Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 51 )   > この月の画像一覧

蘋果日報と自由時報から頂いてきました

昨日は、4人共に桃園空港でロケがあったようです。

e0114466_1791020.jpg

翻訳サイトの訳なので、もう一つも二つもよく分からないのですが、ハヌルさん演じる女優を熱烈ファンたちが迎える様子などが撮られたようです。

e0114466_1050737.jpg
          <自由時報の写真>
『自由時報』は、ロケは 到着時間もハッキリせず、NGの連続で、実際の記者たちが記者のエキストラをやらされたり、時間がかかったと不満だらけの書き方な感じ。

一方、『蘋果日報』は友好的で詳しい記事です。

e0114466_1054927.jpg
上の写真は、ユナさんとヨンハさんのけんかシーンだそうで。

e0114466_10554250.jpg
ロケの前の夜、ユナさんはスタッフの人たちとマッサージに行ったそうです。「気前よく」と言う文字があったので、ユナさんの奢りだったのかな?

e0114466_10582897.jpg
ハヌルさんは人気女優の役なので、持ち物もLVやGUCCIのブランド品で固めています。「30万7千元の台湾ドル」の衣装と書いてありますが、いくらなんでしょう?

ファン役のエキストラや、俳優・スタッフの大人数で、それを見る野次馬も多くて、空港の旅客の動線を一度止めてしまったほどだったそうです。

これ以上、込み入った内容はよく分からないので、申し訳有りません。
韓国の方でも空港ロケの記事が出ると良いのですが・・・

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-31 11:10 | Comments(1)

「オンエア」のメイキング動画

4分ほどのメイキング映像が見られます。 こういうのを見るとドラマが実感できますね。
記事の内容は、今日 先にアップしたものと同じです。

『dailian』のページ。
または、
▼ 『Yahooニュース』のページ。
内容は同じです。

e0114466_11132492.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-30 11:16 | Comments(3)

“オンエア”俳優たち、台湾でスタッフに感動プレゼント

[OSEN 2008-01-30 08:27]

e0114466_984517.jpg

e0114466_99584.jpg

キム・ハヌル(30)、パク・ヨンハ(31)、イ・ボムス(38)、ソン・ユナ(35)など、SBS新しい水木ドラマ「オンエア」の俳優たちが、撮影スタッフたちを感動させた。

彼らは、海外ロケ撮影のため訪ねた台湾で、忙しい撮影スケジュール中にも、スタッフたちを細心に面倒見る姿を見せた。

「オンエア」台湾現地撮影初日の21日早朝、一番最初に撮影スタートを切ったパク・ヨンハは、翌日の夜中から明け方まで続いた撮影後 疲労することも忘れたまま、当日誕生日を迎えた撮影スタッフの誕生日祝いの席に参加して、和気あいあいな雰囲気を作り出しながら、最後まで位置するなど、格別な愛情を見せた。

キム・ハヌルは、自身の撮影がないにも撮影会場を訪ねて、コーヒーを回して、現場の雰囲気を温かくさせた。 イ・ボムスは、特有の余裕と暖かい微笑でスタッフたちを励ましながら、士気を培ってくれている。

ソン・ユナは、激しい風邪と厳しい撮影日程で体の状態が良くないにも、撮影時ごとにいつも明るく笑いながら、愉快な対話を導くかと思えば、時々 スタッフ1人1人に手ずからおやつをふるまうなど、愛情を惜しみなく見せている。

「オンエア」のある関係者は、「海外撮影だから、俳優たち皆気を遣う部分も多くて、体力的に大変なはずなのに、むしろスタッフたちを細心に面倒見る姿に 撮影チーム皆大きい力を得て、楽しく撮影している。 俳優たちとスタッフたちの幻想チームワークのおかげで、残った撮影も順調に進行されて、良い映像が入れることができるようだ」と、現場の雰囲気を伝えた。

一方、台湾観光庁の惜しまない支援を受けて 台湾現地ロケ撮影をしている「オンエア」撮影チームは、台北をはじめとして、日月潭,花蓮など、台湾の美しい風景を映像に入れて、2月5日帰国する。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-30 09:10 | Comments(2)

自由時報から頂いてきました

台湾の自由時報の本日付けの記事から抜粋して、翻訳サイトで、オマケに意訳ですが・・・

e0114466_23105922.jpg『見出し―重い風邪を顧みません ソン・ユナは日月潭を跳びます

写真説明―重い風邪を得たソン・ユナの体はかなり虚弱で、また親切にファンに署名するように手伝います。

これからの予定―「On Air」は、昨晩 日月潭が構図を決めて終わる後で、2日間 北部で金山、野柳と台北市街区で構図を決めて、2月3、4の日 花蓮に行って撮影して、5日の全体の劇グループは台湾を終えて構図を決めて韓国に帰ります。』

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-29 23:12 | Comments(0)

SBSに「オンエア」のHPが出来ました

いよいよHPもでき、予告編が見られます。
掲示板には すでにたくさんの書き込みがあります。
中身は、これから充実していくのかな? SBSに会員登録しないと見られないのかな?

