Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 95 )   > この月の画像一覧

記事ではないですが、集めてきた写真などです

e0114466_22423161.jpg
e0114466_22425188.jpg
▲クロダイルレディースのHPのニュースからです。今度、ゴルフ&アウトドアウェアを扱うようになったということで、夏のカタログにも登場するでしょうか?


e0114466_2248390.jpg
e0114466_22481496.jpg
e0114466_22482694.jpg
▲「オンエア」第1話に出てきたダンス教室の様子です。エキストラか生徒さんか、現場にいた人が撮ったようです。とあるブログから頂いてきました。


e0114466_2251317.jpg
e0114466_22515050.jpg
△ヨンウン ドラマ以上に、時々ギャグ入ります
e0114466_2252879.jpg
△スンア  ほとんど無表情です
e0114466_22522582.jpg
△ヨンウンとスンアの睨み合いと、あきれるギョンミン
e0114466_22525022.jpg
△ギョンミンの初登場シーン
e0114466_2253710.jpg
△やさぐれてるギジュン
e0114466_22532254.jpg
△漫画でもカメオ出演、チョン・ドヨン

▲新聞に連載の「オンエア」の漫画です。 俳優さんたちのイメージとかなり違いますが、これはこれで合っているような。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-31 23:15 | Comments(0)

[ビューティー&ファッション] 若さを盗む・・・ソン・ユナ、イ・ヨンエ、私たちの秘密

[東亜日報 2008.03.31 08:56]
e0114466_23122960.jpg

“若く見えたくないですか?”

童顔熱風が相変らずだ。年に比べて若く見えるという言葉が、最高の褒め言葉で通じている。“私も若く見せられたら どんなに良いか”という考えをした二度しない人はいないだろう。もし、芸能界の代表的な童顔スター ソン・ユナとイ・ヨンエのように若く見せられたら、あなたはどのようにするか。

ソン・ユナとイ・ヨンエを、それぞれ担当しているメーキャップアーティスト キム・ファルラン、マ・ヨンヒさんが、メーキャップ秘法を公開する。

〇ソン・ユナ―ファウンデーションとエッセンスを交ぜます
知的なイメージと自然なスタイルが引き立つソン・ユナのメーキャップポイントは、しっとりとした肌表現と生気ある唇だ。このために、まず ファウンデーションとエッセンスを交ぜて使って、しっとりして艶やかな肌を演出する。乾燥した肌よりは、ずっと若く見える。ここに、リップラインを略して、リップクレヨンを手に塗って 唇にぱんぱん叩きながら塗って、生気ある唇を作る。

濃くて重い感じの眉毛は 年を取ったように見せるから、脱色薬をつけた綿棒で梳いてやるように、軽く塗る。約1分経てば 自然ながらも軽い感じの眉毛になる。目元からちょっと下ってアイラインを、そして ほお紅は二つの種類以上を交ぜて使う。

〇イ・ヨンエ―スキンケアとメーキャップ製品を交ぜます
イ・ヨンエは、クリスタルみたいな肌とラグジュアリーな姿態で、長い間 広告界でプレミアムイメージを固守している。

メーキャップをする時、スキンケア製品とメーキャップ製品を一緒に交ぜて使うのがイ・ヨンエのしっとりとした肌の秘訣だ。先に、一番明るい色相と暗い色相のファウンデーション、モイスチュアリングクリームを同じ割合で交ぜて使えば、さらにしっとりして透明な肌に表現することができる。

フェイシャルミストを振り撤いたスポンジに ファウンデーションをつけて、角質ができた顔の部分を押してやれば、本当の効果を得ることができる。目もと専用コンシーラーとピンクパールのハイライト、アイクリームを交ぜて敏感な目もとに塗ってやれば、栄養と水気を供給してくれると同時に、派手さを加えて、いっそう若く見える。ここに、元々より少し厚く描いた眉毛、鼻先とあごに塗ったハイライトと共に、レッドカラーのリップスティックとリップグロスを活用する。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-31 23:13 | Comments(0)

[スターリサーチ] スタートから話題ドラマ、ふた開けてみたら・・・ ―より抜粋

[日刊スポーツ 2008-03-28 08:32]

e0114466_1919210.jpg

ドラマ開始前の報道資料や製作発表会で受けた期待感と、実際に放映された後に、考えがどんなに変わっただろうか? PATZZIリサーチで問うた。

この頃、「オンエア」見る楽しさが かなり良いです。時には、実際人物が実名で、時には仮想状況と仮想人物が登場する「オンエア」は、視聴者が普段気になった話をしている。ドラマの内容が、実際と違う点があるが おもしろいのは事実だ。

