Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

LG生活健康のイベントでのユナさん

先日 3月18日(水曜日)、LG生活健康(”su:m37”の会社ですね)バンパン事業部の委嘱式および授賞式があり、ユナさんが参加して授賞式が進行されたそうです。
e0114466_1634344.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-31 16:35 | Comments(0)

KBS “パク・チュンフンショー”廃止“ 改編が何だってー”

[レビュースター 2009-03-26 17:09]
e0114466_11245024.jpg

KBS 2TV“パク・チュンフンショー 大韓民国日曜日夜”(以下 パク・チュンフンショー)が、放送4ヶ月で廃止される。

26日KBS関係者によれば、昨年12月14日初めて放送をした“パク・チュンフンショー”は、4月19日最後の放送をすることになって、これは、4月KBS春改編の影響が大きいと明らかにした。

“パク・チュンフンショー”製作陣は、春改編をむかえて、番組フォーマットを パク・チュンフン単独MCから3~4人の補助MCが投入される多重MC体制を導入するなどの方案を模索したが、パク・チュンフンがこれを拒絶、結局 番組廃止決定されたこと。

これに対してパク・チュンフンは 「すでに多重MC体制のプログラムが多い状況で、“パク・チュンフンショー”までそのように作りたくはなかった」とし、「既存トークショーとの差別化を試みて 1人MC体制で出発したことなのに、フォーマットを変えるなら 当初の企画意図が変わること」と考えて、いっそ すっきりと下車することになったと知らされた。

KBS“パク・チュンフンショー”は、初回から俳優パク・チュンフンの人脈を活用、チャン・ドンゴン、キム・テヒ、アン・ソンギ、キム・ヘス、ソン・ユナなど、トップスターたちが出演して、華麗なゲストで目を引いただけでなく、チェ・ジニョンとプロゴルファー シン・ジエ、天才少年ソン・ユグン【韓国史上最年少(8歳)の大学生になった】、3党院内代表と3党女性国会議員など政治家たちが出演することもした。

一方、KBS側では 後続トークショー編成に対する計画がないことを明らかにして、外画シリーズなどを操り上げると伝えた。

e0114466_11333699.jpg


▽製作陣がテコ入れしたがったのには、視聴率が悪いという事実があったようです。

▼危機の“パク・チュンフンショー” ソン・ユナ―チャン・ユンジュ効果見たか? 視聴率下落傾向ひとまず阻止
[NEWSEN 2009-03-23 07:22:13]

危機の“パク・チュンフンショー”が、視聴率下落傾向を防いだ。

視聴率調査会社TNSメディアコリアによれば、22日放送されたKBS 2TV “パク・チュンフンショー ― 大韓民国日曜日夜”(以下パク・チュンフンショー)は、全国基準4.6%の視聴率を記録した。 これは、先週15日放送の編が記録した4.0%より0.6%ポイント上昇した数値だ。 “パク・チュンフンショー”は、15日 自らの最低視聴率を記録するなど、続いた視聴率下落傾向で危機が迫った。

期待を集めた“パク・チュンフンショー”は、続いた視聴率低調で難しい時期を送った。 チャン・ドンゴン、チョン・ウソン、キム・テヒなど、トップスター出演にも視聴率が下落すると、キム・ヘスと少女時代が出た 去る2月22日と3月8日放送分は、各々5.8%と5.7%で最低視聴率を記録した。

さらに。キム・スロ、オム・キジュン、シン・ジエが出た15日は4.0%という最低視聴率点数を受けてしまった。 しかし、この日視聴率下落傾向をひとまず阻止して、再跳躍の踏み台を用意することになった。 この日 “パク・チュンフンショー”には 俳優ソン・ユナとモデル兼歌手チャン・ユンジュが出演して、視聴者たちの関心を集めた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-27 11:36 | Comments(0)

個人趣味ですが、祝・WBC連覇と高校野球

韓国のWBC関連の記事を読んでいると(っても、もっぱら画像探しですが)、負けた悔しさでしょうが、日本チームを悪く言う記事が多い中(とにかく、良くも悪くも韓国はイチローを強烈に意識しまくっています)で、聯合ニュースは冷静な記事を出しています。