▼こちらです⇒ http://tv.sbs.co.kr/onair/

e0114466_1830299.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-29 18:45 | Comments(1)

ソン・ユナ 真冬”ドブン”闘魂

[メトロ 2008年01月29日(火)午前09:17]

e0114466_10114140.jpgタレント ソン・ユナ(35)が、湖に体を投げる渾身の演技をした。

STV新しい水木ドラマ 「オンエア」を撮影中であるソン・ユナは、24日 台湾の有名天然湖 日月潭の渡し場で、湖に飛び込むシーンを撮影した。

水泳を全くできなくて、風邪までかかって、製作陣を緊張させたが、保身を図らない積極的な演技をして賛辞を受けた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-29 10:12 | Comments(2)

[エンターポル] “オン エア”キム・ハヌル2月のお茶の間クイーン

[スポーツ朝鮮 2008-01-28 12:19]

40.3%支持1位・・・“オンエア”コンビ ソン・ユナ 2位
e0114466_15444228.jpgキム・ハヌルが、スクリーンに続き、ブラウン管の注目されるスター俳優に浮び上がった。

 キム・ハヌルは、「2月ドラマ出演俳優中、最も注目される女主演は誰か」というスポーツ朝鮮(http://sports.chosun.com) “エンターポル(EnterPoll)”で、総568人中229人(40.3%)の支持を受けて頂上を極めた。【この投票は あらかじめ候補があっての投票です。主題は先週21日に出されて、期間は1週間のようです。主題を記事の下に載せました。】

 来る2月27日初放送する「オンエア」(SBS)の主役を引き受けたキム・ハヌルは、主役を演じた映画“6年目恋愛中”も まもなく封切る予定なので、その誰より2月が待たれることになった。

 2位は26.6%の得票率を現わしたソン・ユナに帰した。

 特に1、2位を占めたキム・ハヌルとソン・ユナは、「オンエア」に並んでヒロインで出演して、善意の対決を広げる。

 3位は“天下一色 パク・ジョングム”(MBC)のペ・ジョンオクが13.7%の得票率で占めており、“シングルパパは熱愛中”(KBS2)に出演するカン・ソンヨンは、11.8%の得票率で4位を占めた。

 週末ドラマ“幸せです”(SBS)に出演するキム・ヒョジン(5.3%)と、金曜ドラマ“飛天舞”(SBS)に登場するパク・ジユン(2.3%)は、低調な得票率で 各々5、6位に留まった。

▲2月ドラマ出演俳優中、最も注目される主演は [スポーツ朝鮮 2008.01.21]
 →来る2月には、観るに値したドラマが大挙お茶の間に駆せ参じます。 ヒロインたちの面々も華麗です。 今週のエンターポルの主題は「2月放送されるドラマに出演する女優中、最も注目される主演は?」です。 候補は、カン・ソンヨン(シングルパパは熱愛中)、キム・ハヌル(オンエア)、キム・ヒョジン(幸せです)、パク・ジユン(飛天舞)、ペ・ジョンオク(天下一色 パク・ジョングム)、ソン・ユナ(オンエア)です。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-28 15:51 | Comments(0)

“オンエア”パク・ヨンハ―ソン・ユナ 氷の湖に“ドブン”

[スポーツ東亜 2008.01.28 09:01]

e0114466_9542493.jpg

2月27日初放送されるSBS新しい水木ドラマ「オンエア」(脚本キム・ウンスク、演出シン・ウチョル)の海外ロケ撮影のために台湾に行っているパク・ヨンハ、ソン・ユナが、冷たい水の中に惜しみなく体を投げた。

去る1月24日、台湾の有名な天然湖である日月潭の渡し場で撮影が進行されたこの場面は、PD役を担ったパク・ヨンハ(イ・ギョンミン役)が、湖に落ち込んだドラマ作家役のソン・ユナ(ソ・ヨンウン役)を救い出す場面だった。

