Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「セービング マイ ワイフ」 スタッフ募集公告

『saramin』という採用情報サイトに、「セービング マイ ワイフ」のスタッフ募集公告が載せられていました。

内容は、
『締め切り日 2008/10/31  23時
映画”セービング マイ ワイフ”小物チーム員(経歴者)求めます
1~2編の経歴があった方ならば良いでしょうね
11月中旬にクランクインして、2月中にクランクアップ予定です』
というようなものです。

11月1日にはサイン会のお仕事があるようですし、映画の本格的な始まりの便りは、まだ半月程待たなくてはならないのですね。

e0114466_19484530.jpg
e0114466_1949557.jpg
e0114466_19515885.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-30 19:52 | Comments(0)

自分憐憫“グサセ” VS自分告発“オンエア”・・・似たようで違う

[イーデイリー 2008-10-28 11:10]

e0114466_17152890.jpg

KBS 2TV新月火ドラマ“彼らが生きる世界”(脚本ノ・ヒギョン、演出ピョ・ミンス、以下グサセ)が、27日 派手に初放送を始めた。

“グサセ”は、放送会社ドラマ局を背景にPDと俳優、およびスタッフたちの姿を現わしたドラマ。 だから“グサセ”は、企画段階から 去る5月人気の下に放映終了したSBS水木ドラマ“オンエア”(脚本キム・ウンスク、演出シン・ウチョル)と相似形ドラマとしてしばしば比較されてきた。 “オンエア”もドラマ製作を囲んだ放送関係者の話を素材にしたドラマだったためだ。

放送会社ドラマ製作現場を扱ったという点で、“オンエア”と“グサセ”は 明らかに相似形ドラマだ。 特に、今は国内ドラマ製作現場の専売特許になってしまった、いわゆる“生放送ドラマ”の現場描写に 二つの作品とも精魂を込めたという側面では差がないほどだ。

しかし、細部的に入ってみれば 二つの作品は明らかに違った。 “オンエア”がドラマ製作現場の姿を包括的に扱って 韓国芸能産業の裏面まで描いたとすれば、“グサセ”は放送会社ドラマ局の人間群像に集中する。

“オンエア”は、トップスター、マネージャー、PD、作家4名の主人公にして、彼らの権力関係と放送会社内部の力比べを描いた。 劇後半部に主人公らのメローラインが浮び上がったのだが、序盤部には四人の主人公間の葛藤と和解を通じて 韓国ドラマ製作現場と芸能マネージメント産業の現在の実態を告発した。 一種の自分批判であるわけだった。

“オンエア”が、放映前ドラマの企画意図を『韓流を主導した韓国ドラマが作品でない工産品に変わったし、死んでいっている』と明示した理由は、“オンエア”を通じて、現在の韓国ドラマ現場の問題点に対して隠さないという意味であった。

しかし“グサセ”は、一時恋人関係だった放送会社ドラマ局の先後輩PDとして会った男女主人公の“関係”に もっと中心を置く。 “グサセ”1回では、主人公チョン・ジオ(ヒョンビン扮す)とチュ・ジュニョン(ソン・ヘギョ扮す)が、6ヶ月間つきあって別れた恋人の仲であることを公開してドラマが始まる。 二人の関係変化をドラマの中心を置くということだ。

また、“グサセ”は、『偏見の中でさえぎられたドラマ局の人々の愛と人生に暖かく光を当てて、放送会社と一般人の間の暖かい理解だけでなく すべての関係の理解を引き出す』という企画意図でも窺い見るができるように、人間関係の疎通にもフォーカスを合わせると予想される。

これは、“人間の間の暖かい疎通”に 深く掘り下げたノ・ヒギョン作家の意図にも見える。 “グサセ”には、ドラマ製作現場で当事者たちが感じる自分憐憫が基本に敷かれている。

この外に、視聴率の側面で“オンエア”と“グサセ”は 他の出発点を見せている。 “オンエア”が 放映初日13.4%の視聴率を上げて順調に出発した反面、“グサセは7.1%の一桁数視聴率で開始を知らせた。

