“福塊”誕生

「君が福塊だ!」 熱愛発表、または結婚以後、人気が落ちるのは昔話。 むしろ、万事がすらすら解れるスターカップルたちがおびただしい。

 俳優ソル・ギョング、ソン・ユナが代表的な例だ。

 忠武路(チュンムロ)公認演技派のソル・ギョングは、この頃 観客動員力まで まともに見せた。 昨年の“海雲台”に続き、7日封切られた“容赦はない”が、興行順風に乗っていること。 封切り8日ぶりの去る14日、軽く50万観客を突破した。

 封切り前、“容赦はない”の興行予想指数は、決して高くなかった。 “アバター”と“チョン・ウチ”突風が、なかなか消え失せる兆しを見せなかったためだ。 しかし、“ソル・ギョング印スリラー”に対する観客の好奇心が、あらゆる逆風を貫く原動力として作用した。

 ソン・ユナ主演の「ウェディングドレス」も同じこと。 涙腺を刺激して、噂が立っている。 試写会観客たちから、『久しぶりに会う、感動と涙の家族映画』という好評を受けている。 二つの映画が 一週間間隔で封切りしたせいで、夫婦間興行対決を避けることができなかったが、結果的に“ウィン・ウィン”の微笑を浮かべることになったのだ。

 また、白虎年2世誕生を待っている彼らは、妊娠初期の困難も無難に越えた。 つわりも相対的に激しくなかったし、現在まで大きい困難が無い。

 スポーツ朝鮮との14日のインタビューで、ソン・ユナは「妊娠事実を確認して2~3週は、内が不快だった。 ところが、ある日目を開くと、むかつくのがぴったり静まった」として、「この頃では とてもよく食べて、むしろ心配」と言った。 「楽しんで飲んだコーヒーを断ったこと取り除いては、全く大変なのを知らない」として、パッと笑った。 チョン・ヘヨンの推薦を受けて、ソウル、清潭洞(チョンダムドン)のある産婦人科に通って、8月“福塊”の誕生を待っている。 【福塊と書くらしいボックドンは、非常に貴重な人や物を比喩的に言う言葉だそうです。】 

e0114466_172205.jpg
e0114466_17221661.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-23 17:22 | Comments(0)

2010期待されるスター2世予想すると・・・ ―より

[デジタルタイムス 2010-01-12 08:30]
e0114466_1719564.jpg

MBCセクションTV芸能通信“2010年を迎えて、誕生が期待されるスター2世”写真公開

去る8日放送されたMBC“セクションTV芸能通信”のコーナー“スターいろいろランキング”では、ユ・ジェソク-ナ・ギョンウン夫婦の2世が“2010年を迎えて、誕生が期待されるスター2世” 1位に選ばれた。

特に、この日の放送では、仮想で製作された二人の合成写真の2世の姿が、視聴者たちの笑いを起こした。【実は、記事にはギョングさん、ユナさん2世の合成写真の他にもあったのですが、ありがちな不気味さで・・・。この後、まだ結婚していないけど有名カップルの2世の合成写真も出たりしましたが、どれも・・・。 さすがに、チャン・ドンゴン-コ・ソヨンカップルのは、中でも整っていました。】

ユ・ジェソク-ナ・ギョンウン夫婦の後に続いて、2位にはタブロー-カン・ヘジョン夫婦、3位はソル・ギョング-ソン・ユナ夫婦、<以下、略>

紹介されたスター2世の顔は、ハロー運勢が、スターカップルの2世合成写真を見せたことであり、一般人たちも、誰でも特別な困難なく二人の写真さえあるなら、簡単に2世の顔を見られる。ハロー運勢が、国内最高の顔認識技術を保有した業者と業務提携を通じて、新概念フュージョン運勢を作ったのだ。

男と女の写真を基本に、顔の輪郭、および重要部位78地点の情報を抽出して、2世の顔を提示して、その子供の運勢まで見せる。 運勢は、恐ろしい適中率により中国皇室だけで使って、一般にはよく知らされなかった“紫薇斗数”という易学書を土台に、運勢としての正確性を高めて、信頼感を得ている。 すなわち、2世の顔と運命を同時に提示するのだ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-23 17:19 | Comments(0)

白虎年 芸能人2世四柱は? ソル・ギョング-ソン・ユナ ジュニア すでにスター誕生予感

[NEWSEN 2010-01-14 08:43:17]
e0114466_17171836.jpg

2010年生まれる芸能人2世の四柱が公開された。

占い師ミン・サマ氏は、1月13日放送されたSBS“'ペ・キワン、チェ・ヨンア、チョ・ヒョンギの良い朝”(以下“良い朝”)で、2010年生まれる芸能人2世の四柱に対して言及した。