水泳を全く出来ないソン・ユナに、今回の場面は容易ではない撮影。 その上、激しい風邪と疲労で体状態まで良くなかった彼女だが、深くて冷たい水の中に 数回入って出てくることを繰り返しながら、渾身の演技をして、ステップたちの拍手を受けた。

またソン・ユナは、長い間水の中に入っていて 寒さに震えながらも、心配するスタッフたちに終始一貫明るい笑いで安心させる声をかけて、現地キャスティングされた子供たちと準備運動を一緒にするなど、彼女特有の愉快さを失わなくて、楽しく撮影に臨んだ。【OSEN 2008-01-28 09:06】

ソン・ユナは、「水泳を出来なくて、普段水をとても恐れて、撮影前緊張が多かった。 しかし、重要な場面であっただけに、最善を尽くすべきだとの考えに、恐れも追い落として演技できたようだ。 俳優たちのみならず、苦労したステップたちのためにでも、映像がちゃんと出たら良いだろう」と、撮影を終えた感想を伝えた。

一方、パク・ヨンハは、撮影前 こっそり緊張した姿を見せたのと違い、撮影が始まるやいなや、湖畔に飛び込む場面を一気に消化したし、ソン・ユナを救い出す場面も上手にリードしながら無事に撮影を終えた。 撮影後パク・ヨンハは、自身より むしろソン・ユナの状態を心配しながらタオルを渡すなど、細心な配慮もまた忘れなかったと。

製作会社ケイドリーム関係者は、「かなりの女優なら保身を図る方法をとるも、ソン・ユナは とても積極的に撮影に臨んで、最高の女優らしい姿を見せてくれたし、パク・ヨンハも100%、それ以上で今回の場面をよく消化した」として、「2人の俳優の保身を図らなかった熱演のおかげで、良い映像が出てくるようだ」として、苦労した俳優たちに感謝の気持ちを伝えた。

去る1月20日 約2週間の日程で台湾現地ロケ撮影に発った「オンエア」撮影チームは、台北、日月潭、花蓮など、あちこちの美しい風景をドラマの中の場面に入れて、2月5日帰国する予定だ。

e0114466_955454.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-28 09:56 | Comments(4)

[SCマガジン] スターのBeauty人脈 ―から、美容界Line

[SCマガジン] スターのBeauty人脈で、一斉に『美容界Line、ファッション界Line、韓国民族衣装界Line、アンドレ・キムLine、不適切な関係』の5編が出ましたが、ユナさんの名前がある『美容界Line』をアップします。

[スポーツ朝鮮 2008-01-27 09:12]

放送ギャグ界には「キュ(イ・ギョンギュ)ラインだ、ヨン(キム・ヨンマン)ラインだ」という言葉がある。 いわゆる“人気があるためには”成功したスターの後に列を作らなければならないという話だ。

 しかし、ラインは放送局にだけ存在するのではない。 ファッション ビューティー界にも、これら劣らない丈夫なラインが存在する。 トップデザイナーたちは、放送局のPDさえ 一度“謁見”するのが難しいイ・ヨンエ、コ・ソヨンなど、トップスターたちと緊密な縁を結んでいる。 シム・ウナが引退した後、記者たちが陣を敷いて待った場所も、まさにデザイナー チ・チュンヒのファッションショー会場だったほどで、彼らのラインは堅固だ。 ファッション ビューティー界に広く広まっている、デザイナーと芸能人たちのラインは、どんなものなどがあるのか調べる。

さっさと“すっぴん”を任せる“とても特別な美容室”

芸能人たちに、美容室は“特別な意味”を持つ。

 ヘアーメーキャップのコンサルティングは基本。 私生活が制限されたスターたちには、親交の場で情報交流の場だ。 周囲の視線に気を遣わないで気楽に休息を取ることができる空間として、美容室は芸能界人脈にあって 重要な軸を形成している。

 それなら、この頃 芸能人たちが好んで訪ねるソウル、狎鴎亭洞(アプクジョンドン)と清潭洞(チョンダムドン)の美容室はどこであろうか。

 代表走者では、チョン・センムル インスピレーションを挙げることができる。 透明メーキャップの大家で、“すっぴん風”を起こしてきたチョン・センムル院長は、イ・ミヨンなどと長い間の親密なよしみを自慢する。 ヨン様ペ・ヨンジュンが常連と言った時、日本のパパラッチたちが潜伏することもした。 この他に、ボア、チョン・ジヒョンなどがチョン・センムル院長に自身の顔を信じて任せた。 自然に肌のトーンを助ける中で、短所を洗練されるようにカバーする繊細なメーキャップが強力な点。 “過ぎない”純粋スタイルを好きな芸能人たちが好む。

