Yoona's NEWS

yoonaroom.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

2002年 映画『光復節特赦』 ⑤

e0114466_1974458.jpg
   <2002年11月、第7回釜山国際映画祭で>

▼キム・サンジン監督の<光復節特赦>ヒロインにソン・ユナ落下点
[2002.07.10 聯合ニュース]

2000年<不朽の名作>で映画にデビューしたブラウン管のスター ソン・ユナが、2年ぶりに再びスクリーン外出に出る。 最近MBCドラマ「贈り物」で 冷めない人気を誇示したソン・ユナは、チャ・スンウォン、ソル・ギョング主演の<光復節特赦>(製作/監督の家)に出演する。

去る6月19日クランクインした<光復節特赦>は、二人の脱獄囚が光復節特赦名簿に自身が含まれていることを確認して、再び刑務所に潜入するために努めるというあらすじのコメディー。 ソン・ユナは、他の男と目が合って、恋人ジェピル(ソル・ギョング)の脱獄決心をそそのかした女主人公ギョンスンで登場する。

<ガソリンスタンド襲撃事件>と<新羅の月夜>の名コンビ、キム・サンジン監督とパク・ジョンウ作家が呼吸を合わせた<光復節特赦>は、8月末まで撮影を終えて、来る秋に封切る予定だ。

e0114466_1981284.jpg
     <同じく釜山国際映画祭で>

▼ソン・ユナ、<光復節特赦>に一歩遅れて合流
[2002.07.18 CINE21]

脱獄の便り:浮ついた気持ちになった恋人取り戻すこと

ソル・ギョング、ソン・ユナ捉まえに脱獄を決心する? ソル・ギョング、チャ・スンウォンをキャスティングして盛んに撮影中の<光復節特赦>に、一歩遅れてソン・ユナが結集した。 <光復節特赦>は、多くの辛酸と苦難の末脱獄した二人の囚人が、光復節特赦名簿に自分たちが含まれた事実を知って、再び監獄に帰る過程で広がる どたばたハプニングを入れたコメディー映画。 窃盗容疑で7年目服役中の“ムソク”(チャ・スンウォン))と一緒に脱獄に同調する“ジェピル”(ソル・ギョング)の恋人、“ギョンスン”役のソン・ユナは、「ずっと笑いを起こす面白いシナリオに惚れて」出演を決心することになったと。

2年前お目見えした<不朽の名作>以後、<贈り物>などのドラマと共に ブラウン管にだけ留まったソン・ユナは、「熟慮の端に決めた映画であるだけに、全く新しい姿を見せる」として、新しい作品に対する意志を燃やしている。 それもそのはず、出世作の<ミスターキュー>を除いては、いつも慎ましくて端正な姿だけ見せた彼女に、“ギョンスン”という役割は、持って生まれた美貌と純粋な微笑で 監獄の中の恋人が心労焦燥する程、男を魅了する知恵がある とんでもない“パラムニョ”【浮気女】のため。 <新羅の月夜>のキム・サンジン監督が設立した、製作会社“監督の家”の創立作品になる<光復節特赦>は、8月末まで全ての撮影を終えて、来る秋 その優れた“ワルダム”【塀を越えること】実力を見せる予定だ。

e0114466_191639100.jpg
<第23回 青龍映画賞/助演女優賞授賞。 隣のギョングさんは、公共の敵で主演男優賞授賞。>

▼映画“光復節特赦”主人公ソン・ユナ インタビュー
[2002/08/05 韓国日報]

“欲を全部捨てたら演技がとてもおもしろいです”

女優飢謹の映画界に、トップスターソン・ユナ(29)が戻った。 2000年12月“不朽の名作”以後2年ぶりだ。 コミカル映画“光復節特赦”(監督の家、キム・サンジン監督)を通じてだ。 チョン・ドヨン、イ・ヨンエ、イ・ミヨン、チャン・ジニョンくらいを抜けば、韓国映画を導いていく“熟した”女優を探し難い現実で、彼女の復帰は非常に嬉しいことだ。

ソン・ユナは、復帰と同時に「“光復節特赦”を、三番目でない二番目の映画と言って下さい」と頼んだ。 “ソン・ユナが映画をしたのか”と思う人が多いだろう。 前作“不朽の名作”が、ソウルで10万人しか集められない興行失敗をしたわけだ。 ところが、それがデビュー作でもない。 彼女は、97年 コミカル映画“一八一八”でデビューした。 もちろん映画関係者らさえ記憶できない失敗作だった。

それで彼女は、“不朽の名作”までは 自身の作品リストに上げても“一八一八”、だけは忘れたがる。

TVでは常勝疾走する彼女だが、スクリーンだけに来れば 変に力が失せたわけだ。 それでもスクリーンを再び訪ねた理由は何だろうか。

この問いに、ソン・ユナは一拍おいて「本当に率直にまともな演技をしたかった」と真心を込めて言った。 彼女は「仕方ない雰囲気のために、去る1年4ヶ月の間 “ホテリアー” “私の愛 ツキノワグマ” “贈り物”などミニシリーズにだけ ずっと三編出演した。 演技者として有り得ないことだ。 我が国のTVミニシリーズ製作環境は、俳優を完全に消尽させる。 撮影直前に台本が出てくる風土では、俳優の暗記力をテストすること以外の意味を探すことは大変だ」として、「ある瞬間“こうじゃないのに”と思ったし、“作品”をしたいという欲求が強烈だった」と言った。

ソン・ユナはそのために演技以外の欲は働かせない。 ソル・ギョング、チャ・スンウォンがツートップを成し遂げる男性バーディーコミカル映画で助演を引き受けたのも、良い作品で楽しく演技したかったためだ。