ドラマを始める前から 海外販売を念頭しておいて製作するドラマがある、という事実は、すでに たくさん知られた事実だ。また、外注製作の割合が 放送局自体製作の割合に比べて たくさん増えた事も、すでに よく知られている。製作社の立場で見れば、作った作品が反応が良くて、製作コストを落とすのに十分な大きい収益を期待するでしょう。

それで、製作社は、ドラマを作ること以外に 広報にも熱をあげている。製作発表会からが 尋常ではないのが、このためだろう。すでに同時間帯放映されている作品が視聴率を取っている状況なら、より一層そうだ。今は、ドラマが電波に乗る前から、製作社と放送社は ドラマ広報を始める。

しかし、実際に放送が始まってからは、(大きく)失望する作品があるのも事実だ。それで問うた。実際に作品を見てから後に、ドラマに対する満足度は?

去る2008年3月19日から26日まで、女性ポータル パッチドッコム(http://patzzi.joins.com/)リサーチを通じて、ドラマの中間評価を実施した。期間内に 844人が参加して、性別比では 女性72%、男性が 27%の割合で参加した。一番関心を見せた年齢帯は 20代中盤で、30代中盤までに 53%の参加率を見せた。

1. ドラマのスタート前からカメオ出演で関心が集中された「オンエア」と、水木ドラマの強者 MBCの“ニューハート”後続作 “どなたですか”。パワー演技者チェ・ジンシルと久しぶりに TVで挨拶するチョン・ジュノの“私の生涯最後のスキャンダル”が始まりました。見てからこそ、どんなドラマが一番面白かったですか?

パッチリサーチを通じて、ドラマ開始前に期待作に対してアンケートを進行した、その結果、「オンエア」 51%、“私の生涯最後のスキャンダル” 26%、“どなたですか?” 23%の順序だった。同じドラマを対象に、放映2週後に またアンケートを実施した結果、「オンエア」 55%、“私の生涯最後のスキャンダル” 29%、“どなたですか?” 16%の結果が出た。

e0114466_19194255.jpg

オンエア 51% → 55%
私の生涯最後のスキャンダル 26% → 29%
どなたですか? 23% → 16%


「オンエア」は 開始前にも51%で大々的な支持を受けたが、スタート後には これより 4%も上昇する結果を現わして、天気で見れば晴れだ。“私の生涯最後のスキャンダル”は 3%上昇で、雲が少し立ち込めた晴れくらい、“どなたですか?”は 支持度が 7%も下落した 雨降る確率が高い雲が立ち込めた天気と予想される。

ドラマ開始前から大型スター級のカメオ出演で関心を集めた「オンエア」は、速い話の展開と個性が溢れる登場人物、そして ドラマ製作の後姿を適切に描いて、興味をつのっている。

去年、SBS演技大賞が 配る式だったという評価を、ドラマ内では オ・スンアが共同受賞を拒否する絵で描く上に、ドラマ素材に対しても「どうして MBSはエイズに罹った少女の話もするのに、私たちは どうして鬱病を素材にしたらいけないのか?私たちが それに押されるのではないか」と、実際と仮想が混合した話の展開が面白い。

キム・ハヌルは、本当にオ・スンアと性格がまったく同じなんじゃないだろうかと言う疑心をしてみた方々も 一人二人ではないようだ。初期、あまりにオーバー演技をするのではないかと思ったソン・ユナは、普段のソン・ユナに対する強いイメージのため 苦労したのではないか?

オ・スンアが そのまま見ても我儘なキャラクターなら、ソ・ヨンウンは、鼻っぱし高い 売れっ子の 眼下無人に近いキャラクターを消化してみたら、気質もよく使ってくださらなければならないし、他人に対する思いやりなしに 思う前に言葉が先に出なければならない、そんな役のために 大変に見えなかったかと思う。

'“冬のソナタ”で チェ・ジウをベ・ヨンジュンに渡さなければならなかったパク・ヨンハは、イ・ビョンホン、ソン・ヘギョ主演の“オールイン”では、演技者で出演ではない 歌手で OSTを歌って話題になったりした。その後しばらく、国内には活動が遠のいて、 「オンエア」を通じて 再び登場して、もしかして整形したのか違うのかと言う 無茶な疑心を受けたりしたが、新たに視聴者の関心領域に進入するようになった。

カッとボムス イ・ボムスは、小さな背に溢れるカリスマを持った演技派俳優で、あえて詳しい説明が必要なく 魅力的なチャン・ギジュン役を立派にやりこなしている。

この頃 MBCは、おばさんたちが食わしているという話がある。なかでも 一人が“天下一色パク・ジョングム”のベ・ジョンオクで、もう一人が“私の生涯最後のスキャンダル”のチェ・ジンシルだ。田舍臭い クルクルのくせ毛がぎこちなかったりしたが、チェ・ジンシルは、やっぱりチェ・ジンシルだ.