 メイクアップ・アーチストのイ・ギョンミン院長が陣頭指揮するイ・ギョンミン フォーレは、堅いスター管理で10年余り近く名声を轟かしてきた。 偏平足【日本で言うところの、顔が広い人】らしく、親密なよしみが厚い芸能人が一人や二人でない。 また常連芸能人たちどうし集いを結成するほど、結束力が強い。 キム・ナムジュ、シン・エラ、オ・ヨンス、ユ・ホジョン、チェ・ジウなどが、この集いの会員たちだ。 イ院長は、これらスターたちと共に、数回有名ファッションマガジンに一緒に外出をしたり。 おかげで、これらスターたちが好きなファンたちの間でも、高い認知度を自慢する。

 また、他のヘアーメーキャップ界の主要人脈は、キム・チョンギョン院長が導くキム・チョンギョン ヘアーペースを挙げることができる。 ソン・ヘギョをはじめとして、チェ・シラなどが、こちらを好んで訪ねる。 特にソン・ヘギョとキム院長の親密なよしみは 自他共認で、芸能界でも認められるほど格別だ。

 一方、先んじた“先輩”たちの後に続いて、清潭洞(チョンダムドン)―狎鴎亭洞(アプクジョンドン)界の新しい流れを主導していく所も増えている。

 ヒョンテ院長と理事のミンサン、チョン・ジュンなど、最高のヘアーデザイナー3人衆が団結して作った ラビュティーコアが、この頃 業界ブルーチップ【優良株】で脚光を浴びている。 ダンディーガイ イ・ドンゴンが こちらの常連であり、歌手ビョルと共に言及されるに値する。

 ウ・ヒョンジュン院長が陣頭指揮するWピュリティは、コ・ソヨン、コ・ヒョンジョン、キム・アジュン、イム・スジョンなど、当代トップスターたちの外出で この頃ぐんぐんスポットライトを受けている。 主に、童顔の肌美人たちが きれいな肌を強調する純粋メーキャップの名所でこちらを選ぶ。

 また、パク・ジヨン院長のラ・ルーンも 華麗な名簿を自慢する。 イ・ソジン、キム・ジョンウン カップルと、カン・ソンヨン、ソル・ギョング、シン・ヒョンジュンが、そのリストに名前を載せたスターたちだ。

 以外に、ソン・ユナ、オム・ジウォン、キム・ヒョジンは、ミューゼで親密なよしみを積んだし、この頃 ドラマ“ニューハート”(MBC)で人気独り占めのキム・ミンジョンと国民の妹ムン・グニョン、パク・ゴニョンなどが愛用する エルトレスも、ヘアーメーキャップ界主要人脈で急浮上している。 

<「オンエア」のロケに使った美容室は どちらの美容室だったんでしょうね。>

e0114466_2027482.jpg
         <ミューゼヌフとのお仕事>

e0114466_2028567.jpg
         <ミューゼヌフ仲間とのお仕事>

e0114466_20291697.jpg
<この時は、ギョングさんもミューゼヌフのお世話になったのかしら?>
  
byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-27 20:32 | Comments(0)

本日、記事出ませんでした

なので、昔のドラマのユナさんを。

▼KBS龍の涙(1996~1998) [放送:総159部作 演出:キム・ジェヒョン ]に出演したユナさん。
e0114466_1927369.jpg

チョン氏(イ・スクボンの妻) ―ソン・ユナ
イ・バンウォンが大軍時代イ・バンウォンと格別の間だった夫イ・スクボンのように、ミン氏と懇意な間であった。 しかし後に、イ・バンウォンが太宗になった後、チョン氏の周旋でアン氏が太宗の寵愛を受けてソンビンになるや、ミン氏と間が遠ざかる。


▼以下は、スポーツ朝鮮から頂いてきました。
説明がないので、同一作品なのか、また何の作品か分かりませんが、以前kerochanさんが教えてくださった「地平線の向こう」(1997年)もあるのでしょうか?
e0114466_19312197.jpg

e0114466_19313640.jpg
e0114466_19315076.jpg
e0114466_19324100.jpg
e0114466_19321760.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2008-01-26 19:45 | Comments(3)