”オンエア“が20%を越える視聴率を上げて 水木ドラマ市場を平定したように、”グサセ“が 月火ドラマ視聴率競争でどの席まで上れるかも関心事だ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-28 17:19 | Comments(0)

サイン会のユナさん ― ミニHPから 

▼ 【動画】 サイン会のユナさん
一人一人に丁寧に応えています。 お顔が近くて、まあ羨ましいこと!

e0114466_18483367.jpg
e0114466_1849070.jpg
e0114466_18491595.jpg
e0114466_18494524.jpg
e0114466_18495936.jpg
e0114466_18501222.jpg
e0114466_1850286.jpg
e0114466_18514188.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-23 18:52 | Comments(4)

サイン会のユナさん ― 公式ファンクラブのカフェから

e0114466_1932930.jpg
e0114466_19322891.jpg
e0114466_19324723.jpg
e0114466_1933851.jpg
e0114466_19332869.jpg
e0114466_19311887.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-22 19:43 | Comments(0)

「オンエア」VS「彼らが生きる世界」

”オンエア”と同じ放送局のドラマ制作部署が舞台のドラマ、”彼らが生きる世界”の製作発表会がありました。 ”オンエア”と比較するような記事が出ているので、抜粋してアップしてみます。

e0114466_2043188.jpg
<左、ノ・ヒギョン作家。右、出演者の面々。一番左のライオンヘアが作家役のキム・ヨジンさん。>

▼“彼らが生きる世界”、放送局背景“オンエア”と何が違うか ―より抜粋
[アジア経済新聞 2008-10-20 17:06]

ソン・ヘギョは、「“オンエア”は、俳優中心に動いたドラマと考える。 私たちのドラマは、PDとスタッフ、俳優たちの状況が中心になる話だ。 それで大いに違うだろう」と、自身の考えを伝えた。

“オンエア”では パク・ヨンハとソン・ユナが、イ・ギョンミンPDとソ・ヨンウン作家でカップルを成し遂げた。 “彼らが生きる世界”では、ヒョンビンとソン・ヘギョがPD役を担って、キム・ヨジンが作家役を担った。

“オンエア”で、ソ・ヨンウン作家は、いつも千編一律的なドラマを書くが 高い視聴率を上げるスター作家だ。 気難しい性格と妥協ない意地が、ソ・ヨンウンのキャラクター。 “彼らが生きる世界”で、キム・ヨジンが演技するイ・ソウ作家も似ている。 よどみない語り口と独特のセリフ法を持った作家だ。

ノ・ヒギョン作家は、“オンエア”ソ・ヨンウンと“彼らが生きる世界”イ・ソウの差異点を具体的に明らかにした。 彼女は、「経歴差がある。 ソ・ヨンウンよりイ・ソウの年齢が10才程度多い。 その上、イ・ソウは戦うことも上手にするが、和解も上手にする」として、「イ・ソウは遊びで戦う。 けんかも親しくなければ戦うことはできない。 親しいから話もむやみにすることになって戦うのだ」と、イ・ソウのキャラクターを説明した。

“オンエア”でパク・ヨンハが引き受けたイ・ギョンミンPDは、一言でBチーム監督だ。 まだエンディングクレジットの一番上に名前を上げてみたことがなかったという話。 だが、“彼らが生きる世界”のチョン・ジオは、視聴率でも作品でも遜色がないという評価を受けている。 ヒョンビンは「チョン・ジオは、イ・ギョンミンより適当に現実的で、仕事をする時としない時、差異点を確かに置くキャラクター」と説明した。

▼ノ・ヒギョン作家“劇中キム・ヨジンは悪役NO、クールな作家” -より抜粋
[アジア経済新聞 2008-10-20 16:49]

ノ・ヒギョン作家が、ドラマで作家に扮する俳優キム・ヨジンに、役割に対して“クールな作家”と紹介した。

「けんかも親しくなければ戦うことはできない」と言うノ作家は、「ソウは楽しさとして戦う。 ジュニョン役を担ったソン・ヘギョとジオ役を担ったヒョンビンにしても毎度戦う。 親しいから、話もむやみにすることになって戦うこと」と伝えた。