久しぶりにドラマに登場したチョン・ジュノと なんだかんだと争う姿は、可愛いとまで思う。同時間帯に すでにSBSで“糟糠の妻クラブ”が席を取っているから、どのくらい善戦するのかは 見守らなければならないことだ。

“どなたですか?”は、視聴者の立場で とても理解しにくい作品だ。映画“もっとゲーム”でもなくて、コミックでもなくて、何が何だかよく分からない。これが、仮に出演者だけの問題だけではないようで。 とても献身的なのに 顔は他の人である若いパパと、性質汚い年若い代表を、皆演技しなければならないユン・ゲサンや、彼に対しなければならないコ・アラ共に、とても大変な作品だ。もうちょっと説得力ある設定にならなければならないのじゃないかと思う。

e0114466_1923146.jpg

2.“私の生涯最後のスキャンダル”、“どなたですか”、“オンエア”の主演の中で、最高は誰?

最高の作品が「オンエア」なら、その作品の中の主人公の中で 最高の俳優は誰であろうか?

パッチ会員たちは、実際なのか演技なのか仕分けが行かないオ・スンア役のキム・ハヌルを、32%の支持率で最高に数えた。その後は、ソン・ユナが 21%、チェ・ジンシルが 14%の順だ。惜しくも 男優たちは皆 10%未満の支持率の外に得ることができなかった。

イ・ボムスが 9%で4位、コ・アラ 7%、ユン・ゲサン 6%、パク・ヨンハ 5%、チョン・ジュノ 5%の順だ。それなりに真の演技する抜群な実力を持っているが、どうしても ドラマ自体に対する人気度がたくさん反映されたのではないかと思う。

e0114466_1956635.jpg
e0114466_19562264.jpg
e0114466_19563641.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-31 19:57 | Comments(0)

放送界領土争い ドラマで“自己暴露”

[ハンギョレ 2008-03-30 午後 08:21:16]
e0114466_1611574.jpg

水・木ドラマ 1位 SBS“オンエア”の魅力
作家、俳優、PDなど 製作関連者
小気味良いセリフ・反転“ぴりっと”


ドラマ作る過程を扱った エス・ビー・エスドラマ <オンエア>は、視聴率13.5%で始めたら 7回目20%を越して、水•木同時間帯の先頭を固めた。キム・ウンスク作家、シン・ウチョルPDは、前作 <パリの恋人> などで 明るくてぽんぽん弾む感じだけ精製し出した後、医学ドラマ<白い巨搭>が見せた冷酷な現実の論理に交ぜて、独特の香りを作るところだ。韓国ドラマの公式を批判して、ドラマ製作を取り囲んだ泥仕合を全面に描き出して視聴者を集めている。

闘鶏たちの全面戦争 新鮮でリアルであるだけなら たくさん見るか? ドラマ製作過程をドキュメンタリーで撮ったら、もっと人気を呼んだだろうか? <オンエア>を見る楽しさの芯は、ケンカ見物だ。誰一人甘い人がいないキャラクターが明確で、誰が勝つかも知れなくて、上になったり下になったりする、見るに値するケンカだ。自分を侮辱すれば 神も顔負けのスター オ・スンア(キム・ハヌル)。“興行製造機”だが、同時に“妄言製造機”でもある 鼻っぱしら高い物知らず作家ソ・ヨンウン(ソン・ユナ)。深みのあるドラマを夢見るが、現実感覚は足りなく見える PDイ・ギョンミン(パク・ヨンハ)。正道で行くという自負心はすごいが、無能なマネージャー チャン・ギジュン(イ・ボムス)。<オンエア>の主人公4人は、恋愛は後回しで 相手の鼻血でも見ると終りを出す闘鶏たちだ。

オ・スンアは、公然と「善良な人嫌いだ」と言う。「好き嫌いも不明で、傷よく受けて・・・。そんな人々が、もっと悪いのではないか?」 彼らは、ただ自分が処した現実の論理と欲望だけで動く。立体的に構築されたキャラクターは、自分だけの領域を持って領土争いをして行く。オ・スンア―ソ・ヨンウン、ソ・ヨンウン―イ・ギョンミン、チャン・ギジュン―オ・スンアなどに戦線を変えて、全面戦争を行なう。