その中から、日本の野球が今大会を制覇できた理由を素人にも分かりやすく分析している記事を載せます。

韓国が北京で野球の金メダルを獲れたのは、前回のWBCの反省点を生かして、韓国球界全体で”国際大会”に適応できるよう努力した結果だと聞いています。日本は、その点”寄せ集め”を脱却し切れなかったような気がしました。今回のWBCは、日本は北京の負けを反省材料にして整えてきたと思います。
次回のWBCは参加国も増やし、日本と韓国は予選免除だそうですが、互いに、いやいやアメリカもキューバも命がけで来れば、紙一重の戦いになるでしょう。

今、甲子園ではセンバツ大会が真っ最中です。この記事は、日本の高校野球にも触れています。
高校生の試合を公共放送が全試合もれなく中継生放送している国は、他に何処かあるのでしょうか。日本野球の底辺の広さ、底力を実感しますね。高校球児たち、がんばれ!

▼< WBC > 日本野球、バランスが取れた戦力で世界制覇
[聯合ニュース 2009/03/24 18:02]

e0114466_1637722.jpg
日本2009 WBC優勝
24日 米国、ロサンゼルス ドジャースタジアムで開かれた“2009ワールドベースボールクラシック”韓国と日本の決勝競技で5―3で勝利した日本選手たちが、精神的支柱イチローが優勝トロフィーを持ち上げるや歓呼している。 2009.3.24


10回表 3―3同点、2死1、2塁の状況で、“侍ジャパン”のリーダー鈴木イチロー(シアトル マリナーズ)が打席に入った。

・・・・バットを地と垂直に真っ直ぐに立てて投手を睨む侍打撃準備姿勢を取ったイチローは、ツーストライクの後 イム・チャンヨンの球が中心に集まるや 機会をのがさないで正確に中堅手の前に2打点タイムリーヒットを叩き出した。

・・・・イチローの決勝ヒットで韓国と日本の野球戦争は日本の勝利で終わって、日本は 2006年第1回ワールドベースボールクラシック(WBC)に続き、世界大会2連覇を達成する喜びを味わった。

・・・・日本が2006年に続き2回連続WBCで優勝できたのは、やはりマウンドと打線で最もバランスが取れた戦力を揃えたおかげだ。

・・・・今回の大会 9競技で、日本のチーム平均自責点は1.71に過ぎなかった。 16ヶ国の中で 日本よりチーム平均自責点が少ない国は、予選から脱落したドミニカ共和国(0.31)だけだ。

・・・・メジャーリーグで 3年間最高級先発投手に君臨している松坂大輔(ボストン レッドソックス)をはじめとして、日本プロ野球最高投手の岩隈久志(楽天)、ダルビッシュ有(日本ハム)などが布陣した投手陣が、事実上 参加国の中で最もずば抜けたという意だ。

・・・・攻撃力も侮れなかった。 日本のチーム打率は0.299で、オーストラリア(0.340)、キューバ(0.313)、メキシコ(0.305)、ベネズエラ(0.304)に続き 5位に挙げられたが、4強チームの中で最も高かった。

・・・・米国(0.296)や韓国(0.243)より、打撃がさらに活発だった。

・・・・これに伴い、米国スポーツ専門ケーブル チャンネルESPNも、早目に攻撃と守備力のバランスが取れた日本の2連覇を占うなど、米国と共に世界野球強国として優遇されてきた。

・・・・現役メジャーリーガーも、イチロー、松坂、城島健司(シアトル マリナーズ)など、全16人に達する。

・・・・日本は、今回の大会で アマチュア野球最強のキューバを破ったのに続き、“宗主国”の米国を制圧して、世界最強の野球実力をもう一度立証した。

・・・・しかも、日本は、韓国と共に粘っこい組織力の野球を広げることができるチームという評価を受けている。

・・・・メジャーリーガーらが並んでいるが砂粒と違わなかった米国、ベネズエラ、メキシコ、ドミニカ共和国などと違う点だった。

・・・・“愛国心”と“勝負根性”で固く団結した日本は、9競技をおこなって“似た形の野球”を広げる韓国にだけ2敗にあっただけだ。

・・・・決勝で会った韓国に比べて 日本が先んじたのは、やはり代表チーム水準のチームを 色々なチーム建てができる程、広い日本の野球底辺だ。

.・・・・原辰徳監督が優勝の後のインタビューで、「韓国のベンチには代打要員が1人しかいなかった反面、私たちはもっと多くの代替要員がいたし、攻撃的に活用方案が多かった」と話したのも、このような自信を反映している。