キム・サンジン監督は、ソン・ユナのキャスティングで 女優の比重を増やす計画と言うが、ソン・ユナは「比重が増えるように願わない。 初めのシナリオのとおりしたら良い。 このままにも満足する」として笑った。

“光復節特赦”は、監獄脱出に成功した2名の囚人が 自分たちが光復節特赦対象という事実を知って再び監獄に入る内容。 ソン・ユナは ソル・ギョングの変心した恋人役だが、郊外の居酒屋の姉さん出身で やぼったいながらもセクシーなお嬢さんを演技する。 このために彼女は“沸き立つようなパーマ”と“けばけばしい衣装”を準備した。

ソン・ユナは「私がどれくらい気楽でいるかは 周辺の人々が皆知る。 撮影会場に行くことがとても楽しくて、精神的に余裕が生じて、とても良い。 おかげでこの頃冗談もよく言って、一層明るくなった」と、明るい笑みをほころばした。

▼ソン・ユナ、“光復節特赦”で分別がない浮気女・・・デビュー初めてのコメディ演技
[2002年11月15日 スポーツ朝鮮] <貼った画像は、この記事についていたものです。>

“ソン・ユナ、本当に笑わせて”
髪の毛縮れさせて田舎くさいファッション、2年ぶりの銀幕外出 清純なイメージ脱出
e0114466_18552211.jpg

“ピンクのリップスティック”【ユナさんの歌というイメージが強いですが、もともとカン・エリジャさんという女性歌手の1988年の歌です】という歌を歌う男さえ見れば「なんて良いの!」を連発して、簡単に惚れてしまう女。 映画“光復節特赦”【ジェイルブレーカー】(22日封切り)で、ギョンスンがまさしくそんな間抜けのようなキャラクターだ。

ギョンスンは監獄に行った恋人ジェピル(ソル・ギョング)をあきらめて新しい恋人と付き合って、ゴム靴を逆に履こう【女が浮気をすること】としたがジェピルを脱獄するようにさせる。 2人の男の間でどぎまぎする“分別がない浮気女”ギョンスン。 この配役を 全く似合いそうでないソン・ユナ(30)が消化した。

これまでTVで知的で清楚なイメージを育ててきたソン・ユナが、去る95年デビュー後初めてコメディ演技に挑戦して壊れた。 頭の毛を沸き立つように縮れさせて、70年代に流行したと思われる衣装を着けて演技した。 去る2000年“不朽の名作”以後2年ぶりのスクリーン外出。

「ギョンスンというキャラクターによく触れられなくて苦労しました。 キム・サンジン監督様から 何回かずつ説明を聞いて、撮影をした場合が多かったんですよ。」
e0114466_18555527.jpg

ソン・ユナは 去る6月から4ヶ月あまりの間この映画を撮った後、自身の性格が ギョンスンのようにワイルドになったような感じを受けたと言う。 それだけ演技に没入したという話。

演技のテクニックも違うように持っていった。 すなわち、コメディ演技であるだけに、去る作品たちとは違うように 頭をカラッポにして状況に合うように動物的な感覚で撮影に臨んだとのこと。

ソン・ユナは「ギョンスンの姿には 私の別の姿も溶け合っている」として、劇中のギョンスンが 自身とは全くかけ離れた人物でないという点も強調した。

ソン・ユナが“光復節特赦”に出演したのは、ソル・ギョングの積極的な推薦によってなされた。 ソル・ギョングが「ソン・ユナがギョンスン役を担ってこそ 構成が堅くなりえる」として、キム・サンジン監督にソン・ユナのキャスティングを提案したこと。

こういう背景のためであろうか。 ソン・ユナは「撮影期間の間、相手役のソル・ギョングさんが実の兄のように優しく演技も指導してくれて、人間的にももてなしてくれた」と話す。

これからTVぐらいに映画にも比重を置くという計画。 ソン・ユナは「どんな配役が与えられても よく消化することができる演技者になるために努力すること」という抱負を明らかにした。

(つづく)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-31 19:39 | Comments(0)

2002年 映画『光復節特赦』 ④

▽制作ノート ③
e0114466_19292227.jpg

希望に満ちた(?)社会復帰!
自由が待て。 私たちが行く!


稲妻が光って暴雨が降る夜。 二人の男が脱獄をする。 狭い通路を突き抜けて、いよいよ外に出てきた彼らは、泥沼の中で抱きしめて 空に向かってほえ叫ぶ。 瞬間、一方で こういう声が聞こえる “カット! もう一度!!”

完璧な脱出場面のために、2人の主人公 ソル・ギョングとチャ・スンウォンは、全身に泥を塗る苦労を甘受した。 簡単に乾く泥のために 泥沼を何度も転がって、散水機で 雨に降られる過程を数多く繰り返した。 弱り目にたたり目で、夜ごと押し寄せる蚊の群れは、俳優とステップたちを攻撃して、食べ飽きた。 ぬるい天気と蚊、反復される撮影で、心身が疲れた俳優たちは 最善を尽くして撮影に臨んだ。 そのような理由なのか、この場面は どんな場面よりも躍動感と迫力感があふれる。 しかし、自由のための脱出は、映画のように容易でない。 全体長さ7メートルに幅は1メートルにもならない狭い空間で繰り広げられる場面だから、一度に終わらない。 両水里(ヤンスリ)セット場から全州工高の脱出シーンまで、くぐって、転がって、ひっくり返って、押して、引いて、こうすることを数十回、全身がへたばる苦労の端にOKカットが落ちる。 キム・サンジン監督も、なにぶん重要な場面だから、心は楽ではないが 簡単に移れない。 このように大変に作り出した場面は、二人がトンネルの中に入る初めて場面から最後まで、妙な痛快感と共に笑い包みを放つ。

あるステップの冗談混ざった冗談一言「マッドパックだから良いでしょう?」 2人の俳優の泥まぜこぜの顔に 白い歯があらわれる。 難しい状況でも笑いを失わない2人の俳優の姿には、真にプロらしい根性が生きている。 これより もっとすばらしくて、ヘソ抜ける【爆笑する時に使われるみたい】脱獄場面があるか?