一場面中でも、セリフごとに予想を裏切る。 イ・ギョンミンに世話になったオ・スンアが、彼を夕食に招待する席、オ・スンアは「私たちは似ている点が多い」と、イ・ギョンミンを持ち上げると すぐに、「デビュー監督作品はしない」と冷酷に後頭部を打つ。主人公同士の理解と反目が行き交って、オ・スンアと彼女の前所属社社長チン・サンウの間に熾烈な気力の戦いが起りながら、ドラマの中のドラマは 編成から抜けて、主題が変わっていって、主人公が交替される竜巻に巻き込まれる。

ドラマ、自分に向けた全面戦争 「作家様は、そのように自尊心が強くてなさるドラマごとに、PPL(間接広告)で 混ぜこぜをなさるようですね?」(オ・スンア) 「オ・スンアさんみたいな俳優が、回当り 二千(万ウォン)も持って行くから。」(ソ・ヨンウン) 「作家様も、回当り 二千と言いますね。」(オ・スンア) 放送関係者たちは、<オンエア>の放送界描写に対して、「事実に土台を置いた劇的誇張」と言う。回当り 4千万ウォン超えるにもらう俳優、2千万ウォン超えるようにもらう作家がいて、マネージメントを兼ねる外注製作社たちが、投資と俳優出演を条件に編成に影響を及ぼす状況なども、概して事実だと言う。

もちろん、劇的な誇張と虚構も混ぜ合わせた。キム・ウンスク作家は、「ここが いくら政治的な所でも、後で その人がどうなるか分かって、俳優と作家がそれほど争うか」と言いながら、「オ・スンア、チン・サンウなども架空の人物」と言った。<オンエア>は、現実と仮想の境界を ギリギリのところで消してしまう。実際の名前とイメージをドラマの中に引き込んで行ったチョン・ドヨン、カン・ヘジョンなど、びっくり出演者たちも一役する。

<オンエア>は、ほとんどドラマに対して自我批判して、視聴者たちのドラマに対する不満を密かに代弁してくれる。「(アメリカドラマ見ながら) どうして学ばないですか?ミド(アメリカドラマ)には、財閥、生まれの秘密、そんなこと出ないが。」 オ・スンアが問うと、ソ・ヨンウンはやり返す。「アメリカの俳優たちは、とても演技がお上手で・・・。セリフが何のガムであると思うのか、二行にさえわたれば 噛むこと忙しい俳優には無理ですよ。」

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-31 16:12 | Comments(0)

[デザイナー パク・ジウン スターファッション追跡] ソン・ユナ、何を着ても似合う高品格コード

[世界日報 2008-03-31 09:39]

e0114466_1330158.jpg

人が年を取って行くということは、歳月の流れによって“身体外的の成長、または老化されて行く”という科学的解釈と、経験を通じる“慧眼と年輪が積もる”という体験的解釈を下すことができる。

最近、芸能界デビュー14年次、新入でもない中堅級女優が 演技力論難に包まれたことがある。水木劇の強者で人気のうちに放映中の SBS ドラマ「オンエア」で、興行不敗作家“ソ・ヨンウン”で熱演中の、タレント ソン・ユナがまさにその主人公。

彼女は、ドラマ初盤 誇張された演技で、視聴者たちから「演技がとてもぎこちない。年輪あるソン・ユナが、どうしてそのようにまでオーバーな演技するのか理解できない」と言う要旨の論難を引き起こした。しかし、回を繰り返すほど、視聴者たちは彼女のオーバー演技にはまり始めた。そして今は、「ソン・ユナの小気味良い演技のため、もっと面白く見ている」と言う反応が溢れ出している。

ソン・ユナは、どのように こんな逆転の反応を導き出したのだろう。たぶん、視聴者たちの脳裏の中に刻印された既存のソン・ユナスタイルの演技と、劇初盤に彼女が見せたオーバー演技の間の、狭めることができない隙間が 一役したはずだ。しかし、何よりであるソン・ユナの演技に対する年輪と慧眼が作用したであろうと見当がつく。大当り作家“ソ・ヨンウン”にキャスティングになった後、彼女は、確かに分析と研究を通じて、現実の自分と劇中人物を同化させるための努力をしたはずだ。その結果が、ちょっと誇張されたジェスチャーと自己表現が積極的な“ソ・ヨンウン”と言う人物を創造し出したはず。彼女としても、“冒険的で実験的な演技スタイルの試み”だと思うことができたかも知れないが、その判断は的中した。