・・・・プロ野球歴史が70年を越える日本には 4千個を越える高校野球チームがあって、せいぜい50個余りに過ぎない我が国とは比較にならないほど、多くの選手が汗を流している。

・・・・今は世界的なスターになった松坂なども、日本の全国高校野球大会の甲子園大会優勝を始め、経歴をきちんと積み上げて、国際的な選手に飛躍することができた。

・・・・週末ごとに 学校別対抗戦が絶えず開かれて、野球を“国家基本”と考える程 老若男女関係なく国民皆が楽しむ風土の中で輩出された選手たちが、日本を世界野球最高峰に載せたのだ。

e0114466_16383385.jpg
日本2009 WBC優勝
24日 米国、ロサンゼルス ドジャースタジアムで開かれた“2009ワールドベースボールクラシック”韓国と日本の決勝競技で5―3で勝利した日本選手たちと原監督をはじめとするコーチングスタッフたちが、優勝カップを置いて勝利の“V”をしている。 2009.3.24


byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-25 16:46 | Comments(2)

キム・ソンス “ソン・ユナと最もよく通じた”

[ソウル新聞 2009-03-25 10:27]

e0114466_14222697.jpg俳優キム・ソンスが「同い年俳優ソン・ユナと最もよく通じた。」と打ち明けた。

キム・ソンスは 26日放送されるtvN現場トークショー“タクシー”の録画で、モデル出身俳優ソン・ジョンホと一緒に参加して、率直淡泊なトーク時間を持った。

芸能人野球団“アルバトロス”のメンバーで活動しているキム・ソングとソン・ジョンホは、二人ともモデル出身俳優で無二の親友だ。 キム・ソンスは、過去モデルで活動した時期を思い出させて「元々100kgに肉迫する巨体だったが、死のダイエットを敢行して、モデルの道に入った。」と告白した。

相手女優との呼吸を尋ねた質問に、キム・ソンスは「最もよく通じた俳優はソン・ユナだ。 二人とも初めて会った同い年の友人だから、気兼ねなく上手くいったようだ。」と答えた。

長くつきあったガールフレンドがいると堂々と告白したキム・ソンスは、長寿恋愛のノウハウとして「愛は絶え間ない努力と発見が必要なのだ。 12年と付き合って、一度も危機を感じることができなかった。」として、ガールフレンドとの愛情を誇示した。

(写真提供=tvN)

e0114466_1424125.jpg
<3月23日 映画”影の殺人”VIP試写会>

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-25 14:25 | Comments(0)

パク・チュンフンショー、“ソン・ユナ”スポンサー提案発言 事実と違う

[ibtimes 2009-03-24 14:20]

KBS 2TV “パク・チュンフンショー 大韓民国日曜日夜”の製作陣が、22日放送されたソン・ユナの発言と関連して、公式立場を明らかにした。

“パク・チュンフンショー”製作陣は、23日午後 番組ホームページ掲示板に『“パク・チュンフンショー”から知らせます』という公示文を載せて、『放送内容中、最近イシュー化されている芸能界の一部慣行に対するトークが、製作陣とソン・ユナさんが意図した方向とは違って 言論で拡大報道されている』として、『そして、一部新聞社とインターネット媒体で“ソン・ユナさん、スポン提案を受けたことがある”という記事もまた事実と違うことをお知らせする』と明らかにした。
e0114466_1623382.jpg

製作陣は、去る22日放送された“パク・チュンフンショー ―ソン・ユナ編”と関連して、『放送内容中“女優が大変な提案を受けた時、どのように対処していくのか”を尋ねた質問に対して、ソン・ユナさんは“あえて私が答えること 用心深い部分だ。 そのような不適切な提案をする人々は正しい人々でない。 そのような人々とは仕事をしなかったら良いだろう”として答えた』として、『ソン・ユナさんは、後輩たちに頑張れとの意味で暖かい応援のメッセージを伝えようとする意図で答えたのです』と説明した。

