Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ソル・ギョング―ソン・ユナ夫婦、今年新婚旅行はありません~!

e0114466_12134096.jpg

[スターニュース 2009-09-30 09:11]

去る5月 百年佳約を結んだ俳優ソル・ギョングとソン・ユナが、各自ギリギリな日程のために、今年新婚旅行は行くことができない展望だ。

ソル・ギョングとソン・ユナは、最近 各々撮っていた映画“容赦はない”と“ウェディングドレス”撮影を皆終えて、やっと新婚の甘い夢を楽しんでいる。 しかし、二人は、当初の予定通りに映画撮影が終わった後に発つ計画だった新婚旅行は、しばらく後回しにする計画だ。

ソン・ユナがチャ・スンウォンと共に撮った映画“シークレット”(原題セービング マイ ワイフ)封切り日程が、来る11月に予定されているため。 ソン・ユナは、“ウェディングドレス”撮影を終わらせるやいなや また“シークレット”の後半作業に参加、ポスター撮影と広報日程を調整中だ。

ソル・ギョングも“容赦はない”が今年の冬封切りを推進中だから、ソン・ユナの日程が終わった後、直ちに自身の映画広報日程を送ることになった。だから、到底 日程上新婚旅行は行けない状態だ。

代わりに二人は、結婚後最初に合う秋夕(チュソク)をむかえて、目上の人たちにご挨拶するなど、やっと合った時間を幸せに送る計画だ。 また二人は、今回の釜山国際映画祭一緒に出席も考慮中だ。

二人のある側近は「まだ日程が確定してはいないが、釜山映画祭に一緒に参加するのを検討中だ」としながらも、「二人が各自日程を消化しなければならない場合もあるために、共に姿を現すかは まだ決まらなかった」と明らかにした。

e0114466_12114365.jpg

▼“芸能界品切れ男女”スターカップルたちの中秋は? -より抜粋
[スポーツソウル2009-09-30 11:06]

去る5月28日結婚式を挙げた“映画界トップスター夫婦”ソル・ギョング(41)―ソン・ユナ(36)は、結婚後合った初めての名節であるだけに家族たちと共に過ごす。 二人は、結婚直後 各自の撮影スケジュールで新婚旅行さえも返上したまま、各自の仕事に忠実だったが。 初めての名節だけは、家族たちと共に送ることができるようになった。 【品切れ/欲しくても売れてしまっている、すなわち既婚の人気スター】

映画界関係者は「二人が、最近映画撮影を終えたおかげで、やっとソウルの家で一緒に過ごしている。 名節も共に婚家と実家を行き来して、家族たちと心豊かに過ごす計画だ」と明らかにした。

e0114466_12144011.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-30 12:15 | Comments(0)

釜山国際映画祭での2ショットは見られないようです

▼ソル・ギョング、釜山映画祭出席検討中“活動中断ではない”
[NEWSEN 2009-09-29 08:55:33]

俳優ソル・ギョングが、釜山(プサン)国際映画祭出席を検討中だ。

映画“容赦はない”撮影を終えた後、現在 家で休息を取っているソル・ギョングは、来る10月8日から16日まで開催される 第14回釜山国際映画祭に参加して、映画関係者たち、およびファンたちとの出会いを肯定的に検討中だ。

ソル・ギョングの所属会社側関係者は、9月29日午前 ニュースエンとの電話通話で「釜山国際映画祭出席はまだ確定にならなかったが、肯定的に検討中だ」として、「だが、妻ソン・ユナさんと夫婦同伴外出はしない。 参加しても、個別的に訪問するだけで、公式に夫婦が共に行事に参加しないだろう」と明らかにした。

一方、時宜外れの活動中断説に対しては、難色を表わした。 9月29日午前 ある媒体【韓国日報/見出し『ソル・ギョング “しばらく捜すな”』】は、「ソル・ギョングが、現在 映画没入後遺症ですべての活動をオールストップする。演技に過度に没頭して、劇中キャラクターから まだ抜け出せないで感情的、精神的に深刻なストレスを受けている」と報道した。