「オンエア」で、ソン・ユナは、演技だけではなく ファッションスタイルにおいても深い慧眼を誇る。彼女は、劇中人物“ソ・ヨンウン”に 淑やかさと派手さを自由に出入りするファッションをコーディネーションしている。基本アイテムは、ジャケットとスカート、モノトーンのシャツと膝まで来るクロブトパンツなどだ。劇中でプロらしい姿を見せる時には すっきりしたスーツスタイルを、普段には 活発なキャラクターを活かすレイヤードルックを披露する。また、自然なウエーブカットの頭と、楽なニット、ボディーラインを引き立たせるデニムなどは、“ソ・ヨンウン”の気楽な日常性を見せる。

筆者は、彼女の普段のファッションコードを“高品格”と整理したい。どんな服を着ても、彼女が着れば 品格があるように見える。これは、専ら明るくて全ての面で肯定的な思考で生きて行く彼女の性分が、香りのようにプングギョナギのためであるでしょう。共に、中(内面)と外(外形)がよく整理されて、安定的で知的な感じを与える彼女の外貌のお蔭もある。

年を取るほど深くなって増えるシワのため、気苦労する人々が多い。しかし、そのシワの数と深みくらいに 世の中を余裕のあるように眺める目を得ないか。彼女が、今後とも より多い作品で、多様な色の演技を広げるのを期待する。

ファッションデザイナー パク・ジウン

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-31 13:31 | Comments(0)

【3月19日記事】 ドラマの中 “悪役”の進化・・・ ”絶対悪から現実悪に“

e0114466_1311106.jpg

[スポーツソウル 08/03/19 14:41]

最近、ドラマの中の悪役が進化している。過去 残忍なぐらい毒々しい姿で 後ろ指受けた“絶対悪”は、もう探しにくい。傷一杯な姿で、また他の悲しみを抱いて生きる“現実悪”が大勢になっている。

過去、視聴者は、善良な主人公と極限対立を成す 非現実的な悪役が欲しかった。そんな絶対悪は、葛藤を誘発させて 劇に緊張感を吹き入れた。しかし、この頃は違う。どんな理由も無く 毒舌と悪事を行うとしたら、そっぽを向かれるのが落ちだ。それなりの理由で、憎らしくなるしかないと視聴者の共感を買う。

ドラマの中の悪役が進化した過程と理由を詳しく見た。

e0114466_1355838.jpg

◆過去 “悪には理由がない”
過去 ドラマの中の悪役たちは、感嘆するほどに悪党の姿に忠実だった。ドラマ“イブのすべて”のホ・ヨンミ(キム・ソヨン扮す)、“ミスターキュー”のファン・ジュリ(ソン・ユナ扮す)、“火の鳥”のユン・ミラン(チョン・ヘヨン扮す) などが、まさに代表的な極限の悪役だった。

“イブのすべて”のホ・ヨンミ(キム・ソヨン扮す)は、お金と成功のためなら何でもやる意地汚い人物だった。成功するために愛する男を捨てたし、女主人公チン・ソンミ(チェリム扮す)の車をわざわざ故障させるなど、あらゆる悪いことは引き受けた。

“ミスターキュー”のファン・ジュリ(ソン・ユナ扮す)も、悪意の化身そのものだった。ファン・ジュリは、職場の上司という地位を利用、ヘウォン(キム・ヒソン扮す)を絶えず窮地に落とした。ガント(キム・ミンゾン扮す)を占めるためには、こんな悪事くらいは当たり前だというようだった。

“火の鳥”のユン・ミラン(チョン・ヘヨ扮す)も、視聴者たちも あきらめるほどの極悪無道の役だった。足を書くことができないという嘘は、基本中の基本。割れたガラスの破片を踏んで血を流しながら“ウィル”を捜した姿には、身の毛がよだつほどだった。

e0114466_136201.jpg

◆現在 “悪にも理由はある”
最近のドラマの中の悪役たちは、現実的な姿を見せる。憎らしいが憎むことができないキャラクターで、視聴者を泣かして笑わせながら愛される。代表的な場合が、“天下一色 パク・ジョングム”のサゴンユラ(ハン・コウン扮す)、「オンエ」のオ・スンア(キム・ハヌル扮す)、”可愛くても憎くても“のボン・スア(ユ・イニョン扮す)だ。

“天下一色 パク・ジョングム”のサゴンユラ(ハン・コウン扮す)は、男を奪うために服毒動をする悪人だ。しかし、妾の子という罪を犯した責任感で 自らを悪のどん底に追いこんだという痛みに、視聴者は一緒に泣いた。