合わせてノ作家は、“オンエア”でソ・ヨンウン作家に扮したソン・ユナと、“彼らが生きる世界”でのソウ作家を引き受けたキム・ヨジンとの差異点に対しても説明した。

「互いに売れっ子作家の点では共通点があるが、ソン・ユナとキム・ヨジンの年の差は10年程度差がある。 そうしたためか、ソウは現場にあまり出て行かないで、観察者の視点でたくさん行動するようだ」と、ノ作家は話した。

▼ノ・ヒギョン、ドラマを書く理由? ―より抜粋
[ヘラルド生き生きニュース 2008-10-21 15:16]

これまで放送界を扱ったドラマが数回放送された。 ノ作家もSBS“オンエア”を見たと言った。 “オンエア”が、作家にしても俳優にしても演出家にしても、スターたちの話を扱った。 “彼らが生きる世界”は、色々な困難を押し切ってドラマを作る現場の話を盛り込む。 エキストラと効果マンなどが製作現場で体験する哀歓も 生き生き伝達する。

「“オンエア”が人々のパワー争いが中心なら、“彼らが生きる世界”は、ドラマを作る人物たちが どれくらいお互いに頼っているのかが中心がなるだろう。 お互い優秀だと戦って、権力だと言い張るが、結局 生きようとするのだ。」

e0114466_2084292.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-21 20:09 | Comments(3)

芸能人 声人気順位は? ―より抜粋

[朝鮮日報 2008-10-20 15:00]

人々は、芸能人の中で誰の声を好んで最も素敵だと感じるだろうか?

ヘルス朝鮮と音声専門プラナ耳鼻咽喉科が、一般人170人を対象に調査した資料によれば、最も選好度が高い声を持った俳優としてハン・ソッキュとイ・ヨンエが選ばれた。 ハン・ソッキュは男女総回答者中17.5%を占めて、男優の中で1位を占めており、パク・シニャン14%とチャン・ドンゴン12%、イ・ソンギュン10%などが その後に続いた。 女優の中では イ・ヨンエが18.7%を占めて最も選好度が高くて、ハン・イェスル15.2%、ソン・ユナ12.8%、キム・アジュン9%などがその後に続いた。

これに対して 音声専門プラナ耳鼻咽喉科 アン・チョルミン院長は、「一般人たちに選好度が高い俳優たちの声は、共通的に声帯接触が強くて、響きが良い音色を特徴としている。 特に、ハン・ソッキュとイ・ヨンエの声は、他の俳優たちに比べて声帯接触が強くて、安らかな発声をすることが明らかになった」と話した。

▽また、ソン・ユナギャラリーから頂いてきました。サイン会は、ロッテ百貨店永登浦店のsu:m37売り場であったようです。
e0114466_20374793.jpg
e0114466_2038481.jpg
e0114466_20381798.jpg
e0114466_20384348.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-20 20:43 | Comments(2)

今日18日、「SU:M37」のサイン会があったようです

ソン・ユナギャラリーにアップされていました。お元気な姿で少し安心しました。ファンの人たちもいっぱい駆けつけたんでしょうね。

e0114466_23482172.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-19 00:04 | Comments(4)

MBCスペシャル“時代の恋人、チェ・ジンシル”について各記事より抜粋

e0114466_2344526.jpg
e0114466_23463288.jpg


[アジア経済新聞 2008-10-17 23:12]
インターネットのコメントで苦しがるソン・ユナを慰めることもした。 ソン・ユナは、「コメントのために非常に大変がったことがあったが、ジンシルお姉さんが先に電話した。 あんたが苦しがっていなかったら良いと言って、インターネットもしないでコメントも見るなと言った」と話した。

[NEWSEN 2008-10-18 07:14:24]
ソン・ユナは、「私がコメントで大変がる時、お姉さんが先に電話した」と、「『お姉さんは全部知っているから苦しがらなかったら良いよ。 インターネットもせずにコメントも見ずに、今しているドラマ熱心に撮影すれば、時間が過ぎれば 皆あんたの真実を認められる日が来るはずよ』と言った」と伝えて涙を流した。