雨を呼んだパン店撮影事情
ワールドカップから開封直前まで 血の涙流しながら、6次試み成功!!


e0114466_1930276.jpgパン一つ盗み食いして刑務所入った男チャ・スンウォン。 [光復節特赦]で、チャ・スンウォンは、撮影中ずっと パンのために生苦生をしなければならなかった。

問題の場面は、ムソクが脱獄後 パン屋の前を通って感激に浸って、パンを買う場面。 撮影時間が明け方だから、夜中準備して、夜が明ける前に撮影を終えなければならない。 すべての準備が終わって、キム・サンジン監督がシュートを叫んだ。 一瞬 空は何のサインでも受けたように、太い雨脚をばらまき始めた。

1次パン店シーン撮影失敗!! この時だけでも 偶然だと考えた。 しかし、その時から 光復節特赦製作チームは、パン屋撮影の大長征に入った。 まさかと思った空は、妙に同じ時間 雨を降らせた。 4次の試み当時には、リハーサルまで終えた状態。 しかし、本撮影に入った後 チャ・スンウォンがパンを持った瞬間、空は揺れを打ちながら、稲妻とともに 暴雨を一度に注ぎ始めた。 この日以後、ソウルは5日間大雨が降って、撮影が遅れることもした。

撮影不!! 夏が過ぎて、釜山アジア競技大会が真っ最中の10月、全州からソウルに上京した[光復節特赦]撮影チームは、10月13日 再びテヘラン路に集まった。 雨が降るかも知れないという恐ろしい噂があったが、まさかと思いながら 撮影を準備した。 正確に6時30分頃、夜が明け始める頃、空は全て知っていたように 1時間ほど雨を降らせた。 5次の試み失敗!!

初めは偶然だと考えた監督と俳優、製作スタッフは、何か理由があることを感知して、6次の試みの時、現場に空に向かって告祀(コサ)を過ごした。 10月中旬、公開を控えて 多くの辛酸と苦難の末、初めて撮影に成功した。 撮影が終わるや、人々は 空を見ながら、このように話した。 どれくらい映画がうまく行くだろうと!


[光復節特赦]が 光復節に封切りできなかった胸痛い(?)事情 電撃公開!!

e0114466_19312597.jpgおまえ 開天節(建国記念日 10月23日)特赦か?

私 クリスマス特赦なの!!

おい、君たち何だ

私は光復節特赦だ!!


私たちは それほど信じました。

[光復節特赦]が、光復節に封切ることだと!

誰も疑わなかったです。

[光復節特赦]は、当然 光復節に封切らなければならないんです。

しかし、大変なことの前では 空も妬みをするのですか。

連日あふれる8月の雨で撮影は中断されて・・・・

台風に刑務所の屋根は飛んで行って・・・・

俳優とステップたちは疲れて倒れて・・・・

旧盆にも、

開天節にも、

映画は封切りできませんでした。

e0114466_19323349.jpgあ~ふ。

このままクリスマスを待たなければならないというのですか~

特赦の道は なぜこのようにも険しいのでしょうか?

しか、し私たちはあきらめなかったです。

いよいよ初雪が降りるという“小雪”(しょうせつ)に特赦の偉業を達成することになったから!!

期待しなさい!

いよいよ2002年11月21日、韓半島全体を揺るがす運勢大吉コミックアクション [光復節特赦]が皆さんを訪ねて行きます。

(『制作ノート』おわり。次回から関連記事です。)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-30 19:37 | Comments(0)

2002年 映画『光復節特赦』 ③

▽制作ノート ②

e0114466_19331830.jpg

これが、まさに[光復節特赦]の真実だ。
国内最初、最高規模の刑務所がそびえ立つ!!


映画[光復節特赦]美術チームのミッション! 刑務所を建てろ!

映画[光復節特赦]で、二人の男主人公ソル・ギョングとチャ・スンウォンの刑務所入城を成功させるために、美術チームに下された特命だ。 全体50%に該当する刑務所シーンを消化させるために、製作スタッフは 全州工業高等学校の敷地に 国内最初の刑務所セットを建てた。 学校に何の刑務所か、という住民たちの抗議から始めて、立ててみると宮殿のようだという称賛(?)まで。 セットは紆余曲折の末 完成された。

チョ・ソンウォン美術監督と美術チームは、撮影五ヶ月前から 昼夜を通して刑務所内部を含んだセット製作に入った。 準備期間を含んで7ヶ月間の工事を経て、去る8月24日まで。 製作スタッフは、全州工業高等学校6千坪あまりの敷地に、8億ウォンの製作費を投資して セットを完成する快挙を成し遂げた。 セットが完成された当時、キム・サンジン監督とステップたちが映画を全部撮ったように好んだ程に 完璧な刑務所の姿だった。

実際 西大門(ソデムン)刑務所の姿をそのまま再現した刑務所セットは、横30メートル、縦10メートルの巨大な刑務所建物2棟と、刑務所望楼、壁面で成り立った。 特に 壁面上の高圧線は、[ジュラシックパーク]の高圧線をモデルにしたのだ。 また、精巧な小物が写実的な刑務所の姿を見せてくれる。 60トンに達する土を敷いて完成した刑務所広場は、周囲の森と交わって もっともらしい雰囲気を醸し出す。

この他に、映画の中の事務室と廊下は 両水里(ヤンスリ)セットで撮ったし、正門は群山(クンサン)刑務所で撮った。 全国八道の刑務所を流浪した、[光復節特赦]の刑務所シーンの見どころは多様だ。 観客たちは、国内で初めて建てられた刑務所セットの珍しい風景を 映画[光復節特赦]を通じて確認することができる。

e0114466_1935485.jpg

自動車がワイヤーアクションを?!!
最高の瞬間のために国内最強のステップが団結した!