引き続き、『実際ソン・ユナさんは こういう不適切な慣行に対して提案を受けたことがない。 単に、トーク中“もし”という前提の下に、もう一度質問するや返事をしたのだ。 これは、ソン・ユナさんの個人的な経験を言ったのではない』として、『これと関連して、一部言論でソン・ユナさん本人の経験として間違って照らされたことに対して遺憾を表わす』と明らかにした。

e0114466_1624362.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-24 16:27 | Comments(0)

ソン・ユナ、“影の殺人”大当たり出ることを~

[NEWSEN 2009-03-23 21:05:26]
e0114466_2329292.jpg

ファン・ジョンミン、リュ・トクァン、オム・ジウォンが出演する 探偵推理劇“影の殺人”(監督パク・デミン/製作 CJエンターテイメント) VIP試写会が、23日午後 ソウル江南区(カンナムグ)、狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた。

この日の行事に、俳優ソン・ユナが参加して席を輝かせた。

劇中ファン・ジョンミンは、朝鮮を緊張させた迷宮の殺人事件を追跡する私立探偵ホン・ジノに扮して、ホン・ジノの助手を自ら要望して一緒に事件に飛び込んだ熱血医学徒グァンス役はリュ・トクァンが引き受けた。 オム・ジウォンは、二重生活を楽しむ女流発明家スントク役を受け持って,熱演した。

ホン・ジノ、グァンス、スントク、これら3人が事件の秘密と陰謀を暴く映画“影の殺人”は、4月2日封切られる。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-23 23:28 | Comments(0)

ソン・ユナ、“新人の時 私的に会おうという人いた”衝撃

e0114466_15301258.jpg

[イーデイリー 2009-03-23 00:23]

故チャン・ジャヨンの死で 芸能界スポンサー問題が社会的イシューになっているなかで、俳優ソン・ユナも「新人時代、私的に会おうと言う人がいた」と打ち明けた。

ソン・ユナは22日夜放送されたKBS 2TV“パク・チュンフンショー ― 大韓民国日曜日夜”(以下パク・チュンフンショー)に出演して、新人女優時代に体験した哀歓を告白した。

ソン・ユナは、MCパク・チュンフンが新人女優の自殺に対する考えを尋ねるとすぐに「あえて私がそのような資格を持っているのか分からない。 しかし、本当に私どもの仕事をするということが、容易なことではないようだ」として、「私も“ポケベル”を持ち歩いた時期、(誰かから)会おうという連絡が来ていましたが会わなかった」と話した。

引き続き、「その時は何の自惚れか分からないが、『私は俳優ソン・ユナになることができるのだ』という自信があったので、そのような提案(?)を はね除けることができたようだ」と付け加えた。

ソン・ユナは また、「『夜12時に出てきてみて』を要求する人々は、この業界(芸能界)正しいことが出来ない少数」【他の記事では、「夜12時に出て来いというマネージャーなら、少数の悪い考えを持っている人々だ」と書いています。】として、「しかし、悪い考えを持っている方々の提案に、新人という理由で、早く何とかしてみるという考えで、欲あるいは想像だけで、そのような機会を絶対追いかけてはならない」<「新人の時は その時だけの困難があって、新人を抜け出せば 別の困難ができる。」[コンシューマーニュース2009-03-23 08:32:00]>」と、後輩新人女優たちに助言した。

[ハンギョンドットコム 2009-03-23 01:20] 実際にソン・ユナは「そのような提案をする人とは、その日で連絡を切った」として、「良い意図で共に仕事をする人は、堂々としたところに会うようになる」と、自身の経験談をさらけ出すこともした。

e0114466_1518338.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-23 15:34 | Comments(0)

ソン・ユナ、“デビュー前、なぜこのように生きたくなかったのか”・・・ 15年前日記公開

[イーデイリー 2009-03-23 01:15]
e0114466_1585613.jpg


「デビュー前は、なぜこのように生きたくなかったのか分かりません。」

ソン・ユナは、22日放送されたKBS 2TV “パク・チュンフンショー”で、「94年度に書いた日記帳だが、悪い内容しかない」として、「なぜこのように不安でいらだっていて、世の中に対する不満と恨みがいっぱいになったのか分からない」と笑って話した。

この日ソン・ユナが公開した1994年9月12日付の日記には、『何かただ一つにも充実できない私は、情けないことこの上ない。 私はなぜ このように良くない道を選んで生きているのか』という内容の、デビュー前は大変だった心境が ものさびしく入れられていた。