だがこれに対して所属会社側関係者は、「初耳だ」として、あきれるという反応を現わした。 引き続き、「活動中断ではない。一つの作品を終わらせて休んでいる。 次期作はまだ決まったのがない。 苦心中だ」と伝えた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-29 11:47 | Comments(3)

[下半期映画列伝③]  殺人事件容疑者の妻を隠せ!

e0114466_23481537.jpg

[ムービーウィーク 2009-09-28 09:39]

▲シークレット

監督ユン・ジェグ 主演チャ・スンウォン、ソン・ユナ、リュ・スンニョン 封切り11月予定

韓国型スリラーの可能性を見せてくれた<セブン デイズ>のシナリオを書いたユン・ジェグの演出作。 <セブン デイズ>が、拉致された娘を生かすために弁護士のママが殺人犯を抜き出さなければならない孤軍奮闘を描き出したとすれば、<シークレット>は、殺人事件の有力な容疑者として疑われる妻を刑事の夫が事件を隠そうとすることに妙味がある。 どうにか愛する妻を容疑線上から抜き出さなければならない夫ソンヨル役はチャ・スンウォンが、果たして事件の犯人なのかどうかを計ることができない美しい妻ジヨン役はソン・ユナが演技した。

映画の最大妙味は、事件を暴かなければならない刑事の妻が殺人容疑者という興味深い設定。 悪名高い組織のボス ジャッカルの弟チョ・ドンチョルが殺害される。 ところが唖然とするようにも、その殺人事件の現場には ジヨンのものに違いないイヤリングとボタンなどの証拠物が出てくる。 世の中のどんな正しい刑事といっても、自身の妻を平気で検挙することはできない役割。

ここにソンヨルは、事件を操作しても妻を救おうと思うジレンマに陥る。 決定的目撃者と疑問の電話がソンヨルを圧迫する中で、子供を失って心の扉を閉じた妻の微妙な雰囲気が真実を覆い隠して、警察より先に弟の殺人犯を捉えようと思う躁鬱症の所有者ジャッカル役を担ったリュ・スンニョンの内功【内的な努力】の深い演技が付け加えられて、ストーリーをより一層緊迫するように固め打ちする予定だ。 キム・イングォン、オ・ジョンセ、パク・ウォンサンなど、多彩なスペクトラムの演技が目立つ人物たちが加勢して、事件はより一層複雑になる様相。

<シークレット>は、韓国で映画製作が決定される前に、米国で先にシナリオ版権契約提案を受けるほど 完成度あるシナリオを誇る。 <追撃者>のイ・ソンジェ撮影監督と <犯罪の再構成> <タチャ> <セブン デイズ>のシン・ミンギョン編集技師など、“スリラードリームチーム”まで取り上げれば、<シークレット>に対する期待は より一層高まる。 幾重にも包まれている本当の結末は、来る11月に確認することができる。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-28 23:48 | Comments(0)

映画「ウェディングドレス」打ち上げパーティー

もっぱら映画「ウェディングドレス」のスタッフばかり撮っていたミニホームピィから、打ち上げパーティーの写真を頂いてきました。

e0114466_19193598.jpg
e0114466_19194969.jpg
e0114466_1920085.jpg
e0114466_19201230.jpg
e0114466_19202449.jpg
e0114466_19203658.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-25 19:21 | Comments(0)

SBSの新ドラマ制作発表会にて

e0114466_19213690.jpg
<ドラマの助演陣。右から二人目が記事のキム・イングォンさんです。>

▼キム・イングォン “ドラマ出演、ソン・ユナが勧誘”
[ジョイニュース24 2009-09-24 16:42]

映画“海雲台(ヘウンデ)”で“1千万俳優”になったキム・イングォンが、新しいドラマに対する期待感を表わした。

キム・イングォンは、24日午後2時 ソウル、木洞(モクトン)SBS社屋で開かれた SBS新しいドラマ“美男ですね”製作発表会に参加した。

キム・イングォンは「善良で無知なスタイルだ。 強く見られようとして壊れたりするが、実際の周辺にマネージャーたちの中にそのような友達が多い」として、「このドラマをしながら、マネージャーたち対するイメージ向上になるように面白く演技する」と話した。