自動車が空を飛び始める?!!

多くの辛酸と苦難の末、刑務所壁面まで来たジェピルとムソク。 しかし、再び刑務所に入るのが手ごわい。 刑務所の壁正面突破すること、出てきた穴から再び入ることなど、色々な方法を試みるが 全て失敗。 それで、彼らが選択した方法は 空を飛ぶ自動車。

この ひやっとした場面は、国内では初めて試みられる場面で、自動車にもワイヤーアクションがあることを見せてくれる。 製作スタッフは、実感できるカットをつかみ出して、4メートルの塀を越すために、50メートルの大型クレーンで車の四方の隅にワイヤーを縛って 空に浮かび上がるようにした。 また、自動車が壁面まで猛烈に疾走する場面をリアルに演出するために、刑務所の壁面までジャンプ台を設置した。

これは、正確なタイミングと熟練した技術なしでは不可能な場面だ。 万一 仕損じたら、車が空中から落ちることもできるので、熟練したカースタントマンも非常に緊張したと。 この場面のために、俳優たちをはじめとする全製作スタッフは、息を殺して撮影に臨んだ。 結果は大満足だった。

e0114466_19352871.jpg

光復節バンド結成、音楽も話題!!
キム・サンジン監督 光復節バンド組織!


キム・サンジン監督が歌手でデビューした??

ソン・ムヒョン監督が、今回の映画[光復節特赦]で事故を起こした。 キム・サンジン監督を歌手でデビューさせると同時に、映画のための熱血ミュージシャンを緊急招集して、光復節バンドを組織したこと!

興行監督が参加したOSTは明らかにうまくいく、という私心から始まったとだが、ソン・ムヒョン監督によれば、[光復節特赦]を愛する人々が作った歌サークルと。 しかし、サークル水準で見るには、メンバーたちの構成がとても完璧だ。

我が国最高のハスキーボイス パク・サンミンがシンガーを、ソン・ムヒョンがギターを弾く。 また、[ガソリンスタンド襲撃事件]でも 歌実力に全ての人を驚かせたカン・ソンジンが アコースティックギターを、高級な雰囲気の声を持ったキム・ヒョンチョルがキーボード、作曲家兼歌手のオ・ソクチュンがベースを引き受けた。 ここに、光復節バンドの秘蔵の武器!! キム・サンジン監督が、光復節バンドの構成員でパーカッションを演奏する。

光復節コミックバンドと呼ばれる彼らメンバーは、OST録音当時、映画ぐらい目立つキム・サンジン監督の歌実力を歌手水準に引き上げるために、非常に多くの努力をしたという。

最高のミュージシャンたちで構成された光復節バンドは、奇抜なアイディアで人々を運勢大通【大いに運が開ける】するようにする覚悟を固めている。 何よりも、今回の映画から 歌まで歌うキム・サンジン監督の変身は、[光復節特赦]を見る観客たちに また一つの面白味と楽しみをプレゼントするだろう。 これから彼らの演奏は続く。 来年 光復節までまっすぐ!

e0114466_19355279.jpg

最高の映像を作る最高のテクニック!
DPシステム/スーパー35撮影/ARRICAM 電撃導入!!


立派な料理は、良い材料と道具、最高の料理人がいてこそ可能だ、ということをよく知るキム・サンジン監督。 そのために[光復節特赦]は、国内最高の撮影監督とシステムで作られた。

[光復節特赦]は チョン・グァンソク撮影監督の指揮の下、キム・ドンチョン撮影技師とパク・ミン照明技師を共に置いたDP(Director of Photography)システムを導入した。 このシステムは、撮影監督が、アングルだけでなく光と色を調和を重要視してみて、完璧な映像を作り出す合理的なシステムだ。

何より チームワークが重要なこのシステムは、長い間の現場経験を持ったチョン・グァンソク撮影監督がいるので輝いた。 ここに、アリカムとスーパー35ミリで映画を撮った。

光復節特赦の撮影装備のアリカムは、使用者の便利を極大化させて、すべての基本機能が電子式で調節されながら、本体で段取り編集できる機能をそろえたし、多くの種類のモジュールを装着できる革新的なカメラだ。 また、スーパー35ミリフィルムは、6千坪の敷地に建てた刑務所全景を、細密ながらも臨場感ある画面で見せる。

(③につづく)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-29 19:37 | Comments(2)

[小ネタ] これも一つの恒例行事?

やってきました、『結婚したい芸能人』。
本日と20日の2題アップします。

▼結婚したい芸能人1位 “パク・スホン、キム・テヒ” ―より抜粋
[世界ドットコム 2007.08.29]

未婚男女たちは、結婚したい芸能人に 各々コメディアンパク・スホンと俳優キム・テヒを挙げた。

最近、芸能人と合コンを周旋しているウェディアンが、スターマッチング番組を利用する使用者たちを対象に、最も会いたい芸能人を調査して発表した。

29日 結婚情報会社ウェディアン(代表ソン・スク)によれば、スターマッチングプ番組利用者1500人を対象に、去る一ヶ月間最も出会いが欲しい芸能人を調べた結果、男性の場合“キム・テヒ”を1位に選んで、女性の場合“パク・スホン”を1位に選んだ。