ソン・ユナはまた “パク・チュンフンショー”で、「新人時代、1ヶ月の月給が38万ウォンだった」として、経済的に大変だったデビュー前の後日談を視聴者たちに聞かせることもした。

ソン・ユナは 「放送会社の専属新人俳優時代には、当然 マネージャーもコーディネートもなくて、お母さんが私が賞を受けた記事を切り取っておいて 衣装協賛を受けることができる会社を探して通った」として、「とても大変に手に入れて行った服なのに、でも監督様が気に入らなくて酷い目に遭う時もあったし、録画をたたんだこともあった」と伝えた。

普通 俳優たち ドラマに出演することになれば、色々な衣装を準備して、撮影前 監督とそのシーンに合う衣装調整をするはずだ。 だがソン・ユナは、当時 俳優として認知度が高くなくて、自身のお金で服を買うこともできなくて、協賛してくれる会社に本人が願う衣装を要求できる立場でもなかった。

しかし、この事情を知らない ある監督が、多くの人々の前で 衣装で叱って、トイレに行って泣いたりもしたとのことが、ソン・ユナの話だ。 しかし彼女は「新人俳優として体験しなければならない過程」としながら、デビュー15年目演技者としての余裕で、これを淡々として越えた。

ソン・ユナは この他にも、気軽な服装によって ある日ある関係者から呼ばれて叱られたことも打ち明けた。

ソン・ユナは「公開採用演技者出身で金賞を受けた後でも、しばらくティーシャツにジーンズ姿で通ったが、ある日 一人が呼んで“君は演技者としての姿勢がなっていない。 女優として誠意がない”として叱った」として、「しかし、その時その方に『私が本当にソン・ユナになって、このティーシャツにこのジーンズを着て現れる』と言って出たことがある」と言及した。

去る1995年 KBSスーパータレント金賞を受けて芸能界に入門したソン・ユナは、以後 ドラマ“ミスターキュー”、“ワンチョ”、“カード”、“アドバケート”などに出演してトップスターに飛躍した。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-23 15:33 | Comments(0)

ソン・ユナ“露出演技はとうてい自信なくてできない”

e0114466_15194026.jpg

[NEWSEN 2009-03-23 00:28:17]

俳優ソン・ユナが、露出演技はできないと明らかにした。

ソン・ユナは、22日放送されたKBS 2TV“パク・チュンフンショー 大韓民国日曜日夜”(パク・チュンフンショー)で、『作品が良ければ、俳優として露出演技もすることができるか?』という質問に、「演技者として申し訳ないが、露出は自信がない」と話した。

ソン・ユナは「俳優として多様な役割に挑戦して、露出も敢行するべきなのに、露出演技はとうてい自信がない」として、「今はできないと明快に答えることができる」と断固として言った。

ソン・ユナは、「作品しながら演技者で生きていくながら、いろいろ試みて、変身もした」として、「しかし、すでに人々が 模範的なイメージ枠組みを作っておいていた。 そのためか、変化を試みたことに対する結果が良く出てこなかった」と打ち明けた。

引き続き、「一度はベッドシーンをしなければという俳優1位に選ばれたことがある。 私に多くのことを悟らせてくれるアンケート調査であった」と付け加えた。

e0114466_156379.jpg

[アジア経済新聞 2009-03-23 06:30]

俳優ソン・ユナが露出演技に対する個人的な考えを明らかにした。

ソン・ユナは 22日夜放送されたKBS2 “パク・チュンフンショー”に出演して、作品は良いが 露出演技が必要なら どのようにするかという進行者パク・チュンフンの質問に、「俳優として資格未達のように聞こえるだろうが、自信ない」と言い切った。

引き続き、「他の俳優の結果を見て、私がしたらどうだっただろうか考えたりもしたが、それは私が努力しないで単に結果だけを見て それを欲しかったのだ」として、「今は、自信ないと明快な答を差し上げることができるくらいの整理になった」と付け加えた。

「一時ベッドシーン演技をしなければという俳優1位に選ばれたことがある」と冗談を言ったソン・ユナは、「私もやはり演技者として変身を試みたい欲があるが、俳優として色々な姿をお見せしようとする責任感と義務感で 何か風変わりな事をすれば、いつも結果が良くなかった。 試行錯誤を体験して、多くのことを感じて悟った」と説明した。