引き続きキム・イングォンは「ユン・ジェギュン監督様とソル・キョングお兄さんが、2回まで台本を読んでみて二人とも面白がられた」として、「特に兄嫁様(ソン・ユナ)が積極的に薦めて決めた」と付け加えた。

キム・イングォンは“美男ですね”に対して、「最先端トレンドに従っていくドラマだ。 バラエティートレンドをドラマに移してくるのに成功したようだ」として、「俳優として新しい経験で、新たに習得するようだ。 小さい話だが、途方もないときめきを与える」と期待感を表わした。

キム・イングォンは、劇中のアイドルグループA.N.JELLのマネージャー マ・フニ役を担った。

“マイガール”、“怪傑春香”、“幻想のカップル”のホンジョンウン、ホン・ミラン姉妹作家が執筆した“美男ですね”は、双子のお兄さんの代わりをして、男に変装して国内最高男性アイドルグループ メンバーになる少女の話で、10月7日初回放送される。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-24 19:24 | Comments(0)

ギョングさんも一週遅れでオフに入りました

▼ソル・ギョング “わ! いよいよ新婚だ”
[スポーツ韓国 2009-09-22 06:26]

“容赦はない”撮影終えて

俳優ソル・ギョングが、結婚4ヶ月ぶりに新婚の甘さを楽しむことになった。

ソル・ギョングは、去る18日 映画<容赦はない>(監督キム・ヒョンジュン、製作シネマサービス、ザ・ドリームピクチャース)をクランクアップした。 清州(チョンジュ)空港での撮影を最後に、総3ヶ月間の撮影を終えた。

この日の撮影は、カン・ミンホ博士(ソル・ギョング)が、米国から留学を終えて13年ぶりに帰国する娘ヘウォンに会うために空港で待つ場面だった。 娘を待つカン・ミンホに、イ・ソンホ(リュ・スンボム)【殺人鬼】の不吉なメッセージが伝えられる姿も撮影された。

ソル・ギョングは撮影を終えた後、「シナリオを初めて読んだその瞬間から撮影を終えた今日まで、この映画はずっと私をとらえて揺るがした。 3ヶ月ずっと感情の極限を行き来して、私を追い込んだ」と、所感を明らかにした。

ソル・ギョングは、今回のクランクアップでソン・ユナとの新婚を満喫できることになった。 ソル・ギョングは、去る5月28日ソン・ユナと結婚した後、6月17日<容赦はない>をクランクインして、映画<海雲台(ヘウンデ)>を広報するために、まともに新婚を楽しむことができなかった。

e0114466_18462293.jpg
<ウェディング写真撮影時の一コマですね。奥にうっすらスタイリストのチョン・ユンギさんが見えます。>

e0114466_1846434.jpg
e0114466_1847070.jpg
<この2枚は、アンティーク家具や雑貨を扱っている仁川にあるお店のブログから頂いてきました。ソン・ユナさんが来店してくれた上にサインも快くしてくれて嬉しかった、とありました。ちょうどギョングさんのクランクアップの日に行ったんですね。>

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-22 18:59 | Comments(0)

NAVER映画/コミュニティーの映画レビューより  映画「シークレット」あらすじ

映画「シークレット」の脚本を読んだという人が上げている文章です。
文中にもあるように 封切られてないので評価と言う点では??ですが、ネタバレと言うほどではない粗筋を知る程度で、映画の内容にますます興味を引かれます。

▼Tell me somethingと似た感じの映画
[paranhill 09.08.31 07:40]

ひとまず封切りもしない映画のレビューを書くので慎重であるが
縁があって、この映画のシナリオを読んだので何文字か書いてみようと思う(現在撮影中の)

昨年10月にこの作品のシナリオを読んだ当時、
予想撮影機間が4ヶ月であったが、
まだ封切りしないのを見れば、途方もないクォリティーの映画を作るのだと考える
撮影に入ろうとする最終シナリオを読みながらも、面白い、面白いという言葉を連発したが、
映像で見れば、その感動がさらに倍加されないだろうかと思う