ミン・サマ氏は「白虎は特別で、珍しくて、神霊だという概念を持っている」として、「白虎年に生まれた人々の中には、大きい人物が多くて、国に偉大な足跡を残す運を持って生まれる」と、2010年白虎年の意味に対して説明した。

占い師ミン・サマ氏は、2010年8月出産を控えているソル・ギョング-ソン・ユナ カップルの2世に対して、意味深長な話を残した。 占い師ミン・サマ氏は「2010年8、9月生を見れば、とても才能が多くて派手なのをたくさん好む四柱だ」として、「芸能界系統に陥ることになれば、大きく名をはせる四柱だ」と仄めかした。

その他に出産を控えているスターでは、3月チュ・ヨンフン-イ・ユンミと、イ・スクン-パク・チヨン、4月ユ・ジェソク-ナ・ギョンウン、5月タブロー-カン・ヘジョン カップルがいる。

これに対して占い師ミン・サマ氏は「春に生まれる四柱は、心が正直でまっすぐだ」として、「大きい名誉運を振るうことができる四柱で、心理的に寛容で、上の人たちに多くの信頼と信用を得る」と明らかにした。

ミン・サマ氏は「彼らは財物が常に豊富だ」として、「自らの運よりは、ご両親と周囲の人々に忠告を受けて大きく成功する運だ」と予想した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-23 17:17 | Comments(0)

“ウェディングドレス”ヒロイン キム・ヒャンギ“大人になったら?”

[スポーツソウル 2010-01-21 10:35]
e0114466_942395.jpg

観客たちの目と心を泣かせて興行追求をしている 映画「ウェディングドレス(監督クォン・ヒョンジン、製作ロードピクチャース)」のエンディングクレジットの中に登場する大人のソラの姿が、観客らの注目を引き付けている。

映画「ウェディングドレス」は、ママと娘の世の中で最も美しい離別の話を扱った映画。 今回の作品の中、最後のハイライト場面のママ コウンと娘ソラが一緒にした病院の場面は、ママを送りたくないソラの絶叫で、見る観客たちにとって涙の海を成すようにする名場面だ。

一度涙の暴風が荒れてから物静かになったソラが、もうママなしで無事に過ごしている姿を見せるように、雨が降る日 独りきりで傘を用意して運動場を颯爽と歩く場面で映画は終えられる。

しかし、この場面が終わりではないこと。 キム・ヒャンギが直接歌った歌と共に上がるエンディングクレジットの横に、大人になったソラが登場する。 幼い時のように黄色い傘を差して、“ソラに”という立て札が付いているウェディングドレスをショーウィンドー越しに眺める大人のソラは、自身のそばを守る家族と友達がいて慰安をくれる。

また、大人のソラが、死ぬ前までママが完成しようとした世の中でただ一つだけのウェディングドレスを着て眩しく笑う姿が、観客たちとって温かい微笑を浮かべるようにさせる。

実際にキム・ヒャンギが成長したような錯覚を呼び起こす程、大きな目とぽっちゃりとした頬、美しい微笑が似ている大人のソラは、新人俳優ヤン・ジンソンが引き受けた。

未来のソラがウェディングドレスを着るこの場面のために、製作陣はキム・ヒャンギと似ている俳優を探そうとオーディションを開かなければならなかった。 クォン・ヒョンジン監督と製作陣は「オーディションを通じて会ったヤン・ジンソンの顔を見て、あたかも15年後のキム・ヒャンギが大人になった時を想像した姿そのままなので、一気に合格点を与えた」と明らかにした。

封切り後、映画を見た観客たちの称賛が絶えることなく続いて、現在ネイバー評点8.87を記録して、同時期封切り映画中 観客好評1位を走っている「ウェディングドレス」は、観客たちの心に温かい贈り物になる映画として愛されている。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-22 09:44 | Comments(0)

ソン・ユナ“赤ん坊のために休むつもりです”

e0114466_15385935.jpg

[スポーツソウル 2010-01-19 11:06]

「ママになって帰ってきますね。」

俳優ソン・ユナ(37)が、2010年の活動を早目に終わらせた。 去る14日 映画「ウェディングドレス」(クォン・ヒョンジン監督)封切りと舞台挨拶を進行したソン・ユナは、今週から本格的な出産準備に入る。