「オンエア」のオ・スンア(キム・ハヌル扮す)は、一言で“どん引け礼儀知らず”だ。自分の人気だけ信じて、対策なしに行動する。しかし、恩恵を返すために 無一文のマネージャーと契約して、財閥の前でも自尊心は守る剛断【困難に根強く耐える力】がある。

“可愛くても憎くても”'のボン・スア(ユ・イニョン扮す)は、一度狙ったものは絶対逃さない眼下無人だ。他人の男を奪って結婚までした。しかし、愛する男のために多くのことをあきらめて努力する純情を持った魅力ある女だ。

◆悪役の進化、“3種の理由”
この頃の放送のトレンドがリアリティーというのが、悪役進化の大きい理由だ。リアルで理解の可能な人物が愛される時代になったのだ。こんな時代に、過去のようにリアリティーが不足する悪役の登場は、非難の対象になるだけだ。

善と悪の境界が消えていることも、悪役が変わる理由だ。過去は、善と悪、富と貧乏などの黒白論理が通用する社会だった。しかし今は、善と悪の境界が曖昧になった。絶対悪と言う言葉自体が通用しないのだ。

視聴者たちの目が高くなったことも、悪役進化のきっかけになった。視聴者たちは もう、理解ができない人物が登場すれば、容赦なくTVにそっぽを向く。話にならないドラマは見ないと言うのだ。

リアリティートレンドと社会の変化を通じて、視聴者たちの目の高さに合わせられた悪役たちの変化が面白い。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-30 13:12 | Comments(1)

”ミューゼヌフ”スタッフのブログのご紹介

ユナさんの行きつけの美容室”ミューゼヌフ”のブログ以外に、スタッフ個人のブログがあるようです。
「オンエア」でも”ミューゼヌフ”がユナさんのヘアを担当していて、スタッフの方がブログにあげていました。

▼ミューゼヌフの誇り!! オンエア ソン・ユナヘアスタイルを作ったヤン室長の施術法いきなり公開!!
[2008/3/21/ 11:00 作成者 goldenbrush]

この頃は ぽかぽかした春だから、何故かしたいことも多くて、食べたいことも多くします。
と言えども、体がだるいのか、眠りたかったりします。

こんな だるい春の日!!
私の疲れを洗ってくれる唯一の楽しみは、まさにドラマです。

ウフフ・・・、おばさんのように、出勤前 朝ドラマ、退勤の後 宵の口から寝る前までドラマを挟んで、
あらゆるドラマを漁って、すべての芸能人たちが まるで私の友達のように、彼らのドラマの中の生活を いちいち干渉する事態まで生じたんです。 しかし、私の周辺の誰も 私と共感帯を形成してくれる者いなくて、私はいつも口がくすぐったくて唸っています。 しくしく・・・

今は TVで SBS ドラマ オンエアをしています。
ドラマの中の主人公であるソン・ユナさんは、この頃 髪のセットに ミューゼに もっと、うんと、たびたび来ていらっしゃいます。
e0114466_8424552.jpg


周辺の人が TVに出れば、もっと不思議なようで、ユナさんは当然俳優だから TVに出ますけれども、まるで身内のお姉さんが出ることのように嬉しくて、TVにぴったりとくっついています。 “お姉さん綺麗です~”

この間、ユナさんの頭を担当する 私たちミューゼのヘップバーン ヤン・インギョン室長が、ユナさんヘアー関連の文を寄稿したことがあって【たぶん、こちらではないかと】、もしや気になる誰かのために あげてみようかと思います。

     ↓うちのヤン・イギョン室長です。 フフ
e0114466_841453.jpg
e0114466_8431952.jpg
e0114466_8433411.jpg
e0114466_8434592.jpg


“オンエア” ソン・ユナ様ヘアー

1. 簡単なカット技法
⇒ ワンレングスに切って、TOP部分ラインは重みあるようにして、全体的にグラデーションして、軽い処理で毛髪量をたくさん減少させた。 side部分は、特に髪の毛をたくさん減少させるよりは、ライン自体を短くして 汚なく見えないようにした。 前髪はバング【パッツンと切りそろえる】感じを与えるが、重く見えないように 端の部分にポイントでカッティングして、横に流すようにした。

2.スタイリング法
⇒ 前提的にパルピーパーマになっていて、人為的なドライをしない。 シャンプー後 頭皮を主に頭を乾燥させた後、水気が残っている時 柔らかいスタイリングワックスを塗る。(頭を乾かしている途中でカールが消える場合には、ツーフェースや水スプレーを噴霧。) 前髪は前方へ乾燥させて、横に軽く回して放物線を描くように ドライを一度ばかりしてやる。(推薦製品:アヴェダ ダメージコントロール)