ソン・ユナは、「今お姉さんが安らかなだけではないという思いに、とても心が痛い」と言って、再び涙を流した。

[韓国財経新聞 2008-10-18 12:29]
ソン・ユナは、「本当に良いママであった」として、「世の中 どの母親たちが自分の子供に良くないママがどこにいるか、ママとしての、また他の傷を持っている人であったため、それ以上で子供たちに報いてあげようとする その心がとても大きかった」と話した。

[gonews 2008-10-18 09:59]
普段、故人と懇意な親密なよしみを誇ったソン・ユナは、インタビューずっと涙をこらえることができない姿。 相変らず彼女の死を信じることができないという反応だった。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-18 23:47 | Comments(0)

ソン・ユナ“奚琴演奏練習中です”

[聯合ニュース 2008-10-17 14:56]
e0114466_1645553.jpg

映画“セービング マイ ワイフ”で、チャ・スンウォンと呼吸

SBS TV“オンエア”で 艶がない放送作家で活躍した俳優ソン・ユナが、今回は奚琴【ヘグム/中国の胡弓に似た韓国の伝統弦楽器】演奏者に変身する。

ソン・ユナは、来月中旬クランクインする スリラー映画“セービング マイ ワイフ”で、女主人公ジヨン役を担って、チャ・スンウォンと呼吸を合わせる。

ソン・ユナとチャ・スンウォンが コメディー映画“光復節特赦”以後6年ぶりに呼吸を合わせる“セービング マイ ワイフ”は、刑事ソンヨル(チャ・スンウォン扮す)が、思いがけない殺人事件に巻き込まれて危険に陥る妻ジヨン(ソン・ユナ)を救いに立ち向かう話。 ジヨンは有望な奚琴演奏者だが、子供を失った衝撃で大きな悲しみに陥る人物だ。

e0114466_166984.jpg
【これが奚琴(ヘグム)という伝統楽器です。胡弓とご先祖が一緒らしいです。】

このために、ソン・ユナは この前から奚琴の練習に邁進【まいしん】している。

ソン・ユナ側は、「奚琴演奏がこの映画の核心ではないが、それでも劇中の職業であるだけに、先月から専門演奏者に教習を受けている。 最小限 粗雑に見られないように最善を尽くして練習中だ」と明らかにした。

e0114466_1652652.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-17 16:10 | Comments(2)

ソン・ユナ、“セービングマイワイフ”で2年ぶりに映画出演、チャ・スンウォンと呼吸

[NEWSEN 2008-10-17 10:42:17/日刊スポーツ 2008-10-17 10:09]

俳優ソン・ユナが2年ぶりに映画に出演する。

SBSドラマ“オンエア”でオールドミス作家役を演技して好評受けたソン・ユナが、次期作として 映画 “セービング マイ ワイフ”(Saving My Wife、製作 頭師父フィルム)出演を確定した。 これは、2006年封切った恐怖映画“アラン”以後 2年ぶりのスクリーン復帰だ。

ソン・ユナのマネジャーは、17日 NEWSENとの電話通話で『“セービング マイ ワイフ”出演を確定した』として、『最近 忠武路(チュンムロ)で最も良いシナリオと噂が出ていて、出演を迷う必要がなかった。 シナリオが良くて、CJエンターテイメントでも早目に投資を決めた』と明らかにした。

マネジャーは引き続き、『ソン・ユナはチャ・スンウォンと夫婦で出演して、子供を失って苦しんで 自ら叱責する妻ジヨンで出てくる』と付け加えた。

夫の強力班刑事役には、早目にチャ・スンウォンがキャスティングされた状態だ。 二人が夫婦で呼吸を合わせるのは 今回が初めて。

“セービング マイ ワイフ”は、1人の女性(ソン・ユナ)が殺人事件に巻き込まれて危険に陥って、彼女を救うために刑事の夫(チャ・スンウォン)が命をかける内容のスリラーだ。 映画“セブンデイズ”の前題名の“木曜日の子供”を演出しようとしたユン・チェグ監督がメガホンを取った。

最近 釜(プサン)、海雲台(ヘウンデ)などでテスト撮影をしたし、早ければ 来月の初めクランクインする予定だ。

e0114466_11522474.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-10-17 11:53 | Comments(4)