男女芸能人5人まで発表された今回の順位は、男性の場合、総回答者740人中312人の1位キム・テヒに続き、2位ユン・ウネ(254人)、3位チョン・ジヒョン(87人)、4位ソン・ユナ(66人)、5位(21人)ヒョンヨンを選択した。
女性の場合、回答者760人中285人が伝統的花婿候補1位パク・スホンさんを選んだ。 2位にはユ・ジェソク(274人)、3位チョン・ジュノ(101人)、4位コン・ユ(73人)、5位キム・ジェドン(27人)さんを、最も結婚したい花婿候補に選んだ。

▼結婚したい芸能人 理想は別にある? ―より抜粋
[デジタル忠清(チュンチョン) 2007/08/20]

一般的な理想と結婚理想は、かなり異なったことが明らかになって興味を引いている。

ケーブル放送tvNのE♯newsは、“スター理想の三角関数を探せ”で、一般的に考える理想と結婚相手として夢見る理想に対して調査した。 路上インタビューを通して調べてみた一般人たちの理想は、イム・スジョン、ウォンビン、キム・テヒ、チョ・インソン、チョン・ジョンミョン、チェヨンなど、容貌が優れた芸能人らが主をなした。

しかし、結婚情報業者ダックスクラブ(www.daksclub.com)のカップル マネジャーのペク・ジヨン氏は インタビューで、会員たちが好む理想芸能人を 各々チョン・イナ、ソン・ユナ、パク・スホン、キム・ヨンマンだと明らかにして、一般的な理想と多くの差を見せた。

容貌中心に選択することになる一般的な理想と違い、結婚相手は容貌よりは性格とイメージなど 見えない要素により大きい比重をおいて選択することが明らかになって、視聴者たちも相当部分共感しながら大いに関心を引いた。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-29 16:40 | Comments(0)

2002年 映画『光復節特赦』 ②

今回から『制作ノート』ですが、やたら長いと言うか、詳しいと言うか。3回に分けてアップします。 長いけど面白くて、映画を観たくなりますよ(笑)

▽制作ノート ①

e0114466_1952493.jpg

このように集まることも大変だ!
大韓民国最高のコミック特使団!! コミック代表監督、コミック代表作家、コミック代表俳優!


[光復節特赦]は、[ガソリンスタンド襲撃事件] [新羅の月夜]の名コンビ キム・サンジン監督とパク・ジョンウ作家が 再び団結したという事実だけでも、興行が保証された映画で出発した。

[ガソリンスタンド襲撃事件]で、キャラクターコメディー映画の場を開いたキム・サンジン監督は、[光復節特赦]で 自称三流コメディーの決定版だと呼ばれる韓国式コメディーを披露する。 前作の興行結果に対する負担を抱いて始めた彼は、慎重な呼吸、精魂を込めた撮影で 映画の完成度を高めた。

また、キム・サンジン監督と一体の呼吸を誇るパク・ジョンウ作家は、今回の映画で[ガソリンスタンド襲撃事件]の極端な状況が与える戸惑いと、[新羅の月夜]のストーリーテリングが抱かせる可愛らしさまで揃えた、キム・サンジンとパク・ジョンウ カップル標コメディー映画の完結版を見せる。

パク・ジョンウ作家は、今回の映画のために 映画撮影中ずっと現場に合うセリフとアイディアをたっぷり吐き出したし、何よりも 現在進行中の自身の監督デビュー作を先送りしながらも、共にする熱意を見せた。

また、刑務所に再び入るために孤軍奮闘する二人の男主人公には、国内最高の俳優ソル・ギョングとチャ・スンウォンが、女主人公ではソン・ユナが加勢して、映画の劇的面白味のための破格的な変身を見せる。

脚本と演出、俳優。 この三拍子の完璧な調和から誕生したコミックアクション[光復節特赦]は、間違いなく劇場街をひっくり返す 笑いの反乱を予告している。


高段者たちの出会い、この時代最高のキャスティング!!
韓国映画の二大山脈、ソル・ギョングとチャ・スンウォン頂上で会う!


e0114466_1951542.jpg

[公共の敵]の 不道徳な刑事チョルジュンに続き、[オアシス]のジョンドゥまで、縦横無尽にスクリーンを行き来して、演技派俳優で立場を固めた彼が選択したコメディー[光復節特赦]。 今回の作品で彼は、愛のために脱獄も厭わないチンピラ ジェピル役を担った。 やぼったいバムムデ【夜舞台】衣装で、カラオケでピンクのリップスティックを声張り裂けろと歌いまくる この姿が、まさに[光復節特赦]のジェピルだ。 作品のために壊れるのも拒まない、本物の俳優ソル・ギョング、やぼったくて無定見なジェピルに 完璧に変身した彼の姿を期待しても良いようだ!

[リベラメ]の狂気じみた放火犯から [新羅の月夜]の組織暴力先生、そして[ライターをつけろ]の無鉄砲ボスまで、ジャンルを問わず印象深い演技を披露したチャ・スンウォンが、[光復節特赦]でコメディー演技の絶頂を見せる。 言葉より行動が優先の劇中のムソクは、[ショーシャンク脱出]【ショーシャンクの空に】のティム・ロビンスのように 緻密な計画をたてて脱獄を夢見る明晰な人物ではない。 単に そのまま出てきたくて、時間を早める脱獄を試みる。

チャ・スンウォンは、無知で対策ない性格の所有者のムソクになって、それまで培ったコミック演技を [光復節特赦]を通じて全て公開する。 観客たちは、彼のコミック演技に拍手大笑いをして、賛辞を送るだろう。


三流だらけの世の中、
しかし 私はそっちが良い
キム・サンジン監督だけの痛快なコミック!!

e0114466_19555840.jpg

頑丈に運の良い(?)脱獄以後、再び刑務所に帰らなければならないジェピルとムソクの虚しい現実。 果たしてこの状況は、映画の面白味だけを大切にしたのだろうか?