スポイラーは出来ないから、もう少し詳しいあらすじを言うなら、
強力班刑事で事件解決するのに、いざ自身の子供は失ったチャ・スンウォン、
その事件によって、夫人ソン・ユナと気まずい間で過ごすので、お互いにほとんど話も行き来しない
ある日、夫人ソン・ユナが外出する姿を偶然に見るチャ・スンウォン
出て行かないような時間に出て行く夫人の行き先が気になるが、尋ねても返事はなくて・・
一番好きな色であるバイオレット色(この色がぴったり合うか? 曖昧で)の服を着て、
バイオレット色のリップスティックを思い切り塗った夫人ソン・ユナ
夫チャ・スンウォンの目には、“バイオレット色”のリップスティックは、ただ“奇妙な色”を塗った姿だけのことだ
それで注意深く見たチャ・スンウォンは
突然な事件発生によって、殺人現場に行って
ワイングラスに夫人が塗って出て行ったリップスティックと同じ色の唇跡が残ったのを見ることになる
瞬間 不吉な予感がしたチャ・スンウォンは、殺人現場を調査するふりをして、他の跡を見て
夫人の服から落ちたボタンを発見する
(初めには もしかして信じなかったが、後で家に帰ってソン・ユナをなだめて脅して
確認するが、夫人の服と同じなのが明らかになる)
このまま行っては夫人のソン・ユナが殺人容疑者に追い込まれそうだという考えに
(しかし、すでにチャ・スンウォンは、ソン・ユナが犯人だと決めつけている) どうにか事件を隠そうとする
それで、関連証拠を隠す間、正体が分からない誰かから脅迫がくることで、本格的な事件が始まる

(中略)

シナリオで読んで、理解力が不足するからか分からないけれど
間間に“あいつ声”の場面も思い出して
最後の結末まで読み終えたらTell me something【カル】のハン・ソッキュになる気持ちと言えるか?
若干戸惑った後で、しばらく後で、真実を悟ることになる感じがある


個人的に下半期最高期待作だと思う
シナリオ読んで“この映画無条件だ”と思ったから

チャ・スンウォンさん元から良い作品よく選んだが
ソン・ユナさんが久々に良い作品よく選んだような感じがする(上半期は海雲台(ヘウンデ)、下半期はセービング マイ ワイフ?)
はやく撮影終えて封切りすれば良い
私の目で映像を確認したい

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-20 18:50 | Comments(0)

ソン・ユナ、キム・ヒャンギ主演、映画“ウェディングドレス”去る11日クランクアップ

[政経ニュース 2009年09月18日15:02]
e0114466_16113720.jpg

一人ぼっちで残る娘のための ママの大切な気持ちを込めた 映画「ウェディングドレス(監督クォン・ヒョンジン、製作ロードピクチャース)」が、去る11日金曜日 安眠島(アンミョンド)で2月間の撮影を終えた。

映画「ウェディングドレス」は、生命がいくらも残っていないママ コウン(ソン・ユナ)が、大切な娘 ソラ(キム・ヒャンギ)のために 世の中に一つしかない奇跡のような贈り物を残す話と同時に、愛する人と美しい離別を準備する家族たちの繊細な気持ちを込めている感動ストーリーだ。

この日の撮影は、主人公のコウンとソラが 最後に海に旅行に発って楽しい時間を送る場面だった。 しかし、二人の最後の旅行であるだけに、お互いの胸の内を隠す胸が痛む場面でもあった。

安眠海水浴場で撮影が進行されたが、あたかも映画の中の設定を分かったかのように 強い風と空には暗雲が立ち込めて、「ウェディングドレス」には天恵の環境を提供された。

また安眠島の撮影は、去る2月の間 休むことなく駆けて来たスタッフと俳優たちのために、美しい海辺で最後の撮影を準備した製作陣の細心な配慮でもあった。

ソン・ユナは、風で もしかして子役キム・ヒャンギが風邪でもひくかと、撮影が終る時までずっと毛布を覆ってやりながら配慮して、キム・ヒャンギも 劇中ママのソン・ユナと一時も離れていなくて愛情を誇示した。

撮影の間間に、「ウェディングドレス」は自身に新しい人生を分からせたという話をしたりしたソン・ユナは、クォン・ヒョンジン監督の最後のカットの声に 結局涙を流してしまった。

最後の所感を言ってくれという質問に、ソン・ユナは たやすく返事できなくて、涙をぬぐい取った。 映画「ウェディングドレス」に対する彼女の愛情をうかがうことができる場面だった。