3. ヘアー注文書
⇒カット+パーマ+染め付け(Two tone color)
※シャンプー後、カットを1回と一緒にカッティングする。
※パーマ ― 全体的に根までワインディングをしないで、根を 4cm~5cm程度をはなしてワインディングをする。(毛髪自体にボリュームが多い方々に、特に効果的な方法です。)
※染め付け ― 全体を皆塗らないで、マッシュの技法で一筋ごとに取って ブラウンで染め付けをした。 このようにするようになれば、毛髪が育ち出ても 明らかな境界が見えないので、根部分の染め付けをよくしなくても良くて、毛髪の損傷部分は少なくて、カラー感においては ずっと自然に演出ができる。

4. 綺麗に維持することができる方法
⇒ パーマの維持力は 2ヶ月から2ヶ月半くらい維持できるが、ひと月くらいになった時 カットをすれば、カールがまた綺麗に生き返えって、トリートメントをたくさんして、毛髪を元気に維持させれば、もっと綺麗に手入れができる。
スタイリングワックスを塗る時は、髪の毛をしっかり握りしめるようにして塗ってやる。

5. 施術価格では
⇒ カットとパーマをして 15万ウォンの線 (パーマの中にカット費を含み)
染め付けだけして 10~15万ウォンの線 (カット費は別途)

e0114466_8451100.jpg

イングリッシュを愛する うちのヤン室長様の言い方が たっぷりたっぷり付け出す文ですね。フフ
皆、役に立ったことを望みます。

性格良い 私たちのユナさんのこれからドラマ大当り成功を望んで、
明日またお目にかかります・・・ ソン・ユナ ファイティング!!!!

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-30 08:52 | Comments(0)

マネージャー“温 エア” 演出者“冷 エア”

[東亜日報 2008.03.26 09:00]

e0114466_8161670.jpg「PDには悪口を言われて、マネージャーには愛されています。」

水木ドラマ強者で落ち着いた SBSドラマの「オンエア」(演出シン・ウチョル、脚本キム・ウンスク)の コ・フンシク責任プロデューサー(CP)の顔は、この頃あまり明るくない。番組の視聴率が毎回上昇勢を繰り返しているが、むしろ気苦労がもっと多くなったと言う。

SBS 一山製作センターで会った コCPは、ドラマ人気に対して「悪口半分、褒め言葉半分聞いている」と、困り果てる顔をした。 ドラマで、エリートで才能も優れるが 人間関係が円満ではないイ・ギョンミン(パク・ヨンハ)と言うキャラクターが、現業 PDの目に綺麗に見えないからだ。

コCPは、「作家の目で見た放送界の話なので 、PDの立場が充分に考慮されなかったようだ。主人公を含んで、出世志向的でお金に揺れるPDの姿が、まるで工場で製品を刷り出す人のように描かれている」として、「演出者の創作精神と作家主義的な面に、自尊心の痛む内容が かなり多い」と言った。

彼は、周辺PDの反応をそっと問うと「周辺PD?よく見ないようだ」という答えが返って来た。「表に現われた視聴率上昇勢を見れば、一般人によく分からなかった現場話だから、興味をたくさん感じるようだ。しかし、PD 立場では 不満が多いだろう。他の演出者たちは、何回か見ている途中 見ない場合が多い。」

一方、芸能人のマネージャーたちには愛されるドラマと言う。劇中 イ・ボムスが引き受けたマネージャー チャン・ギジュンが、男らしい信念と女優に向けた思いやりを持ちながらも、常に笑いを失わない楽天的な性格まで持ったからだ。

コCPは、「他の職群は分からなくても、“オンエア”が マネージャーたちの間では視聴率 1位ドラマではないかと思う。周辺マネージャーたちの好評が、私にまで聞こえる」と紹介した。

コCPは、「ドラマ“オンエア”は、一般視聴者たちが面白く見られるように 最善をつくして作っている。実際と虚構の分布は 5対5くらいだと思えば良い。私たちの PDの哀歓は、見る方々の楽しさと いくらでも交換することができる」と、淡々と立場を明らかにした。

ドラマを作る人々を描いたドラマ「オンエア」は、ソン・ユナ、キム・ハヌル、イ・ボムス、パク・ヨンハなど派手な主演たちと、主演くらいに派手なカメオ軍団で注目されて、3週連続で同時間帯視聴率1位を記録している。

e0114466_8203247.jpg
e0114466_8244290.jpg
e0114466_829621.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-30 08:29 | Comments(0)