キム・サンジン監督は三流に対する無限の愛情で、現実の矛盾をわずかに捻ってコミカルな状況を演出する。 そして、そんな愛情は 映画の中によく溶け込んで、社会の偏見を赤裸々に見せる。

観客たちは、こんなコミカルな状況が 現実と対面する瞬間、笑いの後に隠れている現実に対する深い洞察と辛らつな批判を覗くことができるようになる。

刑務所から出てみても何もできないというムソクの言葉のように、この無責任な現実と刑務所の中で広がる横暴。疎外された者たちに対する社会の偏見、論理的で理知的な人々が考える理想的な世の中が、実は真に滑稽だという矛盾を [光復節特赦]は見せている。

しかし、監督は、こういう現実の中でも いつも希望が生きていることを言う。

(②につづく)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-28 19:57 | Comments(0)

クロコダイルレディースHP 秋仕様に

いやぁ、シックです。  新しく撮ったCFはないみたいです。

『2007 FALL COLLECTION』 へ直行

▽ トップページ

e0114466_21334622.jpg

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-27 21:34 | Comments(3)

2002年 映画『光復節特赦』 ①

光復節特赦 (Jail Breaker、2002)

e0114466_19565362.jpg

封切り: 2002.11.21
監督:キム・サンジン
出演:ソル・ギョング(ユ・ジェピル) チャ・スンウォン(チェ・ムソク) ソン・ユナ(ハン・ギョンスン)
2002年 11月 21日 封切り
第7回釜山国際映画祭 招請作

▽キャッチコピー
運勢大吉コミックアクション―最高の笑いを作り出す最強特赦軍団!
人生はタイミングだ!
明日の特赦、一日をこらえられないで垣根を越した

▽あらすじ
光復節特赦で釈放されるために熱心に教導生活をする模範囚(?)ジェピル(ソル・ギョング扮す)。 少しだけこらえれば、愛する恋人ギョンスン(ソン・ユナ扮す)と結婚することができる。 しかし、ゴム靴は軍隊だけで逆に履く【ゴム靴を逆に履く⇒浮気すること。男が軍隊に行っている間に、女に浮気される事が多いらしい。】のではないといったことを知らなかったせいであろうか? ある日、面会に来た恋人から 結婚するという晴天の霹靂のような消息を聞く。 変心した恋人の気持ちを戻すために脱獄を決心する。

福もないだろう。・・・ パン一つ盗み食いして、身元が確実でないとの理由で監獄に直行。 悔しさに歯ぎしりしながら 続けて脱獄を試みたが、刑量だけ増えた古参囚人ムソク(チャ・スンウォン扮す)。何の気なしに鼻の穴をほじくっていたある日の午後、匙一つ発見してからは、脱獄ルートを作ることを6年。 ついに、トンネル破棄に成功! どこから転がり込んできてから分からないジェピルと一緒に脱獄する。

e0114466_205282.jpg

絶対 再び、ネバー、ネバー、こっちに来ないだろう!! 決心して、脱獄に成功した二人・・・ 朝早く出たほかほかな新聞を広げた瞬間、自分たちが光復節特赦名簿に収められているということを知るようになるけれど・・ 脱獄の喜びを感じる前に、再び監獄に帰らなければならない状況となる。

特赦で監獄を出たら門で見ろ、といったように堂々と出てくることができた彼らは、あまりにも早く垣根を越してしまったのだ。 再び刑務所に戻ろうとするムソクと、ギョンスンに会って 自分が光復節特赦であることを知らせようとするジェピルの間には、意見が交錯する。 しかし、一緒に戻ってこそ 無かった事にするという教導課長の言葉に、ムソクは しかたなく胸を打って、ジェピルと同行する。

愛に目の見えないジェピルと、その行動に目がひっくり返ったムソクは、ギョンスンに会って この嬉しい(?)便りを知らせるが、ギョンスン、何のお化け 全然信じられない忘れた声かと言うようにジェピルを見つめて、予定通りに今の恋人と結婚すると言う。 今日中に刑務所に帰らなければならない二人。 話を聞かないギョンスンを持ち上げて背負っては 刑務所へ向かうけれど。 果たしてジェピルとムソクは、脱出よりもっと難しい刑務所入城に成功できるだろうか?

= CAST =
e0114466_19585830.jpg

分別がないパラムニョ【浮気女】/ギョンスン ソン・ユナ
前職-女工で式場従業員で 波乱万丈な一生を生きてくる。
特技-ひと目でぞっこんになること
長所-純真で愛多い心.
理想-歌上手にして道理なくても暮らす人

ギョンスンの<今日の運勢>
大事なお客さんが訪問する日だ、過去のことを捨てて
新しいものを取って後悔するから 慎重を期してこそ・・
しばらく堪えたら容易に如意珠【仏教で自分の思いのままになる宝珠】を噛んで昇天する日であるから
腹が立っても堪えること!