ソン・ユナのこういう返事は、作品の中のキャラクターの姿より俳優自身のイメージがさらに強いという指摘に従ったことだった。

彼女は「以前にとても大変だった時間があった」として、「最も多く受けた質問が、演技変身に関することだった。 私も欲もあって渇望したりもしたが、欲が深いと見たら 反対に不満が大きくなった。 人が成し遂げておいたことを見て、私にその機会が与えられたとすればどうだったのだろうかと考えることもした」と回想した。

ソン・ユナはしかし「私に反問した結果、私はその作品をできなかったようだと考えた」という事実を告白することもした。

一方ソン・ユナは、進行者のパク・チュンフンと1998年の映画“不朽の名作”に共に出演したことがある。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-23 15:32 | Comments(0)

ソン・ユナ、「今は愛嬌ある女と考えてくれる、この年で?」爆笑プレゼント! ―より

e0114466_15264418.jpg

[アーツニュース 2009/03/23 02:58:14]

ソン・ユナがトークショーに登場して爽やか話術を広げた。

22日 KBS2放送分“パク・チュンフンショー 大韓民国日曜日夜”を通じて、ソン・ユナが久しぶりにトークショーに登場して目を引いた。

この日パク・チュンフンは「春になると体がだるくなり気勢も落ちるが、この方を見れば爽やかで 疲労がすっきり消える」としてソン・ユナを紹介した。

俳優ソン・ユナは、ピンクのワンピースを着て出演、春の香りを一面に漂わせた。 引き続きソン・ユナは「私が風邪に罹って声がちょっと変だけど、それでもセクシーでしょう?」と挨拶して、周囲に爽やかな笑いをプレゼントした。

パク・チュンフンは「ソン・ユナさんは、持って生まれた愛嬌があるようだ」として誘導質問をして、,これにソン・ユナは「周辺で本当に親しい人は私の愛嬌を認めるのに、これまで飾り的イメージのために“知的で優雅なようだ”と国民皆が誤解をしたようだ」と打ち明けた。

また、「最近ドラマで私のイメージに似合う役を担って、これからは愛嬌あるように見てくれるようだ、この年で!」と付け加えて、笑いをプレゼントした。

e0114466_1546523.jpg

▼ソン・ユナ、“優雅で知的なイメージは飾り”
[イーデイリー 2009-03-23 00:38]

ソン・ユナは、22日夜KBS 2TV “パク・チュンフンショー”に出演して、「皆さんがご存知なことでは、ソン・ユナという俳優といえば“優雅で知的であるようだ”と考えられるが、そのような私のイメージは飾り」としながら、「私と親しい方々は“私が知的で優雅だという言葉”が出てくれば、皆だまされていると言う」と笑って話した。

引き続き、「それでも、最近では ドラマを通じて、少し視聴者たちに近く行くことができるキャラクターになったようだ」として、「今やっと多くの方々が、“ソン・ユナも愛嬌ある”と認められるようだ」と付け加えた。

ソン・ユナは、ドラマ“オンエア”で ちょっと騒がしくて間抜けて見える作家ソ・ヨンウン役を担って、視聴者たちに もう少し身近な姿で近づいたことがある。

ソン・ユナは この他にも、エレベーターでおならをしたエピソードを聞かせて、自身のとんでもない姿を視聴者たちに聞かせることもした。

ソン・ユナは「エレベーターに一人で乗って行くのに、とてもオナラがしたかった。 少しだけ降りて行けば1階なのに、それをこらえられないで、その中でおならをしてしまった」として、「ところが、その瞬間突然エレベータードアが開いて、礼儀正しいように上品な洋服を着たおじさんが入ってこられた」と、屈辱(?)的なエピソードを告白した。

引き続き、「その時すぐに知らん振りしてドアの外に出て行かなければならなかったのに、抜け出ることができるタイミングを逃した」として、「その時、咳をしながら背を向けた。 ところが、いくら考えても、その方が私の顔を見たようだ」と言って、傍聴客を爆笑させた。<パク・チュンフンが「その紳士は何と言ったのですか」と尋ねるや、ソン・ユナは「背を向けて、咳払いして・・・」として手を振って、臭いを分散させる素振りをした。[フロンティアタイムス 2009-03-23 00:03:25]>

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2009-03-23 15:31 | Comments(1)