「人気行進 “オンエア”サンキュー!僕たちもうまく行って~」

[スポーツ韓国 2008/03/28 08:01:56]

e0114466_14312548.jpg

挿入曲 “ハンガジマル”【一言】 ドラマ興行に連れ人気
日本活動遠くない オンラインチャート上位圏進入

FTアイルランドは、SBS 水木ミニシリーズ <オンエア>(脚本キム・ウンスク、演出シン・ウチョル)興行のお蔭で、ドラマ挿入曲 <一言>の同伴人気熱気を享受している。

FTアイルランドの所属社関係者は、「日本の活動のために出国した状態だから、アルバム広報をすることができない状況だが、 <オンエア>の人気のお蔭で 自然に <一言>が 熱い愛を受けるようになった」と言った。

<一言>は 、『僕が一つ言えない言葉、僕が一つ聞けない言葉、愛してる 君を愛してる、一言を胸に隠しておいて・・・』という歌詞が印象的な曲だ。<一言>は、<オンエア>のメインタイトル曲で、主人公のソン・ユナ、キム・ハヌル、イ・ボムス、パク・ヨンハ、四人の微妙な愛の感情を代弁している。

<オンエア>が、最近 20%に迫る視聴率を記録して人気を集めるので、タイトル曲 <一言>も 連れて注目を引くようになった。<一言>は、現在 メロン、バックスなど、オンライン音源チャートで 早くも上位圏に進入している。

この関係者は、「<オンエア>の人気のお蔭で、歌が光を見られて幸いだ。<一言>によって、ドラマ<オンエア>も 光を出すことができるように願う。FT アイルランドは、日本の活動を通じて、一層成長した姿でまたお伺いする」と言った。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-29 14:32 | Comments(0)

出演料バブル風刺 “オンエア”・・・ソン・ユナ、キム・ハヌル 回当り“1500万ウォン”

[東亜日報 2008.03.29 08:13]
e0114466_11441782.jpg

「オ・スンア(キム・ハヌル役・写真右側)さんみたいな俳優が、回当り2000も持って行けば、俳優たちの出演料だけで1億なのに、製作は何をお金にしなければならないでしょうか?」

「作家様(ソン・ユナ役)も、回当り2000と言いますね。私が削れば、作家様も削るんですか?」

人気ドラマ SBS「オンエア」(脚本キム・ウンスク、演出シン・ウチョル)の一場面。ドラマ製作の派手さの裏に隠れた姿を扱って人気を集める この作品で、劇中 人気最高の俳優オ・スンア(キム・ハヌル)と、A級作家ソ・ヨンウン(ソン・ユナ)の神経戦が話題だ。 いわゆる“2000万ウォン舌戦”。

“2000万ウォン攻防”は、12日放映された3回に初めて登場して、以後毎回登場して 視聴者の好奇心をひいている。 ドラマのバブル論難の象徴的数字である 1回当たりの出演料2000万ウォン。それでは、「オンエア」の実際主人公たちは どの位受けようか。キム・ハヌル、ソン・ユナ、イ・ボムス、パク・ヨンハなど、「オンエア」主演 4人衆は、皆 回当り1500万ウォンをもらう。

キム・ハヌル、ソン・ユナを含めて、“ボン・ダルヒ”シンドロームのイ・ボムス、韓流スター パク・ヨンハ、皆 ギャランティーは“言い値”だ。

1500万ウォンは、現在 ドラマ市場で A級に分類された俳優たちの1回当りの出演料が、2500万ウォンから3000万ウォンなのを考慮すると、半分に近い金額だ。

実は、1500万ウォンは、2007年9月 韓国ドラマ製作社協会(CODA)が 公式的に提示した“出演料上限制”に ぴったり合わせた金額だ。

“ドラマのバブル脱却”という 「オンエア」の主要素材も多少の影響を及ぼしたが、ドラマ出演陣皆 自発的に1500万ウォンという出演料に 快くサインをした。

このドラマの関係者は、「製作編修は多くて、知名度高い俳優は決まっているから、猫も杓子も連れて行こうと身の代金を高めておいて、結局 似ている水準の作品なら出演料もっと言う所に視線が行くのは、間違ったことではないでしょう」と、身の代金【ギャラ】バブル現象を診断した。

彼は引き続き 、「“オンエア”は、韓国ドラマ製作社協会が提示した出演料上限制を初めて適用したドラマで、“お金だけ明らかにする”と言う固定観念を壊すために、演技者たちが実践を見せたこと」と付け加えた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-03-29 11:45 | Comments(0)