カン・エリジャの“桃色リップスティック”を、とても粋に歌う男なら“ああ 好き” “ああ 好き”を連発しながら、一目で惚れてしまう 純粋な(?)女。 オオカミのような男たちの“ピンク愛論”を、愛唱曲一つで簡単に信じてしまう彼女は、2%不足した判断力のために、監獄にいる彼氏を脱獄するようにさせる 分別がないパラムニョだ.
二人の男の間で右往左往する浮気性が多い彼女だが、お金と能力にだけ愛の基準を判断する 私たちの社会では、彼女のモーレツな浮気性が さらに強烈な魅力を発散する。

Profile
セクシーで知的なイメージ、そして純粋ながらも清楚なイメージを同時にそろえた俳優を挙げろといったら、断然ソン・ユナと言う。
<不朽の名作>の清楚な女性“ヨギョン”から <光復節特赦>ではソル・ギョングの相手役の“ギョンスン”に変身して、コミック演技に挑戦する。 今回の映画で ソン・ユナは、愛を告白して監獄に行った恋人をあきらめて、ゴム靴を逆に履くセクシーで愛嬌多い女主人公だ。 浮気はしても可愛い女たちは 容赦できるのか(?)、彼氏“ジェピル”を、彼女の愛を取り戻すために監獄から脱獄するようにさせる。
二人の男の間で右往左往しながら 幸せな悩むことになる彼女が、どれくらい魅力的かは期待しても良いようだ。 <不朽の名作>以後、忠武路(チュンムロ)の相次いだラブコールの中から慎重に選択した作品であるだけに、がんばるという抱負がすごい。

― 1973年ソウル出生。 漢陽(ハニャン)大学校文化人類学科在学中。 【2001年2月に卒業してますよね。】

[映画]
2002年<光復節特赦>
2000年<不朽の名作>
1998年<チャン>
1997年<一八一八>

[受賞内訳]
1995年KBSスーパータレント金賞受賞
 
(制作ノートにつづく)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-27 20:06 | Comments(0)

[STAR★ミニドキュメンタリー] (6) ソン・ユナ、純粋―セクシー“イメージ八色鳥”

[スポーツ朝鮮 2007年08月27日(月)]

ブラウン管、スクリーン縦横無尽
純粋―セクシー“イメージ八色鳥“

e0114466_10482396.jpg
  1995/デビュー草創期   1998/”チャン”で綺麗な先生の姿
e0114466_10513858.jpg
  2001/ドラマ”ホテリアー”撮影  2001/”光復節特赦”撮影
e0114466_10533067.jpg
2002/”青龍映画賞”助演女優賞   2007/”アンドレ・キム”ファッションショー   

知的で、セクシーで、純粋なイメージを同時にそろえて、多様な演技スペクトラムの所有者と評価されている俳優ソン・ユナ。

 今年でデビュー13年目の彼女は、去る1995年KBSスーパータレント大会でジュリア賞を含み、金賞、フォトジェニック賞を共同受賞して、派手なデビュー申告式を行った。 そして、ドラマ“個性時代”(KBS・1995)で初めてのブラウン管外出に出て、97年 新人にもかかわらず映画“1818”に主演でキャスティングされて話題になった。

 以後今日、“八方美人”というタイトルを得るまで ブラウン管とスクリーンの領域を行き来した彼女は、人気作に大挙出演して“ソン・ユナ=興行保証小切手”というイメージを大衆に植え付けた。

 ドラマ“ミスターQ”(SBS・1999)で、キム・ミンジョン キム・ヒソンと共に出演して ファン・ジュリ役を担ったソン・ユナは、デビュー当時の純粋なイメージから抜け出して、悪役で登場して注目を浴びた。 この他にも“ワンチョ”(MBC・1999) “ホテリアー”(MBC・2001) “香港エクスプレス”(SBS・2005) “姉さん”(MBC・2006)等に出演して賛辞を受けた。

 スクリーンでは“不朽の名作”(2000) “光復節特赦”(2002) “フェィス”(2004) “アラン”(2006)等で活躍して、特に“光復節特赦”では、ソル・ギョング チャ・スンウォンと共に呼吸を合わせて甘草の役割を正確にやり遂げた。 おもしろいのは、ソン・ユナが“光復節特赦”で歌った“ピンクのリップスティック”が当時最高の人気を享受して、歌手として認められることさえした。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-27 10:58 | Comments(0)

2001年 MBC『ホテリアー』 ⑬

▼MBCガイド 2001年4月号

カバーストーリー ペ・ヨンジュン <後編>

e0114466_19301385.jpg
主人公に固執するよりは 色々な作品にたくさん出演して、演技力を積むという決心を固めたペ・ヨンジュンが、1年余ぶりに<ホテリアー>の シン・ドンヒョクで帰ってくる。 ハーバード大学出身で有名ホテルを引き受け合併した経歴があるM&Aの鬼才で、冷徹で恐ろしいほど利己的で合理的なシン・ドンヒョクを通して、彼だけの魅力を感じることができるだろう。


「勉強をしているから」という成均館(ソンギュングァン)大学校映像学部に在学中であることを話す。 夜中リポート書いて、1時間目の授業出て行って こっくりしたこともあると言うから、テレビに現れない間 勉強に邁進したようだ。「して欲しくなければしない」性格と言う。 履修単位が高いという噂が立ったという 有名な評論家兼教授が、A+を与えたと謙遜を省略した。 彼が一言で要約した 去る1年間の学校生活は 「幸せだったんですよ」。

ところが、私たちはこれからペ・ヨンジュンを 学校よりはテレビで 前例なしでしばしば会うようになるようだ。 今回出演する<ホテリアー>が 8番目のドラマであるから、デビュー8年目の彼としては、非常に寡作である計算だが、今 彼は態度を変えた。 「パク・チュンフン先輩、本当に尊敬します」という、冒頭で暗示した彼の言葉は、すなわちこうだ。

「先輩がこう言われますよ。
“ヨンジュン、9戦9勝9KOが良いのか、100戦54勝38敗8分け、これが良いのか? 9度戦った人は、1百回戦った人があげる1勝の貴重さを感じられない。 そして、それは勝率ではないだろう。” 
もう100戦51勝のために走ろうと思います。 100戦49勝になってはいけないと思います。」

こういう決心は、当然重要な変化を伴う。 主人公に固執するよりは 色々な作品にたくさん出演して、演技力を積むという考えがそれだ。 「私が出演したドラマ ボリュームを育ててみはじめたのが、いくらにもならなかったです。 間違ったことを分からなければならなくて、感じて直さなければならないから。 この頃の最も大きい宿題は、近い人々に見せる自然さをカメラの前でも見せるのです。」