映画界のある関係者は、19日「ソン・ユナが、今週から俳優として活動を中断する」として、「妊娠初期であるのに 映画広報活動を熱心にしたから、今は赤ん坊のために休まなければならない時だ。 俳優ソン・ユナの姿は、早ければ来年に見られるようだ」と仄めかした。

来る8月出産予定のソン・ユナは、体に無理が行かない線で映画広報活動をしたが。 初産なのに加え、病院でも“絶対安静を取りなさい”と言ったので、側近たちはいつも心労焦燥した。 幸いつわりが激しくない上に、普段 身体管理をよくしてきたために、ソン・ユナと腹の中の胎児共に元気だ。

この関係者は、引き続き「ソン・ユナがママとしての喜びも大きいが。 俳優としての欲も相当だから、長期間休むことはないだろう。 休息期を持つとしても、家でシナリオを読んだり、映画関連情報を取りまとめて、復帰準備も徹底的にするだろう」と伝えた。

e0114466_15393195.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-21 15:39 | Comments(0)

[パワーインタビュー] “1月スクリーン正面対決” ソル・ギョング―ソン・ユナ夫婦

[スポーツソウル 2010-01-20 11:06]
e0114466_1531460.jpg

「心より見てくれたらいいですね。」

夫婦は、やはり一つの心だった。 今年、映画“容赦はない”(キム・ヒョンジュン監督、7日封切り)と「ウェディングドレス」(クォン・ヒョンジン監督、14日封切り)で、各々 一週間差を置いて主演作を出したソル・ギョング(42)とソン・ユナ(37)夫婦は、あたかも口を合わせたような声を出した。 二つの作品のジャンルは違うが、妙なことに父性愛と母性愛を取り扱う、8月両親になる二人に それなりの意味がありそうだった。

共通点と互いに違う点が明確に現れる中にも、映画に対する情熱だけは、全く優劣をつけられなかった。 映画“シルミド”に続き、昨年“海雲台”まで、二つの作品で1000万観客を集めたソル・ギョングは「シナリオを探している」として、いっぱい意気込んだし、出産を控えたソン・ユナは「子産んだら、直ぐに作品始めなければならないですね。 それほど大きい休息期はないと思いますが?(笑い)」として、演技意欲を燃やした。 外画“アバター”の勢いの中で、意味のある観客追求をしているソル・ギョング、ソン・ユナと各々会って、主演作に対する話と夫婦俳優としての日常の事に対する話を交わした。 結婚以後、二人が公式席上に共に立つのをあえて敬遠する関係で、同伴インタビューを進行できないのが、相変らず残念として残ることはした。

◇共通点:一目で引き込まれるようなシナリオ。私はまだ残像に苦しめられる。

“容赦はない”は、娘の命を救うために死体に残った端緒を追跡する解剖検査医(ソル・ギョング)と、連鎖殺人を予告する疑問の殺人魔(リュ・スンボム)との激しい心理劇を扱ったスリラー映画だ。 反面「ウェディングドレス」は、癌で時限付き宣告を受けたママ(ソン・ユナ)が娘(キム・ヒャンギ)が颯爽と生きていけるように力を加えるママの話を扱った。

俳優として個性が違うために、夫婦で生きてきた時間より俳優で生きてきた時間が多かったので、二人はお互いの作品に対する干渉はしない方だ。 配偶者であることに先立ち、自分の分野でベテランだけに、お互いに対する意見を尊重するというだろうか。 二人が自身の主演作を選択することになった動機と意味は 差異点があったが、 結局は「一目ぼれして」という共通点があった。

「とても強い役であるようだったり、違ったようだったり・・・。 殺人犯に追われて、引きずられて行く役でしょう。 シナリオを読んで、スリラーではないと考えました。 ドラマが読ませる映画という印象が強かったんですよ。 その上、呆然としていて、恐ろしい反転があって、演技をし終えた後にも、残像が長引きました。 息が詰まるようなシナリオに、選択しないわけにはいきませんでした。」(ソル・ギョング)

「心が穏やかでした。 もちろん死という前提が敷かれているから、悲しい結末が予告されたが、シナリオを読む瞬間 涙がとても流れて堪えることは出来ませんでした。 悲しい中でも、心が非常に温かかったと言いましょうか。 これまで出演した映画の中で、最も記憶が残るかも知れません。 劇中のうちの娘ヒャンギのためです。 ヒャンギのおかげで良い気勢をたくさん得て、難しいとは思わなくて撮影しました。 それで、まだ映画さえ思い出せば、幸せになります。」(ソン・ユナ)