またソン・ユナは、自身の娘ソラを演技したキム・ヒャンギが 自分の演技人生最大のパートナーだったとの話をしたが、キム・ヒャンギもまた 撮影が終わって食事する席でも ユナママのそばを離れなくて、キム・ヒャンギにも ソン・ユナとの呼吸が最高だったことを行動で見せてくれた。

まだ演技経歴が多くないが、天才的才能がうかがえる演技を見せたキム・ヒャンギは、“家で”【おばあちゃんの家】のユ・スンホ以後の新しい国民の妹誕生を予感させた。

9歳の娘を置いたシングルマムであり、ウェディングドレスデザイナーのコウン(ソン・ユナ)は、自身の人生がいくらも残っていないのを知ることになって、清潔コンプレックス【潔癖性か?】で年齢よりとても早熟な娘ソラ(キム・ヒャンギ)が一人で生きていけるように準備する。 そして、世の中にただ一着だけのソラのためのウェディングドレスを一針一針作り始める。

「ウェディングドレス」は、永遠の離別を控えたママと娘、そして彼らを守ろうとする家族たちの美しい心が光る映画だ。

すでに“ホロヴィッツのために”で 涙と感動の映画を披露したクォン・ヒョンジン監督の三番目の映画「ウェディングドレス」は、2009年下半期封切り予定だ。
e0114466_16115377.jpg
e0114466_1612668.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-18 16:13 | Comments(5)

ソル・ギョング―ソン・ユナ、結婚6ヶ月ぶりに二人だけの水入らずの時間

[スポーツソウル 2009-09-18 11:06]

俳優ソル・ギョング(41)―ソン・ユナ(36)夫婦が、結婚して6ヶ月ぶりにいよいよ新婚夫婦らしい生活をすることになった。

ソル・ギョングは、去る5月結婚直後、映画“海雲台(ヘウンデ)”(ユン・ジェギュン監督)の広報と新作“容赦はない”(キム・ヒョンジュン監督)の地方撮影で、妻と生き別れをした。 ソン・ユナも結婚するやいなや、新しい映画「ウェディングドレス」(クォン・ヒョンジン監督)の撮影を始めて、恋愛時期よりさらにデートをする時間がなかった。 幸い 今月末二人はほぼ同じ時期に映画撮影を終えて、翌月からは新居で二人だけの水入らずの時間を送ることになる。
 
二人の側近は「夫婦が今は毎日家で会うことができるようになった。 新婚旅行に行けなかったために、この期間に余裕を持ってみることもできるようだ」として、「まだ特別な日程はないが、ソウル近郊に旅行に行ったり。 釜山(プサン)国際映画祭が二人の同伴旅行地になるだろう」と明らかにした。

各自忙しいスケジュールによって、新婚旅行に行くことが出来ないソル・ギョング―ソン・ユナ カップルは、来る10月8日 釜山で開幕する“第14回釜山国際映画祭”に並んで参加する予定だ。 しかし、それ以後二人だけの海外旅行は叶わない。 来月末からソン・ユナは、11月 映画「セービング マイ ワイフ」(ユン・ジェグ監督)に続き、12月 「ウェディングドレス」など、相次いで主演作二編の封切りを控えていて、本格的に映画広報に重点を置かなければならないためだ。

【いつも参考にしている韓国映画のサイトで、ギョングさんの新作を「容赦はない」と書いてあるので、これからは それに倣います。また、仮題だった「セービング マイ ワイフ」に「シークレット」と正式な題が付いたのは ご存知のとおりです。】

e0114466_13573643.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-18 13:59 | Comments(5)

公式ファンカフェより頂いてきました

9月15日に ソン・ユナ公式ファンカフェにあがった写真です。ファンクラブで映画”ウェディングドレス”撮影会場を訪ねる行事があったようですが、差し入れや結婚・誕生日のお祝いのワインでしょうか?

e0114466_13395145.jpg
e0114466_1340714.jpg
e0114466_13402257.jpg
e0114466_13403629.jpg
e0114466_13461218.jpg
e0114466_13404938.jpg
e0114466_1341161.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-09-17 13:46 | Comments(0)