それでもショー番組に出てきて“個人技”を披露しながら冗談を言うペ・ヨンジュンは、見るのは難しいようだ。 「率直にこういう考えも、少しは壊れたりしました。 ところが、人は軽くする時と重くする時があるもののようです。 今そのようにするのは 遅れたようで、昔にすれば良かったのに・・・」

演技に対する彼の考えは何回かにかけて変化を経た。 初めは「金を儲けるために」演技を志望したし、次は「誰かが私を見るという事実に責任感を感じて」がんばったとすれば、2~3年前からは「俳優になりたかった」と言う。 今は「演技が、決心したとおり、したいとおり出来てくれるのではないが、どうせ私が継続することで、それよりは 毎日毎日撮影会場に出て行くという事実自体が一番幸せなこと」と言う。 遠い将来のペ・ヨンジュン? 多分こういう対話を ヒントとすることができるようだ。「ある日 パク・グニョン先生が新聞をのぞいて見ていたが“変身が何か、変身が”と言って舌打ちされましたよ。 どんな表現が合うのか伺ってみましたよ。“再創造!”そう言われました。」

彼は考えが変わる理由を 「そのまま生きてみると・・・、 諸々の人々を体験して、私自身が良くない心で思い込んでもみて、悪い考えも持ってみて、あれこれしてみて、痛く感じたり悲しんだり怒ったりもしてみたら、角張ったものに削られながら、自分を守りながら・・・」と説明する。

「今はその中で良いことだけ選んでしたい」と言う。 どんな職業でも、一分野で長い間の経験を積めば、誰でも ある事情ぐらい悟るようだ。 スピノザが薦めたのも、個人の人生で このような形で喜びを組織しろというのではなかったのか。 その後で、私たちは対話途中「生きてみると」という話を冗談のように何度も使った。
e0114466_19344344.jpg

今回出演するドラマ<ホテリアー>を、ペ・ヨンジュンはこのように広報する。
「<ホテリアー>は、ホテルで仕事をする人々を示す用語です。 人物構図は、守ろうとする部類と奪おうとする部類に分かれるんですが、前者は当然に、ホテルを大事にして発展させようとするでしょう。 キム・スンウ先輩、ソン・ユナさんが引き受けて、それを買って奪おうとする後者は、ハン・ジニ先輩、ソン・ヘギョさん、そして私です。 あえて言えば、悪役グループに属する人物たちでしょう。 私はハーバード大学出身で、有名ホテルを引き受け合併した経歴があるが、キャラクターは完璧で 徹底して恐ろしいほど利己的で合理的でしょう。 利己心を合理化させることができると言おうか。」

夕食を共にしながら、私たちは“オバケ 種もみをつついて食う”【正確には分かりませんが、オバケも本当にいるかいないか分からないし、“種もみ⇒稲の種”には 全く信じられない言葉を言われた時に使うらしく、「とんでもなく有り得ない」って意味なんでしょうか?】種類の談笑をずっと交わした。 ふと“少年ペ・ヨンジュン”が、色々な人の愛を受けたという想像がついた。 幼い時期の彼は「分からないジレンマが見えたこと」と言った。「電信柱にたくさんぶつかりましたよ。 後には それが恐ろしくなるほど。 考えながら行くなら、パッ!と 飛んだサッカーボールが なぜそんなに私にしばしば来たのか。 生きるのが本当に苦しかったです。 あまりにも消極的であったし、顔もよく赤くなって。 後で結婚して、私が嘘をついている時 妻が背中をすっと触ってみればばれるでしょう。 汗が出ますね。 それのおかげで、嘘で演技したことはなさそうです。 私にとっては・・・」

春夜のその清涼感は、インタビューという制限された形式の中でだけでも 人の匂いをかいだということから始まったようだ。

e0114466_1931427.jpg

文/キム・ソヒ映画評論家  写真/イ・ウィリン フリーランスフォトグラファー  進行/ホン・ゴンピョ  コーディネート/ホン・ウンギョン

(おわり)

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-26 19:43 | Comments(3)

ソン・ユナ 稀重病ベトナム少年のソウルママなった

[NEWSEN  2007-08-26 ]

e0114466_9402961.jpg

俳優ソン・ユナが、ベトナム少年のソウルのママになった。

ソン・ユナは、25日放送されたKBS 2TV “演芸街中継”で、稀重病【稀で変わっている】を病んでいるベトナム少年コイと会った感想を明らかにした。

KBS 1TV “現場記録病院”で放送されたベトナム少年コイは、胎生期に 排泄感覚がなくて人工肛門と人工小便器を作らなければならない稀重病に罹った子供だ。 ベトナムで何回も手術をしたが成功できなくて、医療支援を受けるために韓国に入ってきている状態だ。

ソン・ユナは「手術を六回したが直せないで我が国にきた」として、コイの腕を撫でながら痛ましいと言った。

ソン・ユナはまた「あまりにも 助けを受けなければならない人は多くて、助けは限界がある」として、「天使サポーターズで活動中だが、リポーターとMCを迎え入れたい」として、多くの人が天使サポーターズに参加するように願った。

ソン・ユナは最後に「私たち一緒に多くの友達が健康を見つけられるように努力しよう」として、特にキム・ジェドン【例の彼ですネ。この番組の司会者です。】を指定した。

一方、ソン・ユナは 去る17日パク・サンウォンと共に“つらい隣人―希望の人々”を助ける 天使リレー運動の広報大使に委嘱されて、月刊“KBS現場記録病院”の天使サポータで活動中だ。

byどんぶらこ
[PR]
by yoonaroom | 2007-08-26 09:41 | Comments(0)