ソル・ギョングは 相変らずぶっきらぼうに、反面ソン・ユナは こんこんと溢れる愛嬌で、自身の映画に対して紹介した。 全く違う性格の映画であり、それぞれ表現する方式が違ったが、彼らの目つきを見て十分に分かった。 自分たちの体の中に内在する「真心を入れて演技をした」ということは隠せなかった。

◇違う点:“演技派俳優”ソル・ギョングと“大衆的なトップスター”ソン・ユナ

映画界では 二人とも大衆的な俳優に属するが、それぞれ違ったニックネームで呼ばれる。 ソル・ギョングは“演技派俳優”で、ソン・ユナは“トップスター”と呼ばれる。 これをそのまま反映するように、ソン・ユナは、スクリーンの他、TVで歌を歌ったり、MCをする姿もたびたび見られる。 ソル・ギョングは、やはり“天上俳優”でしかいない。 TVドラマで見るのが難しくて、はなはだしきは レッドカーペットでも無表情に早く過ぎ去ってしまう。 “意地っ張りだ”と映ることもできるだろうが、ソル・ギョングを知っている人たちは「ソル・ギョングだから、十分にそのようなことが出来る」と言う。

「どんなことでも努力をしていれば馴染むようになるけれど、あの部分ほど易しくありません。 レッドカーペットや芸能番組出演です。 あたかも、俳優でない奴が俳優をしているという感じ、と言いましょうか?(笑い) とても恥ずかしかったり・・・。 何年か前には、レッドカーペットでとても無表情に歩いて行って、全体を当惑させたこともあります。 ドラマ出演も、ふぅ・・・ 映画の長所なら、“余地がある” “セリフが少ない”というのがあります。 時間に追われて撮影をする、と考えると恐ろしかったり。 不慣れなところ(ドラマ)から始まることができるだろうか、と考えただけでも、目の下が痙攣します。」(ソル・ギョング)

ソル・ギョングとは違い、ソン・ユナは多方面に頭角を現わしたので、この部分に限っては一層余裕がある。 まだ挑戦したいのが多くて。 結婚によって人生の領域が以前より一層さらに広くなっただけに、現在より これから2~3年後がもっと期待されるというだろうか。

「それぞれの長短所があります。 ドラマは とても息詰まるように回るが、反応がその場で直ぐ来ることが出来るために、演技するのに力が出たりもして。 映画は、もう少したくさん感じて余裕があるように出来るようです。 ドラマ、映画、ぴったりどちらか一つの分野を好みません。 バランスが取れているようにしたいと言いましょうか。 今まで そのようにしてきたように、今後もずっと熱心に活動したいです。」(ソン・ユナ)

◇別に、また一緒に:大衆の愛を生きる私は俳優。 だが、結局は人が重要だ。

昨年の映画界二人のトップスターの結婚は、多くの人々の関心が集中させるしかなかった。 おかげで、二人は、毎度封切り作を出す時ごとに、新しい質問一つずつをさらに受けることになった。 結婚生活、および2世計画など、質問は数えきれないほど溢れた。 幸い(?)、最近ソン・ユナの妊娠以後、質問はもう少し減ったが、相変らず二人の一挙手一投足は、世人の関心事に違いない。

「私が、元から私生活を露出する俳優ではなかったでしょう。 作品を通じて、仕事をする姿が全部現れるから、わざわざ公と私を努めて分離するということだよ。 (個人事を)あえて知らせたくないよ。 これからは、少し理解して下さればと思います。(笑い)」(ソル・ギョング)
「え~、もうちょっと 訊くのはそれぐらいにして。(笑い) 元気に暮らしていて、何違うことがありましょうか。」(ソン・ユナ)

それぞれ違った状況の中で投げた質問に、二人は、同じだったり、全く違う返事をした。 今後の計画でも、このような状況は同じだった。

「私は計画がなしで生きる人ですから。 ははは。 全て道理に従って回らないでしょうか? でも、変わらないものは明らかにあります。 結局は、人が最も重要だということです。 人(監督やスタッフ)によって、映画をするのも選択したり、作品にとても魅了されて突然決めたりもして。 映画は、私の人生を生きていく過程の中の一つでしょう。 本気でね。」(ソル・ギョング)
「出産してから後、体の回復をし終えれば、直ぐに活動したい欲がいっぱいです。 これからずっと見守って下さい。」(ソン・ユナ)

e0114466_15333835.jpg
e0114466_15335771.jpg
e0114466_15341774.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2010-01-21 15:34 | Comments(0)